和歌山別街道ウォーク最終回(多気郡多気町朝柄〜松阪市飯南町粥見)

2020年08月29日(土) 和歌山別街道ウォーク最終回(多気郡多気町朝柄〜松阪市飯南町粥見) (車、徒歩)

粥見神社(松阪市飯南町粥見)前で和歌山街道から分かれる和歌山別街道は、国道368号に沿って桜峠を越えると多気郡多気町朝柄、古江、丹生を経由し最終的には野中へ至る。

先日、偶然にも古江で和歌山別街道を歩き、細切れながらも完歩できることを確認できたので今回はその最終回。温故橋(朝柄川)から朝柄川および国道368号とつかず離れずの関係を保ちながら桜峠を越えると、そこは多気町朝柄から松阪市飯南町粥見になる。しばらく国道368号を下ると櫛田川を桜橋で渡る。その後は国道から離れると古を垣間見ながら本日のゴールであり、和歌山別街道歩きのゴールである粥見神社へ。

 

【今まで歩いた記録】

野中〜丹生

街道歩き、和歌山別街道(多気郡多気町丹生〜同 野中)ほか 2019年10月20日

丹生〜古江

和歌山別街道ウォーク(多気郡多気町丹生〜古江) 2020年08月23日

古江〜朝柄(温故橋)

立梅用水立ち入り禁止のおかげで歩けた和歌山別街道 2020年08月14日

朝柄(温故橋)〜粥見神社

今回のウォーク。

 

多気郡多気町朝柄にある多気町勢和振興事務所の駐車場を出発すると

多気町勢和振興事務所

多気町勢和振興事務所

 

先日に偶然にも歩いたこの場所へ向かった。ここは朝柄川に架かる温故橋の南詰。

和歌山別街道の案内板、温故橋(朝柄川)付近

和歌山別街道の案内板、温故橋(朝柄川)付近

 

近くには古い親柱が並べられている。

温故橋(朝柄川)の旧親柱

温故橋(朝柄川)の旧親柱

 

ここからは朝柄川の右岸をさかのぼると川は左側へ移動しつかず離れずを繰り返す。

温故橋(朝柄川)

温故橋(朝柄川)

 

橋のたもとに建てられた石標を確認すると「左 朝柄ヲ経テ粥見村二至ル」「右 片野ヲ経テ大石村二至ル」と刻され、行きは左へ(直進)。さらにゴールである粥見からの帰路は和歌山街道経由で右側から戻ってくる予定だ。

「左 朝柄ヲ経テ粥見村二至ル、右 片野ヲ経テ大石村二至ル」道標、温故橋(朝柄川)付近

「左 朝柄ヲ経テ粥見村二至ル、右 片野ヲ経テ大石村二至ル」道標、温故橋(朝柄川)付近

 

キレイな朝柄川を眺めながら進むと

和歌山別街道(多気町朝柄)

和歌山別街道(多気町朝柄)

 

和歌山別街道(多気町朝柄)

和歌山別街道(多気町朝柄)

 

ほどなくこちらの橋にたどり着く。右手に見えるのは八柱神社・五箇谷神社である。

和歌山別街道から望む八柱神社・五箇谷神社(多気町朝柄)

和歌山別街道から望む八柱神社・五箇谷神社(多気町朝柄)

 

ここから先は以前に歩いたことがある。あれは八柱神社の御遷座奉祝祭の時だった。

【参考】

 

その時のことを思い出しがら・・・

和歌山別街道(多気町朝柄)

和歌山別街道(多気町朝柄)

 

和歌山別街道(多気町朝柄)

和歌山別街道(多気町朝柄)

 

和歌山別街道(多気町朝柄)

和歌山別街道(多気町朝柄)

 

和歌山別街道(多気町朝柄)

和歌山別街道(多気町朝柄)

 

ここが昌慶寺を遠望できる場所。(女性が歩いている左側付近で河原大祓が斎行された。懐かしい)

