採鹹作業が始まっていた御塩浜(伊勢市二見町西)

2021年07月31日(土) 採鹹作業が始まっていた御塩浜(伊勢市二見町西) (車、徒歩)

堅田神社を後にすると五十鈴川の右岸に位置する御塩浜へ向かった。

7月3日には御塩浜で草抜きなど準備が始まったが、先週でも採鹹作業は始まっていなかった。

【参考】

 

すでに土用なので、今日ならと・・・

避難タワー側から御塩浜の土手へ進むと

採鹹作業が始まっていた御塩浜(伊勢市二見町西)

採鹹作業が始まっていた御塩浜(伊勢市二見町西)

 

沼井の回りには奉仕者が集まり

採鹹作業が始まっていた御塩浜(伊勢市二見町西)

採鹹作業が始まっていた御塩浜(伊勢市二見町西)

 

浜をひろげる

採鹹作業が始まっていた御塩浜(伊勢市二見町西)

採鹹作業が始まっていた御塩浜(伊勢市二見町西)

 

(浜ぐわを使って、沼井から掘り出した砂を御塩浜全面にまく)作業が進められていた。

採鹹作業が始まっていた御塩浜(伊勢市二見町西)

採鹹作業が始まっていた御塩浜(伊勢市二見町西)

 

採鹹作業が始まっていた御塩浜(伊勢市二見町西)

採鹹作業が始まっていた御塩浜(伊勢市二見町西)

 

五十鈴川から御塩浜へは

五十鈴川と御塩浜(伊勢市二見町西)

五十鈴川と御塩浜(伊勢市二見町西)

 

こちらの御塩樋管を通じで五十鈴川の水が出し入れされる。

五十鈴川と御塩浜とつなぐ御塩樋管

五十鈴川と御塩浜とつなぐ御塩樋管

 

なお、採取された鹹水を詰めた樽を数えると15本は超えるだろうか。

採取された鹹水が詰められた樽、御塩浜(伊勢市二見町西)

採取された鹹水が詰められた樽、御塩浜(伊勢市二見町西)

 

採鹹作業は、今週の頭にでも開始されたのだろう。

 

【参考】 神宮の御塩づくりの流れ はこの記事にリンクあり

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です