2010年〜2013年の記録は『神宮巡々』を、2014年〜2017年の記録は『神宮巡々2』をご覧ください。

小型重機が姿を消し、古殿地の中心に置かれていた石が移動された河原神社(豊受大神宮 摂社)

2018年04月10日(火) 小型重機が姿を消し、古殿地の中心に置かれていた石が移動された河原神社(豊受大神宮 摂社) (徒歩)

本日は早朝参拝のために河原神社(豊受大神宮 摂社)を訪れた。

河原神社(豊受大神宮 摂社)

河原神社(豊受大神宮 摂社)

 

打ち水された参道を進むと清々しい。

河原神社(豊受大神宮 摂社)

河原神社(豊受大神宮 摂社)

 

見慣れた風景のはずだが、先日とは変化があった。

河原神社(豊受大神宮 摂社)、毛理神社(同末社)を同座

河原神社(豊受大神宮 摂社)、毛理神社(同末社)を同座

 

祓所の近くに山と盛られていた砂利は均され、その姿を消していた。

山と盛られた砂利が均されていた河原神社(豊受大神宮 摂社)

山と盛られた砂利が均されていた河原神社(豊受大神宮 摂社)

 

さらに古殿地の奥に置かれていた小型重機が姿を消し

小型重機が姿を消した河原神社(豊受大神宮 摂社)

小型重機が姿を消した河原神社(豊受大神宮 摂社)

 

周辺が掃き清められていた。

小型重機が姿を消した河原神社(豊受大神宮 摂社)

小型重機が姿を消した河原神社(豊受大神宮 摂社)

 

また、何気なく古殿地を眺めたところ思わず声を上げそうになった。それはこの中心に据えられていた石が姿を消していたからだった。

古殿地の中心に置かれていた石が消えた河原神社(豊受大神宮 摂社)

古殿地の中心に置かれていた石が消えた河原神社(豊受大神宮 摂社)

 

どうしたのだろう? 誰かが持って行ってしまった?

古殿地の中心に置かれていた石が消えた河原神社(豊受大神宮 摂社)

古殿地の中心に置かれていた石が消えた河原神社(豊受大神宮 摂社)

 

古殿地の石が消えてしまったことで、お気に入りの『丸い石』が姿を消したこんな事件(?)を思い出していた。

【参考】

 

しかし、こちらの石は消えたのではなかった。

お参りを終えてから私の目に入ったのは・・・

河原神社(豊受大神宮 摂社)、毛理神社(同末社)を同座

河原神社(豊受大神宮 摂社)、毛理神社(同末社)を同座

 

「あっ、あんな所に!」

古殿地の中心に置かれていた石が移動された河原神社(豊受大神宮 摂社)

古殿地の中心に置かれていた石が移動された河原神社(豊受大神宮 摂社)

 

この石は退避されたのだろう。つまり、そろそろ仮殿の設置が始められるのだろう。

古殿地の中心に置かれていた石が移動された河原神社(豊受大神宮 摂社)

古殿地の中心に置かれていた石が移動された河原神社(豊受大神宮 摂社)

 

次回は大きな変化になりそうだ。

 

【参考】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*