2010年〜2013年の記録は『神宮巡々』を、2014年〜2017年の記録は『神宮巡々2』をご覧ください。

早くも各社で見かけた二俣辻久留商店会による「寒中御見舞」札

2018年01月07日(日) 早くも各社で見かけた二俣辻久留商店会による「寒中御見舞」札 (徒歩)

山田産土八社ほか巡りにて山田産土八社を巡拝したところ各社に境内地にともに鎮座するお稲荷さんで新しい「寒中御見舞」札を見つけた。その札に記入されていた稲荷講の名称は「二俣辻久留商店会」で日付は平成30年1月6日だった。

つまり、前日に寒参りが実施されていた。稲荷講と言えば宇治青年団による稲荷講を思いだす。そろそろその時期が近づいている。

【参考】

 

ここでは二俣辻久留商店会の「寒中御見舞」札を見つけた順に並べてみた。

まずは坂社にて坂之森稲荷社にお参りすると

坂之森稲荷社、坂社(伊勢市八日市場町)

坂之森稲荷社、坂社(伊勢市八日市場町)

 

坂之森稲荷社、坂社(伊勢市八日市場町)

坂之森稲荷社、坂社(伊勢市八日市場町)

 

本殿脇に置かれた貼り紙所に

「寒中御見舞」札、坂之森稲荷社(伊勢市八日市場町)

「寒中御見舞」札、坂之森稲荷社(伊勢市八日市場町)

 

こちらの新しい「寒中御見舞」札を見つけた。一枚だけが新しかったので日付を確認したところそれは昨日だった。

「寒中御見舞」札、坂之森稲荷社(伊勢市八日市場町)

「寒中御見舞」札、坂之森稲荷社(伊勢市八日市場町)

 

場所を変えて、こちらは今社の清川稲荷大明神。鳥居をくぐり抜け

清川稲荷大明神、今社(伊勢市宮町)

清川稲荷大明神、今社(伊勢市宮町)

 

拝殿へ進むとこんな所に「寒中御見舞」札が貼られていた。

清川稲荷大明神、今社(伊勢市宮町)

清川稲荷大明神、今社(伊勢市宮町)

 

右側の柱。

「寒中御見舞」札、清川稲荷大明神(伊勢市宮町)

「寒中御見舞」札、清川稲荷大明神(伊勢市宮町)

 

続いては須原大社の須原稲荷神社にて。

須原稲荷神社、須原大社(伊勢市一之木)

須原稲荷神社、須原大社(伊勢市一之木)

 

こちらでは扉の手前の柱、

「寒中御見舞」札、須原稲荷神社(伊勢市一之木)

「寒中御見舞」札、須原稲荷神社(伊勢市一之木)

 

こんなところだ。

「寒中御見舞」札、須原稲荷神社(伊勢市一之木)

「寒中御見舞」札、須原稲荷神社(伊勢市一之木)

 

そして今回見つけた最後の場所は、世木神社の三吉稲荷神社。

三吉稲荷神社、世木神社(伊勢市吹上)

三吉稲荷神社、世木神社(伊勢市吹上)

 

拝殿の手前右側の柱に

三吉稲荷神社、世木神社(伊勢市吹上)

三吉稲荷神社、世木神社(伊勢市吹上)

 

このように貼られていた。

「寒中御見舞」札、三吉稲荷神社(伊勢市吹上)

「寒中御見舞」札、三吉稲荷神社(伊勢市吹上)

 

いつか伊勢市内のお稲荷さんを巡り尽くそうと思っているがなかなか実現できていない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*