御塩護送は御塩橋を渡って外宮へ

2020年03月07日(土) 御塩護送は御塩橋を渡って外宮へ (車、徒歩)

御塩殿神社の御塩殿では3月4日より御塩焼固が開始された。

【参考】

 

御塩焼固の期間は5日間であるが、4日目と期間を終えた6日目の朝には奉製された御塩(堅塩)が外宮へと運ばれる。かつては御塩を納めた辛櫃を担ぎ歩いて運ばれたが、今は軽トラックで護送される。護送の手段は変化しても御塩がたどるルートは変わらないと聞く。そのルートは御塩道。

【参考】

 

御塩道の目的地は外宮(斎館?)であるが、最後に御塩橋を渡ると聞く。

【参考】

 

しかし、私は御塩(堅塩)が御塩橋を渡る姿を目にしたことがない。

 

【御塩殿神社にて】

本日は4日目、8時50分頃に御塩殿神社を訪れると鳥居の向かいには

御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

 

すでに御塩護送のための軽トラックが停まっていた。

御塩護送のための軽トラック、御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

御塩護送のための軽トラック、御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

 

参道を進むとまさに・・・

御塩殿を出る御塩護送、御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

御塩殿を出る御塩護送、御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

 

3日間で奉製された60個の御塩(堅塩)が辛櫃にて御塩殿から運び出された。

御塩殿を出る御塩護送、御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

御塩殿を出る御塩護送、御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

 

御塩殿前の鳥居をくぐると

御塩護送、御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

御塩護送、御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

 

参道を進んだ。

御塩護送、御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

御塩護送、御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

 

本日、御塩殿神社に詰める神職に見守られるなか

御塩護送、御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

御塩護送、御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

 

軽トラックに載せられると

御塩護送、御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

御塩護送、御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

 

御塩焼固を奉仕する喜多井さんにも見送られながら・・・

御塩殿神社(皇大神宮 所管社)を出る御塩護送

御塩殿神社(皇大神宮 所管社)を出る御塩護送

 

 

【御塩橋付近(外宮)にて】

私は御塩道は通らず、先行して外宮を訪れた。御塩橋(かつては近づけたが、今はこれより立入禁止のために近づけない)付近にて待機していると

御塩橋付近(外宮)

御塩橋付近(外宮)

 

こちらではなく、

タクシー乗り場付近(外宮)

タクシー乗り場付近(外宮)

 

こちらの入口から辛櫃を載せた軽トラックがやってきた。

御塩護送は御塩橋へ(外宮)

御塩護送は御塩橋へ(外宮)

 

そして御塩橋へと・・・

御塩護送は御塩橋へ(外宮)

御塩護送は御塩橋へ(外宮)

 

橋の上で停車すると

御塩橋を渡る御塩護送(外宮)

御塩橋を渡る御塩護送(外宮)

 

鉄の扉が開かれた。御塩(堅塩)は御塩橋を渡っていた。

御塩橋を渡った御塩護送(外宮)

御塩橋を渡った御塩護送(外宮)

 

やはり御塩橋はかつてと変わらずに使用されている。

御塩護送を終えた御塩橋(外宮)

御塩護送を終えた御塩橋(外宮)

 

納得の一瞬だった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です