お伊勢さん125社まいり(滝原めぐり)

2018年09月22日(土) お伊勢さん125社まいり(滝原めぐり) (車、徒歩)

知人から誘いを受け、久しぶりに熊野古道伊勢路を歩くことになった。

瀧原宮駐車場(道の駅 木つつ木館前)に午前8時集合だったので、早めに自宅を出ると集合前に多岐原神社、瀧原宮を巡った。

まずは多岐原神社へ向かうため、こちらの道標付近で邪魔にならない場所に車を駐めると「多岐原神社へ」の案内に従った。

<多岐原神社へ・三瀬坂峠へ>の道標

<多岐原神社へ・三瀬坂峠へ>の道標

 

変わらぬ風景の先には

<多岐原神社へ・三瀬坂峠へ>の道標付近

<多岐原神社へ・三瀬坂峠へ>の道標付近

 

多岐原神社への分岐があるが

多岐原神社・三瀬の渡し跡への分岐

多岐原神社・三瀬の渡し跡への分岐

 

ここには変化があった。いつのことだろう新しい案内板が設置されていた。

新しく設置されていた「多岐原神社・三瀬の渡し跡」の案内板

新しく設置されていた「多岐原神社・三瀬の渡し跡」の案内板

 

前回、訪れたのは昨年の12月だったからすでに10ヶ月余りが過ぎていた。その時には木製の案内板しかなかったので、この間に新設されたのだった。

 

【参考】

 

坂道を道なりに下るとこの場所にたどり着く。こちらが多岐原神社(皇大神宮 摂社)。

多岐原神社(皇大神宮 摂社)

多岐原神社(皇大神宮 摂社)

 

社名を記す立札はかなり前からこの状態であるが、御遷座はまだ先だと聞いた薄い記憶(2020年?)がある。

多岐原神社(皇大神宮 摂社)

多岐原神社(皇大神宮 摂社)

 

お参りの際に盛り塩に気づいたが、古殿地の前にもお供えされていた。昨夜の雨に崩されていないのは早朝に供えられたのだろうか?

多岐原神社(皇大神宮 摂社)

多岐原神社(皇大神宮 摂社)

 

多岐原神社を訪れて、あちらを訪れなければ片参りみたいなものだ。あちらの場所とは先程の新設案内板にも記されていた「三瀬の渡し跡」である。多岐原神社を背にして左方向、この小道を先の先へ進むと

多岐原神社(皇大神宮 摂社)から三瀬の渡し跡へ

多岐原神社(皇大神宮 摂社)から三瀬の渡し跡へ

 

台風の影響だろう。荒れた中を先へ・・・。

多岐原神社(皇大神宮 摂社)から三瀬の渡し跡へ

多岐原神社(皇大神宮 摂社)から三瀬の渡し跡へ

 

視界が開けた先には宮川が流れている。右方向には滝の姿をあるが、

三瀬の渡し跡(宮川)付近

三瀬の渡し跡(宮川)付近

 

三瀬の渡し跡は左方向にある。

三瀬の渡し跡(宮川)

三瀬の渡し跡(宮川)

 

【参考】

 

三瀬の渡し跡および多岐原神社を跡にすると先程の案内板(道標)付近へ戻ってきた。

多岐原神社・三瀬の渡し跡への分岐

多岐原神社・三瀬の渡し跡への分岐

 

多岐原神社を後にすると瀧原宮へと車で移動した。

 

集合時間まで20分弱しかなかったため、

瀧原宮(皇大神宮 別宮)

瀧原宮(皇大神宮 別宮)

 

瀧原宮には急ぎ足でお参り。

瀧原宮(皇大神宮 別宮)

瀧原宮(皇大神宮 別宮)

 

結局は遙拝で済さざるを得ない状況だったが

瀧原宮(皇大神宮 別宮)

瀧原宮(皇大神宮 別宮)

 

帰り際に、台風被害の跡を確認していた。参道の大樹は内部が空だったのだろうか?

台風被害の跡、瀧原宮(皇大神宮 別宮)

台風被害の跡、瀧原宮(皇大神宮 別宮)

 

これはどのように・・・?

台風被害の跡、瀧原宮(皇大神宮 別宮)

台風被害の跡、瀧原宮(皇大神宮 別宮)

 

この後、熊野古道歩きに参加した。しかし、歩き終えて瀧原宮駐車場へ戻ったのが16時過ぎだったため、改めてゆったりとお参りすることにした。

瀧原宮(皇大神宮 別宮)

瀧原宮(皇大神宮 別宮)

 

瀧原宮(皇大神宮 別宮)

瀧原宮(皇大神宮 別宮)

 

夕暮れの光を浴びる参道を進み

瀧原宮(皇大神宮 別宮)

瀧原宮(皇大神宮 別宮)

 

火除橋を渡り、右手へ下るとその先には

瀧原宮(皇大神宮 別宮)

瀧原宮(皇大神宮 別宮)

 

頓登川の流れを利用した御手洗場がある。ひとり女性が頓登川と夕日をスマホで熱心に撮影していたので、手水を受けると急いで階段を登った。振り返ってのパチリ。

瀧原宮(皇大神宮 別宮)

瀧原宮(皇大神宮 別宮)

 

内宮を思わせるような参道を進むと

瀧原宮(皇大神宮 別宮)

瀧原宮(皇大神宮 別宮)

 

まずは私は好きな場所でのパチリを終えると

瀧原宮(皇大神宮 別宮)

瀧原宮(皇大神宮 別宮)

 

案内板に示された順にて参拝した。瀧原宮、

瀧原宮(皇大神宮 別宮)

瀧原宮(皇大神宮 別宮)

 

瀧原竝宮、

瀧原竝宮(皇大神宮 別宮)

瀧原竝宮(皇大神宮 別宮)

 

さらには特別な石階を進むと

若宮神社(瀧原宮 所管社)への参道

若宮神社(瀧原宮 所管社)への参道

 

若宮神社、

若宮神社(瀧原宮 所管社)

若宮神社(瀧原宮 所管社)

 

若宮神社の石階を戻る途中で瀧原宮を眺めると

瀧原宮(皇大神宮 別宮)

瀧原宮(皇大神宮 別宮)

 

石階の下に鎮座する長由介神社(川島神社を同座)にてお参りを終えた。

長由介神社(瀧原宮 所管社)、川島神社(同)を同座

長由介神社(瀧原宮 所管社)、川島神社(同)を同座

 

この辺りから古殿地となり

瀧原宮(皇大神宮 別宮)

瀧原宮(皇大神宮 別宮)

 

瀧原竝宮および瀧原宮の古殿地を眺めると御遷宮を思いだす。

瀧原竝宮および瀧原宮の古殿地

瀧原竝宮および瀧原宮の古殿地

 

【参考】

 

瀧原宮を後にすると

瀧原宮(皇大神宮 別宮)

瀧原宮(皇大神宮 別宮)

 

帰途についた。

瀧原宮駐車場の鳥居

瀧原宮駐車場の鳥居

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です