稲荷参り【キタヰ講】は続く(二見町編)

2021年02月11日(祝・木) 稲荷参り【キタヰ講】は続く(二見町編) (車、徒歩)

稲荷参り「キタヰ講」は続く(一色町・神社港・大湊町編)に続き、本日は二見町に点在するお稲荷さんを巡ることにした。その途中には、2021年に御遷座されると予想している神宮の摂社(堅田神社と神前神社)の様子も確認することに。

 

私が把握している二見町のお稲荷さんは次の5社(姫宮稲荷神社、東山稲荷大明神、高松稲荷、太江寺の伏見稲荷社、朝日稲荷大明神)である。

【参考】 伊勢のお稲荷さん | 神宮巡々3

 

【姫宮稲荷神社(二見神社)(伊勢市二見町溝口)】

行きだけは【キタヰの妻】のこちらまで車で送ってもらうとその後は徒歩で巡り、自宅まで戻った。

姫宮稲荷神社(二見神社)付近で車を降りるとこちらの幟旗が風に翻っていた。紀元節での祭典?

「奉納 正一位姫宮稲荷大明神」の幟旗(伊勢市二見町溝口にて)

「奉納 正一位姫宮稲荷大明神」の幟旗(伊勢市二見町溝口にて)

 

と想像しながら参道の入口へ近づくとこちらには「二見神社」の幟旗。

二見神社の参道入口(伊勢市二見町溝口)

二見神社の参道入口(伊勢市二見町溝口)

 

参道を進むと腰を折り曲げたおばあちゃんが杖を使いながら慎重に歩を進めていた。

姫宮稲荷神社(二見神社)(伊勢市二見町溝口)

姫宮稲荷神社(二見神社)(伊勢市二見町溝口)

 

拝殿では、10時からの祭典に向けて準備が進められていた。

姫宮稲荷神社(二見神社)(伊勢市二見町溝口)

姫宮稲荷神社(二見神社)(伊勢市二見町溝口)

 

春の大祭だ。

春の大祭の掲示、姫宮稲荷神社(二見神社)

春の大祭の掲示、姫宮稲荷神社(二見神社)

 

お参りを終えると参拝者が集まる前、早々に姫宮稲荷神社を出ると三津にある東山稲荷大明神を目指した。

その途中で、周囲をチラチラ。

 

【神宮御園】

まずは、神宮御園の様子を・・

神宮御園(伊勢市二見町溝口)

神宮御園(伊勢市二見町溝口)

 

こちらのY字路は右側へ進むと

伊勢市二見町溝口

伊勢市二見町溝口

 

溝口から山田原へ入った。

伊勢市二見町山田原

伊勢市二見町山田原

 

前方にお城を眺めながら進むと

伊勢市二見町山田原

伊勢市二見町山田原

 

山田原公民館の掲示板に姫宮さんの「疫病退散祈願」を見つけた。

山田原公民館(伊勢市二見町山田原)

山田原公民館(伊勢市二見町山田原)

 

ウロウロしながら森ノ下踏切を過ぎると(振り返ってのパチリ) この辺りは初めて歩く場所?

JR参宮線 森ノ下踏切(伊勢市二見町三津)

JR参宮線 森ノ下踏切(伊勢市二見町三津)

 

さらにウロウロしていると見慣れた場所にたどり着いた。

三津コミュニティセンター(伊勢市二見町三津)

三津コミュニティセンター(伊勢市二見町三津)

 

ここは、硯石を探して通り過ぎた場所だ。

【参考】

 

その時にも歩いた道を稲生神社に向かって進むと

伊勢市二見町三津

伊勢市二見町三津

 

以前にも見かけた箒が今も配置されていた。

伊勢市二見町三津

伊勢市二見町三津

 

【稲生神社(伊勢市二見町三津)】

稲生神社にたどり着くと

稲生神社(伊勢市二見町三津)

稲生神社(伊勢市二見町三津)

 

まずは拝殿にてお参り。

 

【東山稲荷大明神(伊勢市二見町三津)】

その後は拝殿の手前脇にあるこちらの階段を進んだ。階段の先は踊り場から左へと数段が続き

東山稲荷大明神(伊勢市二見町三津)

東山稲荷大明神(伊勢市二見町三津)

 

その先には石壇の上に祠がまつられている。塗装されたのだろうか?前回訪れた時よりも輝きを感じた。

東山稲荷大明神(伊勢市二見町三津)

東山稲荷大明神(伊勢市二見町三津)

 

東山稲荷大明神(伊勢市二見町三津)

東山稲荷大明神(伊勢市二見町三津)

 

