2010年〜2013年の記録は『神宮巡々』を、2014年〜2017年の記録は『神宮巡々2』をご覧ください。

解体がさらにさらに進む井阪長七商店(伊勢市河崎)

2018年05月19日(土) 解体がさらにさらに進む井阪長七商店(伊勢市河崎) (車、徒歩)

今も解体が続けられる伊勢市河崎にある井阪長七商店の建物たち。一週間ぶりに訪れると

解体がさらにさらに進む井阪長七商店(伊勢市河崎)

解体がさらにさらに進む井阪長七商店(伊勢市河崎)

 

かなり奥の方まで重機が移動していた。

解体がさらにさらに進む井阪長七商店(伊勢市河崎)

解体がさらにさらに進む井阪長七商店(伊勢市河崎)

 

この光景もしばらくすると見れなくなる。河邊七種神社の社叢が望めるようになるのは良いのだが、歴史の証人が消えるのは何とも悲しいものである。

解体がさらにさらに進む井阪長七商店(伊勢市河崎)

解体がさらにさらに進む井阪長七商店(伊勢市河崎)

 

防護用の柵を見上げながら

解体がさらにさらに進む井阪長七商店(伊勢市河崎)

解体がさらにさらに進む井阪長七商店(伊勢市河崎)

 

敷地の脇へ進むと木造の建物はほぼすべてが解体されていた。

解体がさらにさらに進む井阪長七商店(伊勢市河崎)

解体がさらにさらに進む井阪長七商店(伊勢市河崎)

 

立派な材も廃棄物となってしまうのだろう。かなり太い木材にも手斧などで削った跡が残っていた・・・・。

解体がさらにさらに進む井阪長七商店(伊勢市河崎)

解体がさらにさらに進む井阪長七商店(伊勢市河崎)

 

【井阪長七商店 解体の記録】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*