やはりここが岩鷹稲荷大明神跡(伊勢市岩渕3丁目)

2018年12月29日(土) やはりここが岩鷹稲荷大明神跡(伊勢市岩渕3丁目) (徒歩)

おそらくこの建物の隣が岩鷹稲荷大明神跡だと想定していた。

岩鷹稲荷大明神跡付近(伊勢市岩渕3丁目)

岩鷹稲荷大明神跡付近(伊勢市岩渕3丁目)

 

こちらの石壇上に社殿が建っていた。以前にお参りしたことがあるのだが、その時の写真が見つからない。

岩鷹稲荷大明神跡(伊勢市岩渕3丁目)

岩鷹稲荷大明神跡(伊勢市岩渕3丁目)

 

そのため、「伊勢のお稲荷さん」には 「岩鷹稲荷跡(?)」と記していた。

【参考】

 

ところが、先日にネット上で次の地図(H27)を見つけた。この地図にはこの場所に岩鷹稲荷の文字が記されている。これで確信した。

ネットで見つけた岩鷹稲荷を示す地図(一部を引用)

ネットで見つけた岩鷹稲荷を示す地図(一部を引用)

 

縦長の狭い敷地で御幸道路側は駐車スペースとなっているので全景がわかりにくい。そのため、光明寺の山門前へ移動してから

光明寺の山門(伊勢市岩渕3丁目)

光明寺の山門(伊勢市岩渕3丁目)

パチリ。背景は伊勢郵便局だ。

光明寺の山門前から望む岩鷹稲荷大明神跡(伊勢市岩渕3丁目)

光明寺の山門前から望む岩鷹稲荷大明神跡(伊勢市岩渕3丁目)

 

酒徳潮(1995)『伊勢市内の稲荷社(下)山田・宇治地区を中心に(伊勢郷土史草 第二十九号)』 伊勢郷土史草編集委員会 には

数名のグループが昭和二十九年に伏見稲荷より分霊を勧請した社である。勧請時の神名は「白清(はくせい)稲荷」であったが、「岩鷹稲荷」と改称されている。

と記されている。

 

石壇に近づき

岩鷹稲荷大明神跡(伊勢市岩渕3丁目)

岩鷹稲荷大明神跡(伊勢市岩渕3丁目)

 

過去の記憶を振り返ったが、いつに訪れたのか思い出せなかった。

岩鷹稲荷大明神跡(伊勢市岩渕3丁目)

岩鷹稲荷大明神跡(伊勢市岩渕3丁目)

 

帰宅後に調べてもわからない。

確かにこの場所に殿舎を建っていた。その殿舎にてお参りしたバズなのだが・・・

その時の写真を見つけたならば、追記しよう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*