東山稲荷大明神の階段を下り稲生神社の鳥居群をくぐり返すとその先を右方向へ進んだ。

稲生神社からJR参宮線 二見浦駅方向へ(伊勢市二見町三津)

稲生神社からJR参宮線 二見浦駅方向へ(伊勢市二見町三津)

 

まずは、突き当りを右方向へ進み、この場所で二見浦駅を裏手から眺めた。ここからは駅へ入れない。

JR参宮線 二見浦駅(こちらからは駅へ入れない)

JR参宮線 二見浦駅(こちらからは駅へ入れない)

 

前回に訪れた時には線路を左手に見ながら進んだが、今日は二見浦駅の正面へ出るために反対方向へ。

JR参宮線 二見浦駅(こちらからは駅へ入れない)

JR参宮線 二見浦駅(こちらからは駅へ入れない)

 

こちらの塀を左手に見ながら進むと

伊勢市二見町三津

伊勢市二見町三津

 

鳥羽第二踏切付近から駅舎を遠望。さきほどは目と鼻の先にあった駅舎が遠い。こんなに大回りしないと行けないなんて。こちらに住んでいる人は大変だ。

JR参宮線 鳥羽第二踏切付近から望む二見浦駅方向

JR参宮線 鳥羽第二踏切付近から望む二見浦駅方向

 

【JR参宮線 二見浦駅】

遠回りを終えるとやっと二見浦駅へ到着する。

JR参宮線 二見浦駅

JR参宮線 二見浦駅

 

二見町では3月7日まで「おひなさまめぐりin二見」が開催されているため、駅舎内にもお雛様が飾られていた。

JR参宮線 二見浦駅に飾られたおひなさま

JR参宮線 二見浦駅に飾られたおひなさま

 

次に向かうのは堅田神社。今回は裏(表?)の入口から社叢へ入るため、駐輪場の先から国道42号 茶屋交差点へ出ると横断歩道を渡ると右方向へ。

国道42号 茶屋交差点付近

国道42号 茶屋交差点付近

 

二見テラスの脇道を道なりに進むと

 

【堅田神社(皇大神宮 摂社)】

途中からこちらの小道へ。目の前が堅田神社の社叢である。

堅田神社(皇大神宮 摂社)の社叢

堅田神社(皇大神宮 摂社)の社叢

 

小道を最奥へ進むと社叢に穴が空いていて出入口となっている。二見浦駅とは異なり遠回りしなくても大丈夫。

堅田神社(皇大神宮 摂社)

堅田神社(皇大神宮 摂社)

 

お参りを終えると

堅田神社(皇大神宮 摂社)

堅田神社(皇大神宮 摂社)

 

参道を進んで国道42号側へ出た。

 

堅田神社を背にして右方向にはこちらの交差点。ここで右へ入ると左方向へ道なりに地道を進む。

国道42号 堅田神社付近

国道42号 堅田神社付近

 

【高松稲荷(伊勢市二見町茶屋)】

数十mもなくこちらにたどり着く。鳥居の先が

高松稲荷(伊勢市二見町茶屋)

高松稲荷(伊勢市二見町茶屋)

 

高松稲荷で、この近くが音無山への登り口となっている。

高松稲荷(伊勢市二見町茶屋)

高松稲荷(伊勢市二見町茶屋)

 

お参り。この後は音無山越えで太江寺へむかうためここから音無山へ進んでもよかったのだが、いつもそのパターンとなっているので、

高松稲荷(伊勢市二見町茶屋)

高松稲荷(伊勢市二見町茶屋)

 

今日は音無駐車場付近から登ることにした。

途中で国道沿いにある田所酒販のショーウィンドウをチラリ、二見ケ浦を確認。

田所酒販のショーウィンドウ(伊勢市二見町茶屋)

田所酒販のショーウィンドウ(伊勢市二見町茶屋)

 

【参考】

 

【音無山】

こちらから音無山へ登るのは久しぶり。思い出すのが難しいほどだ。

音無山への登り口(伊勢市二見町茶屋)

音無山への登り口(伊勢市二見町茶屋)

 

坂道を上ると吊橋付近からパチリ。

音無山公園の吊橋付近から望む二見浦の町並み

音無山公園の吊橋付近から望む二見浦の町並み

 

吊橋を渡れば、音無山へ・・・

音無山公園の吊橋

音無山公園の吊橋

 

音無山[頂上まで345m]の道標

音無山[頂上まで345m]の道標

音無山までの歩道

音無山までの歩道

 

少しずつ高度が上がる。最後に訪れようと思っている御塩殿神社方向を遠望した。

音無山の山腹からの御塩殿神社遠望

音無山の山腹からの御塩殿神社遠望

 

