山の神にも御垣の柱、一色神社(伊勢市一色町)

2021年06月26日(土) 山の神にも御垣の柱、一色神社(伊勢市一色町) (車、徒歩)

今週の一色神社。

一色神社(伊勢市一色町)

一色神社(伊勢市一色町)

 

仮殿にてお参りを終え、工事用のシート越しに見えるは、本殿と拝殿の間に設置されている丁張り用の水貫。何のためなのだろうか?

御敷地でも?、一色神社(伊勢市一色町)

御敷地でも?、一色神社(伊勢市一色町)

 

いつものように境内の周囲を巡回すると、山の神にも御垣の柱が立てられていた。こちらの柱も本殿のものと同様の素材だ。

山の神にも御垣の柱、一色神社(伊勢市一色町)

山の神にも御垣の柱、一色神社(伊勢市一色町)

 

正面へ戻ってから社域を確認すると、先週には積み上げられていた鳥居の古材が姿を消していた。

姿を消した鳥居の古材、一色神社(伊勢市一色町)

姿を消した鳥居の古材、一色神社(伊勢市一色町)

 

ここからでも本殿と拝殿の間に設置された水貫の目的は?

御敷地でも?、一色神社(伊勢市一色町)

御敷地でも?、一色神社(伊勢市一色町)

 

【参考】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です