和歌山別街道から望む昌慶寺(多気町朝柄)

和歌山別街道から望む昌慶寺(多気町朝柄)

 

ここから国道368号との交差点までは初めて歩く。

和歌山別街道(多気町朝柄)

和歌山別街道(多気町朝柄)

 

ほどなく国道にたどり着くと横断した。

国道368号の中切橋(朝柄川)

国道368号の中切橋(朝柄川)

 

この風景は何度が目にしている。それは立梅用水を歩いているから。

国道368号の中切橋(朝柄川)付近

国道368号の中切橋(朝柄川)付近

 

国道から離れ旧道へ入ると、この先で

国道368号の中切橋(朝柄川)付近

国道368号の中切橋(朝柄川)付近

 

立梅用水は左方向へ進む。用水を覗くと水位がかなり低くなっていた。今年は役目を終えたのだろう。

立梅用水、中切橋(朝柄川)付近

立梅用水、中切橋(朝柄川)付近

 

立梅用水を背にするとここから先は初めて歩くルートだ。

和歌山別街道(多気町朝柄)

和歌山別街道(多気町朝柄)

 

和歌山別街道(多気町朝柄)

和歌山別街道(多気町朝柄)

 

和歌山別街道(多気町朝柄)

和歌山別街道(多気町朝柄)

 

和歌山別街道(多気町朝柄)

和歌山別街道(多気町朝柄)

 

ここは右方向へ

和歌山別街道(多気町朝柄)

和歌山別街道(多気町朝柄)

 

和歌山別街道(多気町朝柄)

和歌山別街道(多気町朝柄)

 

振り返ってパチリ。

和歌山別街道(多気町朝柄)

和歌山別街道(多気町朝柄)

 

橋の上から朝柄川の下流側を遠望。

和歌山別街道(多気町朝柄)

和歌山別街道(多気町朝柄)

 

さらに街道を進む。

和歌山別街道(多気町朝柄)

和歌山別街道(多気町朝柄)

 

バス停 上朝柄(多気町町営バス)

バス停 上朝柄(多気町町営バス)

 

和歌山別街道(多気町朝柄)

和歌山別街道(多気町朝柄)

 

右側へ折れれば

和歌山別街道から朝柄不動尊への分岐(多気町朝柄)

和歌山別街道から朝柄不動尊への分岐(多気町朝柄)

 

朝柄不動尊に至るようだが、片道1kmの距離なので今日は、直進した。

朝柄不動尊の説明板(多気町朝柄)

朝柄不動尊の説明板(多気町朝柄)

 

しばらく進むと

和歌山別街道(多気町朝柄)

和歌山別街道(多気町朝柄)

 

こちらで国道368号にたどり着き、

国道368号と交差する場所に立つ和歌山別街道の案内板(多気町朝柄)

国道368号と交差する場所に立つ和歌山別街道の案内板(多気町朝柄)

 

交差する。

国道368号と交差する和歌山別街道(多気町朝柄)

国道368号と交差する和歌山別街道(多気町朝柄)

 

振り返るとこんな感じ。

国道368号と交差する和歌山別街道(多気町朝柄)

国道368号と交差する和歌山別街道(多気町朝柄)

 

道なりに進むと右手にはトイレと炭焼き小屋が。

和歌山別街道(多気町朝柄)

和歌山別街道(多気町朝柄)

 

トイレを借りた後、国道へ合流する。

和歌山別街道(多気町朝柄)

和歌山別街道(多気町朝柄)

 

歩道の無いため、左手に巻いた白いタオルを振りながら坂道を進むと

和歌山別街道・国道368号(多気町朝柄)

和歌山別街道・国道368号(多気町朝柄)

 

途中で整備される前の国道跡へ。

国道368号から離れる和歌山別街道(多気町朝柄)

国道368号から離れる和歌山別街道(多気町朝柄)

 

ガードレールが残されかつての様子が伺える。今はセンターラインがあり快適は道となっているが以前が対向も微妙な・・・。しかし、本来の街道はどこだったのか?