ほどなく頂上へ到着すると

音無山園地の説明板(音無山々頂)

音無山園地の説明板(音無山々頂)

 

音無山の音成神社にお参り。

音成神社と音無山東峰の山頂標

音成神社と音無山東峰の山頂標

 

東屋には多数の人が集まり話が盛り上がっている様子だったので、その場を避けるように

音無山からの眺望

音無山からの眺望

 

早々に太江寺への山道を下った。

音無山から太江寺(伊勢市二見町江)への山道

音無山から太江寺(伊勢市二見町江)への山道

 

音無山から太江寺(伊勢市二見町江)への山道にて

音無山から太江寺(伊勢市二見町江)への山道にて

 

【太江寺(伊勢市二見町江)】

どぼなくたどり着くのがこちら。最初に目に入るのは小祠(これがお稲荷さん)である。

伏見稲荷社、太江寺(伊勢市二見町江)

伏見稲荷社、太江寺(伊勢市二見町江)

 

さらに坂道をくだると、こちらは先日、三重テレビのええじゃないか ふれあい旅でも紹介されていた元興玉社。

元興玉社、太江寺(伊勢市二見町江)

元興玉社、太江寺(伊勢市二見町江)

 

私にとっては神仏習合的な遷座祭の様子が思い出される。

【参考】

 

【伏見稲荷社、太江寺(伊勢市二見町江)】

太江寺(伊勢市二見町江)

太江寺(伊勢市二見町江)

 

こちらの開祖とされる行基像の奥には朱鳥居が立ち

行基菩薩像と伏見稲荷社、太江寺(伊勢市二見町江)

行基菩薩像と伏見稲荷社、太江寺(伊勢市二見町江)

 

その奥にはさきほど背面から眺めた伏見稲荷社がまつ られている。

伏見稲荷社、太江寺(伊勢市二見町江)

伏見稲荷社、太江寺(伊勢市二見町江)

 

太江寺の本堂でもお参りを終えると

太江寺(伊勢市二見町江)

太江寺(伊勢市二見町江)

 

正面の参道を下って太江寺を後にした。ここからは神前神社(皇大神宮 摂社)へ向かうため、参道を背にすると左方向へ。

太江寺(伊勢市二見町江)

太江寺(伊勢市二見町江)

 

 

【猿田彦石(伊勢市二見町江)】

民家が立ち並ぶなか場違いなほどに大きな石が置かれている。こちらは猿田彦石と呼ばれているそうだ。

猿田彦石(伊勢市二見町江)

猿田彦石(伊勢市二見町江)

 

猿田彦石を過ぎると右へ。(曲がってから振り返ってのパチリ)

猿田彦石付近(伊勢市二見町江)

猿田彦石付近(伊勢市二見町江)

 

道なりに進んで日の出橋で五十鈴川派川を渡るとその先はまっすぐに進めばよい。

国道42号 日の出橋東交差点付近

国道42号 日の出橋東交差点付近

 

国道を横断すると黙々と直進。

神前神社(皇大神宮 摂社)へと続く道(伊勢市二見町松下)

神前神社(皇大神宮 摂社)へと続く道(伊勢市二見町松下)

 

【神前神社(皇大神宮 摂社)】

こちらがその突き当り。砂地にはタイヤ痕が多数。右側の細い山道へと進む。

神前神社(皇大神宮 摂社)へと続く道(伊勢市二見町松下)

神前神社(皇大神宮 摂社)へと続く道(伊勢市二見町松下)

 

道なりに進むと多数の石階となる。

神前神社(皇大神宮 摂社)の石階

神前神社(皇大神宮 摂社)の石階

 

石階を登りきれば

神前神社(皇大神宮 摂社)

神前神社(皇大神宮 摂社)

 

神前神社(皇大神宮 摂社)。許母利神社・荒前神社(ともに同末社)が同座されている。

神前神社(皇大神宮 摂社)

神前神社(皇大神宮 摂社)

 

神前神社(皇大神宮 摂社)にて

神前神社(皇大神宮 摂社)にて

 

神前神社を後にし、神前海岸へ出るとこんな光景に出会った。風が強く大変そう。しかし、風がないと意味がないか。

神前海岸にて(伊勢市二見町松下)

神前海岸にて(伊勢市二見町松下)

 

さきほど日の出橋で渡った五十鈴川派川を江川橋で渡り返すと

五十鈴川派川に架かる江川橋

五十鈴川派川に架かる江川橋

 

