2010年〜2013年の記録は『神宮巡々』を、2014年〜2017年の記録は『神宮巡々2』をご覧ください。

2回目の探索でたどり着けた山宮神事(山宮祭)の遺蹟(度会郡玉城町積良)

2018年04月08日(日) 2回目の探索でたどり着けた山宮神事(山宮祭)の遺蹟(度会郡玉城町積良) (車、徒歩)

昨日は荒木田二門の祖霊が宿る聖所と拝(おが)み所を探すために度会郡玉城町積良にある2つの池(泉貢池、大内谷池)の周辺を探しまわった。しかしながら見つけることはできずに帰宅。その後で玉城町史上巻を確認すると次の通り記されていた。

中央丘陵西麓を登り泉貢池の高い堤を渡って山麓を南に向かうと、「拝(おが)み所」と呼ぶ古跡があり、池畔を30メートルほどたどると右山腹に石段があって石積みの上に扁平な巨石が置かれている。荒木田二門の祖霊が宿るとされてきた聖所である。・・・

 

この記述によれば、昨日に泉貢池の堤の周囲に設置された金網に行く手を阻まれた先に目的の場所があることがわかった。

このことを知ったからには再訪せねばならぬ。

 

朝食をとり終えると車を走らせていた。昨日は積良集会所であったが、本日は幸神社を起点として巡ることにした。

 

幸神社に車を駐めさせていただき、こちらの参道を歩いて出ると

幸神社(度会郡玉城町積良)

幸神社(度会郡玉城町積良)

 

まずは積良集会所を目指した。この道を真っ直ぐに進めば家並みが途切れた辺りに

幸神社付近から積良集会所へ(度会郡玉城町積良)

幸神社付近から積良集会所へ(度会郡玉城町積良)

 

集会所がある。ここでは昨日、弁天堂や鬼瓦等を見学した。

積良集会所(度会郡玉城町積良)

積良集会所(度会郡玉城町積良)

 

なお、集会所の入口には庚申堂があり、その裏側にはため池の堤へと登るために設置されていたコンクリートブロックが置かれていた。こらは残りか、それとも別の場所に設置するためののものだろうか?

この道を道なりに進めばひとつのルートである伊勢自動車道の 勢和多気36トンネルにたどり着く。

積良集会所付近に積まれていた階段用のブロック(度会郡玉城町積良)

積良集会所付近に積まれていた階段用のブロック(度会郡玉城町積良)

 

しかし、先日より御造替が開始された津布良神社(皇大神宮 末社)のことが気になったので少し遠回りしてお参りすることにした。

津布良神社(皇大神宮 末社)

津布良神社(皇大神宮 末社)

 

津布良神社でのお参りを終えると津布良神社の入口付近にあるこちらの階段を登った。こちらの階段も先ほど庚申堂の裏で見かけたコンクリートブロックが利用されている。

津布良神社(皇大神宮 末社)付近

津布良神社(皇大神宮 末社)付近

 

階段を登るとその先にはこんな風景が広がっている。坂道を下ると

津布良神社(皇大神宮 末社)付近から伊勢自動車道 勢和多気36トンネルへ

津布良神社(皇大神宮 末社)付近から伊勢自動車道 勢和多気36トンネルへ

 

積良集会所からの道路と合流するので、合流してからは道なりに進む。すると、鳥獣被害防止のためにフェンスの扉で入口が閉ざされた勢和多気36交差(以降、トンネルと称する)の前にたどり着く。

伊勢自動車道 勢和多気36トンネル

伊勢自動車道 勢和多気36トンネル

 

本日は急いでここを通過し写真を撮り忘れたので、昨日の写真を貼っておいた。ここでも鎖で扉がロックされている。その鎖を外せば自由に入ることはできるが、この扉には鉄パイプが左右の扉に掛かるように水平に掛けられていた。鉄の棒と鎖、二種類に対応する必要があったため面倒だ。側溝の細い縁を歩けばフェンスの左側から容易に回り込めるため、今回はその方法を採用した。(何も問題なく通過!)

これは昨日の写真

伊勢自動車道 勢和多気36トンネル

伊勢自動車道 勢和多気36トンネル

 

トンネルをぐぐり抜ければ

伊勢自動車道 勢和多気36トンネル

伊勢自動車道 勢和多気36トンネル

 

その先は道なりに進む。(昨日はこの先を真っ直ぐ進んで、別の谷筋も歩いてみた。)

伊勢自動車道 勢和多気36トンネルから泉貢池へ(度会郡玉城町積良)

伊勢自動車道 勢和多気36トンネルから泉貢池へ(度会郡玉城町積良)

 

トンネルの番号を確認すると

伊勢自動車道 勢和多気36トンネル

伊勢自動車道 勢和多気36トンネル

 

舗装された道に従った。

伊勢自動車道 勢和多気36トンネルから泉貢池へ(度会郡玉城町積良)

伊勢自動車道 勢和多気36トンネルから泉貢池へ(度会郡玉城町積良)

