多賀宮の石垣崩落危険のため立入禁止となった下御井神社への参道

2020年02月10日(月) 多賀宮の石垣崩落危険のため立入禁止となった下御井神社への参道 (車、徒歩)

知人がFacebookにて

下御井神社(豊受大神宮 所管社)への参道が立入禁止になっている。

ことを投稿していた。

 

本日は偶然にも休暇を取っており今社の宵宮(御頭神事)を拝観しようと思っていたので、その前に外宮を訪れた。多賀宮へのお参りを終えて石階を下りきるとこちらが下御井神社への参道入口となるが

下御井神社への参道は「立入禁止」

下御井神社への参道は「立入禁止」

 

そこには工事用のパイロンが立てられ、バーが設置されていた。

下御井神社への参道は「立入禁止」

下御井神社への参道は「立入禁止」

 

一本のバーには「立入禁止」と記された紙片が垂らされていた。

下御井神社への参道は「立入禁止」

下御井神社への参道は「立入禁止」

 

伊雜宮では猿被害があったので、こちらでも?

【参考】

 

原因が猿の出没や蜂の発生なのかと思い、風宮付近にある番舎で神宮衛士に尋ねたところ

多賀宮の裏側の石垣が崩れそうなので大事をとって立入禁止にしている。

明日に建国記念祭を終え、12日には仮復旧工事を実施し、祈年祭を終えて25日頃から本格的な修復工事を実施する。

とのことだった。

外宮の祭典看板

外宮の祭典看板

 

参道の左斜面の上部に石垣があるのだろう。

下御井神社への参道は「立入禁止」

下御井神社への参道は「立入禁止」

 

最近は法面が崩壊した事故も発生しているので、さらに慎重に対応されているのだろう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です