国道368号から離れる和歌山別街道(多気町朝柄)

国道368号から離れる和歌山別街道(多気町朝柄)

 

国道へ戻るが

電柱番号板[第一朝柄幹 93]

電柱番号板[第一朝柄幹 93]

 

古い道路へ逸れることしきり。

国道368号から離れる和歌山別街道(多気町朝柄)

国道368号から離れる和歌山別街道(多気町朝柄)

 

国道368号へ戻る和歌山別街道(多気町朝柄)

国道368号へ戻る和歌山別街道(多気町朝柄)

 

車で走っているとじっくりは見れないこんな案内板を熟読してしまった。

民有林道 魚ケ谷線の案内板

民有林道 魚ケ谷線の案内板

 

民有林道だけど管理者は多気町、長さは500m。

 

和歌山別街道・国道368号(多気町朝柄)

和歌山別街道・国道368号(多気町朝柄)

 

こんなところも通学路とは。どこから通ってくるのだろう?

通学路注意 看板、和歌山別街道・国道368号(多気町朝柄)

通学路注意 看板、和歌山別街道・国道368号(多気町朝柄)

 

現在の国道を離れ左へ

国道368号から離れる和歌山別街道(多気町朝柄)

国道368号から離れる和歌山別街道(多気町朝柄)

 

右へ。

国道368号から離れる和歌山別街道(多気町朝柄)

国道368号から離れる和歌山別街道(多気町朝柄)

 

かつての国道沿いにはこんな道路標識が隠れていた。

隠された?国道368号の道路標識(多気町朝柄)

隠された?国道368号の道路標識(多気町朝柄)

 

この坂を上りきると

和歌山別街道・国道368号(多気町朝柄)

和歌山別街道・国道368号(多気町朝柄)

 

その先が桜峠。

桜峠、和歌山別街道・国道368号(多気町朝柄)

桜峠、和歌山別街道・国道368号(多気町朝柄)

 

桜峠、和歌山別街道・国道368号(多気町朝柄)

桜峠、和歌山別街道・国道368号(多気町朝柄)

 

峠を越えると松阪市と

[松阪市]の地名板(多気町朝柄)

[松阪市]の地名板(多気町朝柄)

 

多気町の境界となる。

[多気町]の地名板(松阪市飯南町粥見)

[多気町]の地名板(松阪市飯南町粥見)

 

左手に「つつじの丘 富士見ヶ丘」の案内板を確認すると後は下るのみ。

「つつじの丘 富士見ヶ丘」の案内板(松阪市飯南町粥見)

「つつじの丘 富士見ヶ丘」の案内板(松阪市飯南町粥見)

 

電柱番号板[出鹿幹 55]

電柱番号板[出鹿幹 55]

 

右手に見える流れは川と言うよりも整備された水路となっている。名前はあるのだろうか?

和歌山別街道・国道368号(松阪市飯南町粥見)

和歌山別街道・国道368号(松阪市飯南町粥見)

 

和歌山別街道・国道368号(松阪市飯南町粥見)

和歌山別街道・国道368号(松阪市飯南町粥見)

 

和歌山別街道・国道368号(松阪市飯南町粥見)

和歌山別街道・国道368号(松阪市飯南町粥見)

 

この流れともつかず離れず。

和歌山別街道・国道368号(松阪市飯南町粥見)

和歌山別街道・国道368号(松阪市飯南町粥見)

 

坂を下り切ると見慣れた風景にたどり着く。

和歌山別街道・国道368号(松阪市飯南町粥見)

和歌山別街道・国道368号(松阪市飯南町粥見)

 

歩いて初めて気づいたこちらの橋(ふとうはし)の手前を右方向へ入るとその先に

不動橋、和歌山別街道・国道368号(松阪市飯南町粥見)

不動橋、和歌山別街道・国道368号(松阪市飯南町粥見)

