2010年〜2013年の記録は『神宮巡々』を、2014年〜2017年の記録は『神宮巡々2』をご覧ください。

青野恭典写真展 風のことづて(伊勢和紙ギャラリー)

2018年05月19日(土) 青野恭典写真展 風のことづて(伊勢和紙ギャラリー) (車、徒歩)

本日は写真展三昧の日、しかも両写真展ともに伊勢和紙へのプリントだった。

伊勢和紙ギャラリーから届いていた案内ハガキを携えて・・・

青野恭典写真展 風のことづて(伊勢和紙ギャラリー)

青野恭典写真展 風のことづて(伊勢和紙ギャラリー)

 

青野恭典写真展 「風のことづて」

伊勢和紙で表現する自然風景展を、昨秋からの新宿・大阪に続いて開催いたします。自然をこよなく愛した写真家青野恭典は『自然は見れば見るほどその奥深さに気づかされる』と語り、山岳の勇壮で豊かないとなみを表現する一方、日本列島を一つの山脈と捉えて海岸からも生きた大地を見つめ続けました。海に面し豊かな伝統を育む伊勢の地で、和紙プリントでの表現を切望した青野恭典の自然の世界をご高覧ください。
(アオノネイチャーフォトスタジオ 青野ハツ子)

和紙作品は、故青野恭典氏が構想していた和紙による作品展を、ご夫人である青野ハツ子氏が伊勢和紙館にて出力・仕上げを行い実現したものです。さらに今回はエントランス部から階段部の作品を追加制作して展示します。サブギャラリーには超光沢銀塩プリント(印画紙)による海の作品群を展示します。

会期
◎2018年5月12日(土)〜6月10日(日)
◎9:30〜16:30
◎5月20日(日)・27日(日)・6月3日(日)は休館
6月9日(土) 14:00 より青野ハツ子によるギャラリートークがあります。
青野ハツ子は5月12日(土)-14日(月)、6月9日(土)・10日(日)に会場にてお待ちしています。

会場 ◎伊勢和紙ギャラリー
協力 ◎伊那食品工業株式会社

伊勢和紙 IseWashi より 【引用】

 

伊勢和紙館の前を過ぎ、三輪神社でのお参りを済ませると

大豐和紙工業株式会社(伊勢市大世古)

大豐和紙工業株式会社(伊勢市大世古)

 

伊勢和紙ギャラリーへ向かった。

 

 

伊勢和紙ギャラリー(伊勢市大世古)

伊勢和紙ギャラリー(伊勢市大世古)

 

青野恭典写真展 風のことづて(伊勢和紙ギャラリー)

青野恭典写真展 風のことづて(伊勢和紙ギャラリー)

 

受付を済ませて二階へ上がろうとすると階段の下で迎えてくれたのがこちらの写真だった。いつもと異なる雰囲気に私は面食らっていた。それはこちらの作品が和紙への印刷ではなくクリスタルプリント(超光沢銀塩)だったから・・・。今まで伊勢和紙ギャラリーで和紙以外へのプリントは目にしたことが無かったのではないか。私は混乱していた。

青野恭典写真展 風のことづて(伊勢和紙ギャラリー)

青野恭典写真展 風のことづて(伊勢和紙ギャラリー)

 

そんな驚き、混乱の中で階段を進むとメインギャラリーの前では故青野恭典さんが出迎えてくれていた。

青野恭典写真展 風のことづて(伊勢和紙ギャラリー)

青野恭典写真展 風のことづて(伊勢和紙ギャラリー)

 

メインギャラリーは伊勢和紙にプリントされた作品のみで構成されていたが、エントランス、サブギャラリー、伊勢和紙館では多数のクリスタルプリントも観ることができた。こちらで紹介するのはメインギャラリーの雰囲気である。

青野恭典写真展 風のことづて(伊勢和紙ギャラリー)

青野恭典写真展 風のことづて(伊勢和紙ギャラリー)

 

青野恭典写真展 風のことづて(伊勢和紙ギャラリー)

青野恭典写真展 風のことづて(伊勢和紙ギャラリー)

 

青野恭典写真展 風のことづて(伊勢和紙ギャラリー)

青野恭典写真展 風のことづて(伊勢和紙ギャラリー)

 

青野恭典写真展 風のことづて(伊勢和紙ギャラリー)

青野恭典写真展 風のことづて(伊勢和紙ギャラリー)

 

何れかを選択すべしと問われたら、私は南側の「白樹」を選ぶ。あなたはどの作品に心惹かれるだろうか?

また、クリスタルプリントも見てしまうと同じ写真を伊勢和紙にもプリントし両者を並べて観てみたい。またはその逆もと贅沢な望みが芽生えてくる。

6月10日には、今回の作品の出力・仕上げを実施したご夫人である青野ハツ子さんによるギャラリートークが開催されるそうだ。ぜひ訪れてみたい。

 

なお、私が伊勢和紙ギャラリーにて体感した過去の記録はこちら。

【伊勢和紙ギャラリーにて以前に体感した企画展ほか】

など・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*