 

ここで左の土道との分岐となっている。(昨日は左のルートを辿り、泉貢池の東側をかなり奥まで歩いた。)舗装された道を真っ直ぐ進むと

泉貢池へ、分岐で右(度会郡玉城町積良)

泉貢池へ、分岐で右(度会郡玉城町積良)

 

昨日は堤へ登ることを諦めた場所にたどり着いた。さぁ、今日はここからが勝負だ。

泉貢池の堤(度会郡玉城町積良)

泉貢池の堤(度会郡玉城町積良)

 

ここではガードパイプを利用して金網を越えると

泉貢池の堤上へ(度会郡玉城町積良)

泉貢池の堤上へ(度会郡玉城町積良)

 

階段を進んだ。ガードパイプで囲われた中に大きな桝があり、そこへと通じるパイプの奥からは犬の鳴き声のような音が聞こえていた。(あれは何だったのだろう?)

泉貢池の堤上へ(度会郡玉城町積良)

泉貢池の堤上へ(度会郡玉城町積良)

 

階段を登りきればその先は泉貢池が広がっている。

堤より望む泉貢池(度会郡玉城町積良)

堤より望む泉貢池(度会郡玉城町積良)

 

早速、先の説明に従い、堤を西方向へ進んだ。

泉貢池の堤を西へ(度会郡玉城町積良)

泉貢池の堤を西へ(度会郡玉城町積良)

 

振り返ってパチリ。結局のところこの堤の左右にはこのように金網が張られ、堤に下にも設置されていた。短い脚で何とかこの金網を越えると振り返って撮っていたのだった。(このように周囲に金網が張られているのは立ち入りを制限するためだろうからこのルートは適当ではないかもしれない。)

西側から振り返った泉貢池の堤(度会郡玉城町積良)

西側から振り返った泉貢池の堤(度会郡玉城町積良)

 

堤の西側からは予想通り池の畔に沿って南方向へと小道が続いていた。

泉貢池の堤の西側から南方向へ(度会郡玉城町積良)

泉貢池の堤の西側から南方向へ(度会郡玉城町積良)

 

水面を左に見ながら先へ進むと

泉貢池の堤の西側から南方向へ(度会郡玉城町積良)

泉貢池の堤の西側から南方向へ(度会郡玉城町積良)

 

前方が変化してきた。

泉貢池の堤の西側から南方向へ(度会郡玉城町積良)

泉貢池の堤の西側から南方向へ(度会郡玉城町積良)

 

開けた場所にたどり着いた。右の方には林道が走っていた。(帰りはこの林道を右方向へと下ったのだった。)

泉貢池の堤の西側から南方向へ(度会郡玉城町積良)

泉貢池の堤の西側から南方向へ(度会郡玉城町積良)

 

ここからもさらにため池の畔に沿って歩いた。

泉貢池の堤の西側から南方向へ(度会郡玉城町積良)

泉貢池の堤の西側から南方向へ(度会郡玉城町積良)

 

すると突然、木々に隠されるようにして鳥居の一部が目に入った。(ついに見つけた! 私は心の中で叫んでいた。)

拝(おが)み所(度会郡玉城町積良)

拝(おが)み所(度会郡玉城町積良)

 

ここは拝(おが)み所だった。

拝(おが)み所(度会郡玉城町積良)

拝(おが)み所(度会郡玉城町積良)

 

鳥居にはしめ縄が掛けられていた。一部の紙垂は落ちてしまっていたが、しめ縄自体はまだ新しそうだった。

拝(おが)み所(度会郡玉城町積良)

拝(おが)み所(度会郡玉城町積良)

 

さらに急な斜面を進むとその先には二本の木の幹にしめ縄が張られていた。

拝(おが)み所(度会郡玉城町積良)

拝(おが)み所(度会郡玉城町積良)

 

その奥もかなりの傾斜となっている。

拝(おが)み所付近(度会郡玉城町積良)

拝(おが)み所付近(度会郡玉城町積良)

 

拝(おが)み所を後にするとさらに奥へと進んだ。

拝(おが)み所〜荒木田二門の聖所(度会郡玉城町積良)

拝(おが)み所〜荒木田二門の聖所(度会郡玉城町積良)

 

数十m歩くと右手方向に白い鳥居が見えてくる。

拝(おが)み所〜荒木田二門の聖所(度会郡玉城町積良)

拝(おが)み所〜荒木田二門の聖所(度会郡玉城町積良)

 

ここでは例のコンクリートブロックで階段が作られていた。

荒木田二門の聖所(度会郡玉城町積良)

荒木田二門の聖所(度会郡玉城町積良)

 

階段を踏みしめるように進むと

荒木田二門の聖所(度会郡玉城町積良)

荒木田二門の聖所(度会郡玉城町積良)

 

鳥居の先には

荒木田二門の聖所(度会郡玉城町積良)

荒木田二門の聖所(度会郡玉城町積良)

 

