「モノクロームな日々 2018」ウォールの制作は再開

2019年09月29日(日) 「モノクロームな日々 2018」ウォールの制作は再開

本日は以前に貼りパネをL判サイズに切り出したパーツを持ち出してきた。

「モノクロームな日々 2018」ウォールの素材製作

「モノクロームな日々 2018」ウォールの素材製作

 

【参考】

 

汗ばむシーズンにプリントを触りたくなかったので温存しておいたのだが、汗ばむことも少なくなったのでそろそろ「モノクロームな日々 2018」ウォールの制作を再開しようと・・・

 

「モノクロームな日々」のウォール用としてはL判のハーフサイズの写真を使用しているので、素材の製作手順としては

  1. 一枚の写真を2L判の比率にトリミングしてから2日分をL判の比率となるように一枚に合成する。
  2. その合成された写真をL判でプリントする。(今回はしまうまプリントに出したら、モノクロのはずが少々セピアっぽく仕上がっていた。)
  3. L判サイズに切り出した貼りパネにL判にプリントされた写真を貼り付ける。
  4. 写真が貼られたL判のパネルを半分に切る。
  5. ウォールの素材となるL判ハーフサイズのパネルの側面に黒色マスキングテープを巻く。
  6. 完成した素材をボードに貼り付け、木のフレームに掛ける。

 

まずは、「L判サイズに切り出した貼りパネ(小パネルと呼称)にL判にプリントされた写真を貼り付ける」工程である。

小パネルの中心部分に1cm位の幅で切り込みを入れるとその部分のシールをはがす。

「モノクロームな日々 2018」ウォールの素材製作

「モノクロームな日々 2018」ウォールの素材製作

 

小パネルにプリントをのせて位置合わせした後に残りのシールをはがし小パネルに密着させる。

「モノクロームな日々 2018」ウォールの素材製作

「モノクロームな日々 2018」ウォールの素材製作

 

作業を積み重ねて

「モノクロームな日々 2018」ウォールの素材製作

「モノクロームな日々 2018」ウォールの素材製作

 

183枚分の小パネルにプリントを貼り付けると

「モノクロームな日々 2018」ウォールの素材製作

「モノクロームな日々 2018」ウォールの素材製作

 

この工程は終了となった。

「モノクロームな日々 2018」ウォールの素材製作

「モノクロームな日々 2018」ウォールの素材製作

 

続いては「写真が貼られたL判のパネルを半分に切る」工程である。この工程は非常に気を使う。

「モノクロームな日々 2018」ウォールの素材製作

「モノクロームな日々 2018」ウォールの素材製作

 

写真に傷を付けないよう裏面にマスキングテーブを貼ったアル助の背に沿ってカッターで切るのだが、正確に2分割するためにはさまざまな注意が必要だ。カッターの刃の厚みを考慮しアル助で押さえる位置を微妙に調整する、さらに写真とパネルを合わせて切る時のカッター刃の面を垂直にし、刃の角度と力加減、切る速さを見極めるなど・・・。

試行錯誤を繰り返し、なんとなくうまくできるようになった頃には、この工程が終了した。(あるあるだ。)

「モノクロームな日々 2018」ウォールの素材製作

「モノクロームな日々 2018」ウォールの素材製作

 

残るは小パネルの側面にマスキングテープを貼って仕上がった小パネルを大きなパネルに貼る。そして、そのパネルをフレームに掛ければよいのだが、今日のところはここで終了。

「モノクロームな日々 2018」ウォールの素材製作

「モノクロームな日々 2018」ウォールの素材製作

 

マスキングテープを巻く工程以降は平日の夜にでも地道に進めよう。ただし、ゆっくりし過ぎると2020がやって来てしまう。

ゆっくりと急ごう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*