 

不動尊がまつられている。

不動尊(松阪市飯南町粥見)

不動尊(松阪市飯南町粥見)

 

不動尊(松阪市飯南町粥見)

不動尊(松阪市飯南町粥見)

 

国道へ戻ると

和歌山別街道・国道368号(松阪市飯南町粥見)

和歌山別街道・国道368号(松阪市飯南町粥見)

 

桜橋へ。

桜橋(櫛田川)

桜橋(櫛田川)

 

桜橋から櫛田川の下流側を眺めると立梅用水の初代井堰跡。

桜橋(櫛田川)から望む立梅用水の初代井堰跡

桜橋(櫛田川)から望む立梅用水の初代井堰跡

 

橋を渡りと視界が開ける。

桜橋(櫛田川)の西詰

桜橋(櫛田川)の西詰

 

和歌山別街道・国道368号付近(松阪市飯南町粥見)

和歌山別街道・国道368号付近(松阪市飯南町粥見)

 

国道368号はここで右方向へ曲がるが、旧道(和歌山別街道)は直進する。

国道368号から離れる和歌山別街道(松阪市飯南町粥見)

国道368号から離れる和歌山別街道(松阪市飯南町粥見)

 

道路標識を右手に見ながら

国道368号の道路標識(松阪市飯南町粥見)

国道368号の道路標識(松阪市飯南町粥見)

 

こちらへ。

和歌山別街道(松阪市飯南町粥見)

和歌山別街道(松阪市飯南町粥見)

 

電柱番号板[広支1]

電柱番号板[広支1]

 

ゴールはもう少し。

和歌山別街道(松阪市飯南町粥見)

和歌山別街道(松阪市飯南町粥見)

 

ただただ、黙々と歩く。

和歌山別街道(松阪市飯南町粥見)

和歌山別街道(松阪市飯南町粥見)

 

和歌山別街道(松阪市飯南町粥見)

和歌山別街道(松阪市飯南町粥見)

 

和歌山別街道(松阪市飯南町粥見)

和歌山別街道(松阪市飯南町粥見)

 

丸ポストに心惹かれながらも・・・

和歌山別街道(松阪市飯南町粥見)

和歌山別街道(松阪市飯南町粥見)

 

和歌山別街道(松阪市飯南町粥見)

和歌山別街道(松阪市飯南町粥見)

 

和歌山別街道(松阪市飯南町粥見)

和歌山別街道(松阪市飯南町粥見)

 

和歌山別街道(松阪市飯南町粥見)

和歌山別街道(松阪市飯南町粥見)

 

和歌山別街道(松阪市飯南町粥見)

和歌山別街道(松阪市飯南町粥見)

 

和歌山別街道(松阪市飯南町粥見)

和歌山別街道(松阪市飯南町粥見)

 

和歌山別街道(松阪市飯南町粥見)

和歌山別街道(松阪市飯南町粥見)

 

和歌山別街道(松阪市飯南町粥見)

和歌山別街道(松阪市飯南町粥見)

 

ついにゴールは目前に。

和歌山別街道(松阪市飯南町粥見)

和歌山別街道(松阪市飯南町粥見)

 

そして、11時17分にゴール。9時に出発したから約2時間20分、写真を撮りながらなのでこんなものか。

和歌山別街道と和歌山街道との交差点(松阪市飯南町粥見)

和歌山別街道と和歌山街道との交差点(松阪市飯南町粥見)

 

こちらの石標には「右 さんぐう、左まつさか 道」と刻されている。

「右 さんぐう、左まつさか 道」の道標、粥見神社前(松阪市飯南町粥見)

「右 さんぐう、左まつさか 道」の道標、粥見神社前(松阪市飯南町粥見)

 

粥見神社に和歌山別街道の完歩を報告して午前の部は終了となった。

粥見神社(松阪市飯南町粥見)

粥見神社(松阪市飯南町粥見)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です