石で囲われた中に立つ二本の木にしめ縄が張られていた。ついに荒木田二門の聖所を見つけることができた。

荒木田二門の聖所(度会郡玉城町積良)

荒木田二門の聖所(度会郡玉城町積良)

 

しかしながら、あまり知識を蓄えずに探すことを優先してしまったため、消化不良の部分がある。今後は柳田国男の「山宮考」を読み、その根拠となる史料も読んでみよう。そんなことを考えながら泉貢池の畔を戻っていると

泉貢池の西側の畔(度会郡玉城町積良)

泉貢池の西側の畔(度会郡玉城町積良)

 

先ほどの分岐まで戻ってきた。そこからは林道へ出るとこの切通しの左記にある伊勢自動車道 勢和多気35トンネルへ向かった。

泉貢池の西側の畔〜伊勢自動車道 勢和多気35トンネル(度会郡玉城町積良

泉貢池の西側の畔〜伊勢自動車道 勢和多気35トンネル(度会郡玉城町積良)

 

こちらも36トンネルの入口と同様に鎖と鉄パイプで施錠されていた。外せないこともないが面倒そうなので、左端の金網が低い部分から脱出した。トンネルと抜けると

伊勢自動車道 勢和多気35トンネル(度会郡玉城町積良)

伊勢自動車道 勢和多気35トンネル(度会郡玉城町積良)

 

あとは道なりに・・・

伊勢自動車道 勢和多気35トンネル〜幸神池(度会郡玉城町積良)

伊勢自動車道 勢和多気35トンネル〜幸神池(度会郡玉城町積良)

 

こちらの分岐で右を選べば勢和多気36トンネルへたどり着くが、今回は左方向へ進んだ。

伊勢自動車道 勢和多気35トンネル〜幸神池(度会郡玉城町積良)

伊勢自動車道 勢和多気35トンネル〜幸神池(度会郡玉城町積良)

 

その先には幸神池は広がっている。道路は池の畔を左へ巻くように走っている。私は近道のためにこの橋を渡った。

幸神池(度会郡玉城町積良)

幸神池(度会郡玉城町積良)

 

林の中を抜けながらのパチリ。

幸神池(度会郡玉城町積良)

幸神池(度会郡玉城町積良)

 

近道を終えると幸神池を振り返った。

幸神池(度会郡玉城町積良)

幸神池(度会郡玉城町積良)

 

曇り空のなかこの子だけが一際目立っていた。

幸神池付近(度会郡玉城町積良)

幸神池付近(度会郡玉城町積良)

 

幸神池を後にすると道路の向かいに見える幸神社へ急いだ。本日のスタート地点でありかつゴールでもある。道路沿いに見える踏み跡を登ると

幸神社の社叢(度会郡玉城町積良)

幸神社の社叢(度会郡玉城町積良)

 

境内の隅から・・・

幸神社(度会郡玉城町積良)

幸神社(度会郡玉城町積良)

 

お参りを終えてから石階をくだるが

幸神社(度会郡玉城町積良)

幸神社(度会郡玉城町積良)

 

その前に振り返ってのパチリ。

幸神社(度会郡玉城町積良)

幸神社(度会郡玉城町積良)

 

目神、幸神社(度会郡玉城町積良)

目神、幸神社(度会郡玉城町積良)

 

1時間半ほどでの山宮神事(山宮祭)遺蹟探索は無事終了した。

幸神社(度会郡玉城町積良)

幸神社(度会郡玉城町積良)

 

今回の探索で、山宮神事(山宮祭)の遺蹟である拝み所と荒木田二門の祖霊が宿る聖所へ向かうルートは二種類(勢和多気35トンネル経由または勢和多気36トンネル経由)があることがわかった。扉や金網などの障害の数を比べると勢和多気35トンネル経由のルートが平易だろう。

積良周辺地図(広報たまき No.349より抜粋)

積良周辺地図(広報たまき No.349より抜粋)

 

しかも幸神社を起点に幸神池から南下するのみだからわかりやすい。

 

【参考】 昨日の徒労

 

Comments

  1. こちらの記事で詳細なレポートされていたんですね。失礼しました。ぜひ次の機会に訪れたいと思います。ありがとうございます。

    1. 湖衣さん、こんばんは
      たどり着いてみれば迷うほどの場所ではありませんでした。獣害対策用のフェンス等が障害となりますがそれほど問題はなくたどり着けると思います。
      今でも祭典が執り行われているようですので、いつ誰がどのように斎行しているのか調査しなくてはと思っています。もし、先にお分かりになればご教授願います。では、また、

      1. コメントありがとうございます。
        私は、2年ほど前に玉城インターそばの道の駅さんにコンタクトを取って、現地まで案内してもらえるところまでやりとりして話が止まったままになっていました。もしかすると道の駅やその中に観光協会があったと思うのですが、そちらで情報が得られるかも知れません。私の方でもいずれ現地を調べてみて何かあればシェアいたしますね。よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*