「伊勢市立郷土資料館」再開の意向は喜ばしくもあり不安でもあり・・・

2018年01月17日(水) 「伊勢市立郷土資料館」再開の意向は喜ばしくもあり不安でもあり・・・

平成23年(2011)3月31日に閉館した伊勢市立郷土資料館、今その場所は更地となり花見シーズンにのみ、オヤネザクラ観覧のために年に数日だけ一般公開されている。

旧伊勢市立郷土資料館(2010年07月04日当時)

旧伊勢市立郷土資料館(2010年07月04日当時)

 

平成23年(2011)3月31日に閉館した伊勢市立郷土資料館

平成23年(2011)3月31日に閉館した伊勢市立郷土資料館

 

オヤネザクラの一般公開(国史跡旧豊宮崎文庫)2017年04月01日時点

オヤネザクラの一般公開(国史跡旧豊宮崎文庫)2017年04月01日時点

 

伊勢市立郷土資料館は閉館してからすでに7年、伊勢市立郷土資料館の再興を何度期したことだろう。

 

【参考】 伊勢市立郷土資料館に関する記録

 

本日付けの伊勢新聞によると、昨日(16日)の市議会教育民生委員協議会にて「閉館した市立郷土資料館を現いせ市民活動センターの場所にて再開する。」意向が報告され、さらには「15年後に新設予定である複合施設「伊勢文化センター」(仮称)に同館を入れる。」とのこと。

【参考】

 

閉館から今まで約7年もの間、行政から音沙汰の無かった「郷土資料館」の名前が示され、さらに再開の意向とは感慨深いものがある。

ただし、なぜに突然にそのような話が持ち上がったのか? 志のある再開なのか、何かに(誰かに)揺さぶられての再開なのか? 再開は喜ばしいことだが、その真意と方向性が明らかになるまでは甚だ不安でもある。

「郷土資料館」として再興するのであれば、いままでお蔵入り状態となっている収蔵品のデジタルアーカイブ化も並行して実施していただきたいものだ。

また、将来的には資料館として相応しい施設になるのだろうが、新聞記事にある「15年後に新設予定である複合施設「伊勢文化センター」(仮称)に同館を入れる。」という表現が非常に気になった。

複合施設「伊勢文化センター」の添え物にとどまらないように注視したい。

 

まずは、未定となっている再開日が明らかになる日が待ち遠しい!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*