こちらへ。左側は国道42号の二見隧道、右側は二見興玉神社 東側の参道へと続く。ここでは中央の道、緑色のフェンスに沿って進む。

二見興玉神社 東側の参道入口付近

二見興玉神社 東側の参道入口付近

 

すると電柱には[興玉幹1]の電柱番号。ここが興玉さんへの幹1。つまり、電話連絡の起点だ。

電柱番号板[興玉幹1]

電柱番号板[興玉幹1]

 

この電柱を過ぎると旧二見隧道へ進む。こちら側は二見町江だが

旧二見隧道(伊勢市二見町江)

旧二見隧道(伊勢市二見町江)

 

トンネルを通り抜けるとこちら側は二見町茶屋となる。トンネルの途中どこかに境界線があるのだ。

旧二見隧道(伊勢市二見町茶屋)

旧二見隧道(伊勢市二見町茶屋)

 

この先、しばらく国道42号の歩道を進むと これはトレーラーハウス? もったいない。

国道42号沿い、伊勢市二見町茶屋にて

国道42号沿い、伊勢市二見町茶屋にて

 

先に通った音無山登り口を過ぎ、こちらで国道を離れると

音無山駐車場付近(伊勢市二見町茶屋)

音無山駐車場付近(伊勢市二見町茶屋)

 

夫婦岩表参道を進む。

夫婦岩表参道(伊勢市二見町茶屋)

夫婦岩表参道(伊勢市二見町茶屋)

 

旅館街の端までたどり着くと

朝日稲荷大明神付近(伊勢市二見町茶屋)

朝日稲荷大明神付近(伊勢市二見町茶屋)

 

【朝日稲荷大明神(伊勢市二見町茶屋)】

こちらが本日最後のお稲荷さん。朝日稲荷大明神である。

朝日稲荷大明神(伊勢市二見町茶屋)

朝日稲荷大明神(伊勢市二見町茶屋)

 

朝日稲荷大明神(伊勢市二見町茶屋)

朝日稲荷大明神(伊勢市二見町茶屋)

 

朝日稲荷大明神(伊勢市二見町茶屋)

朝日稲荷大明神(伊勢市二見町茶屋)

 

朝日稲荷大明神(伊勢市二見町茶屋)

朝日稲荷大明神(伊勢市二見町茶屋)

 

以上で本日の予定は終了。

伊勢市二見町茶屋にて

伊勢市二見町茶屋にて

 

後は自宅まで帰るのみ。

 

【御塩殿神社】

途中で、御塩殿神社へ立ち寄ると

御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

 

旅の最後に素晴らしい誕生日プレゼントをいただいた。その詳細については今後、明らかになることだろう。

御塩殿神社(皇大神宮 所管社)、御塩殿

御塩殿神社(皇大神宮 所管社)、御塩殿

 

花房志摩守供養碑参道入口を過ぎると

花房志摩守供養碑参道入口(伊勢市二見町西)

花房志摩守供養碑参道入口(伊勢市二見町西)

 

こちらの社叢を通り抜け

伊勢市二見町西

伊勢市二見町西

 

お参り。こちらの社号はいまだ明らかではない。

伊勢市二見町西

伊勢市二見町西

 

さらに次の社叢。

伊勢市二見町西

伊勢市二見町西

 

こちらは、GoogleMapに「稲荷神社」と記されている場所だが、二見町史によると「志茂社」ではないかと思われる。(しかし決め手がないので、私の中では確定できていない)

伊勢市二見町西

伊勢市二見町西

 

ここからは御塩浜を目指して最短ルートを進む。

伊勢市二見町西

伊勢市二見町西

 

伊勢市二見町西

伊勢市二見町西

 

【御塩浜】

御塩浜を眺めながら

御塩浜(伊勢市二見町西)

御塩浜(伊勢市二見町西)

 

五十鈴川の右岸へ出ると汐合大橋を渡った。

汐合大橋(五十鈴川)の東詰

汐合大橋(五十鈴川)の東詰

 

今でも通町と一色町の境界となっている中堤を遠望後、その堤を歩いて

国道42号から中堤の遠望

国道42号から中堤の遠望

 

栄通神社にたどり着いた。

 

【栄通神社(伊勢市通町)】

栄通神社では万歳弓祭の祭典が開始されていたが

万歳弓祭、栄通神社(伊勢市通町)

万歳弓祭、栄通神社(伊勢市通町)

 

本日は今社の御頭神事の撮影担当を辞退した身なので他の神事に立ち会うことはできず、お参りを終えると早々に帰途へ。

 

帰宅後には遅い昼食として、最近はまっている辛ラーメンを食した。

 

【参考】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です