簀屋根が掛けられた状態が続く志宝屋神社(豊受大神宮 末社)

2020年05月01日(金) 簀屋根が掛けられた状態が続く志宝屋神社(豊受大神宮 末社) (徒歩)

先週に訪れた後、毎日のように訪れている志宝屋神社(豊受大神宮 末社)。

朝からの散歩で宮川の右岸を下ると

宮川から望む志宝屋神社(豊受大神宮 末社)の社叢

宮川から望む志宝屋神社(豊受大神宮 末社)の社叢

 

志宝屋神社を目指した。

大湊川越しに望む志宝屋神社(豊受大神宮 末社)の社叢

大湊川越しに望む志宝屋神社(豊受大神宮 末社)の社叢

 

いつものように・・・

造替工事が続けられる志宝屋神社(豊受大神宮 末社)

造替工事が続けられる志宝屋神社(豊受大神宮 末社)

 

新御敷地は本日も簀屋根が掛けられた状態だった。

簀屋根が掛けられた状態が続く志宝屋神社(豊受大神宮 末社)

簀屋根が掛けられた状態が続く志宝屋神社(豊受大神宮 末社)

 

志宝屋神社を後にすると、かつて塩屋明神と称された名残を辿りながら帰途についた。

電柱番号板[明神支 12の1]

電柱番号板[明神支 12の1]

明神排水ひ管(大湊川)付近から望む志宝屋神社(豊受大神宮 末社)の社叢

明神排水ひ管(大湊川)付近から望む志宝屋神社(豊受大神宮 末社)の社叢

 

第二湊橋(大湊川)から望む志宝屋神社(豊受大神宮 末社)の社叢

第二湊橋(大湊川)から望む志宝屋神社(豊受大神宮 末社)の社叢

 

【志宝屋神社(豊受大神宮 末社)のご遷座まで】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です