2010年〜2013年の記録は『神宮巡々』を、2014年〜2017年の記録は『神宮巡々2』をご覧ください。

大きな変化があった河原神社(豊受大神宮 摂社)

2018年04月05日(木) 大きな変化があった河原神社(豊受大神宮 摂社) (徒歩)

自宅の近所に鎮座する河原神社(豊受大神宮 摂社)、毛理神社(同末社)を同座。最近は毎週のようにお参りしているのだが、今朝は何だかお参りしなくてはと何かに背中を押された。

20分もあれば往復できるので出勤前に散歩がてらお参りすることにした。

河原神社(豊受大神宮 摂社)

河原神社(豊受大神宮 摂社)

 

いつものように

河原神社(豊受大神宮 摂社)

河原神社(豊受大神宮 摂社)

 

参道へと足を踏み入れると目の前に見慣れない緑色を見つけた。

工事用パイロン等が置かれていた河原神社(豊受大神宮 摂社)

工事用パイロン等が置かれていた河原神社(豊受大神宮 摂社)

 

近づくとそれは工事用のパイロンだった。「何のために?」

工事用パイロン等が置かれていた河原神社(豊受大神宮 摂社)

工事用パイロン等が置かれていた河原神社(豊受大神宮 摂社)

 

左へと直角に折れた参道の先には

河原神社(豊受大神宮 摂社)、毛理神社(同末社)を同座

河原神社(豊受大神宮 摂社)、毛理神社(同末社)を同座

 

祓所の脇に砂利が山と積まれていた。

山と積み上げられた砂利、河原神社(豊受大神宮 摂社)

山と積み上げられた砂利、河原神社(豊受大神宮 摂社)

 

さらに新御敷地に置かれた石の先には

河原神社(豊受大神宮 摂社)、毛理神社(同末社)を同座

河原神社(豊受大神宮 摂社)、毛理神社(同末社)を同座

 

黄色と青色が目立っていた。

小型重機が置かれていた河原神社(豊受大神宮 摂社)

小型重機が置かれていた河原神社(豊受大神宮 摂社)

 

それらは今までこの社域では目にしたことがないモノだった。右側にはネコと

小型重機が置かれていた河原神社(豊受大神宮 摂社)

小型重機が置かれていた河原神社(豊受大神宮 摂社)

 

その隣には、小型バックホー貳號が置かれていた。

小型重機が置かれていた河原神社(豊受大神宮 摂社)

小型重機が置かれていた河原神社(豊受大神宮 摂社)

 

これだけ整地されているので、おそらく簡易トイレを設置するスペースだろう。

小型重機が置かれていた河原神社(豊受大神宮 摂社)

小型重機が置かれていた河原神社(豊受大神宮 摂社)

つまり、河原神社でも修繕が開始されるのだろう。

河原神社(豊受大神宮 摂社)、毛理神社(同末社)を同座

河原神社(豊受大神宮 摂社)、毛理神社(同末社)を同座

 

この傷みは痛々しいほどだから

傷みが激しい河原神社(豊受大神宮 摂社)、毛理神社(同末社)を同座

傷みが激しい河原神社(豊受大神宮 摂社)、毛理神社(同末社)を同座

 

対応が優先されたのだろう。

傷みが激しい河原神社(豊受大神宮 摂社)、毛理神社(同末社)を同座

傷みが激しい河原神社(豊受大神宮 摂社)、毛理神社(同末社)を同座

 

しばらくは足繁く通うことになるだろう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*