多賀宮(豊受大神宮 別宮)の石垣は仮修繕を終え下御井神社(同所管社)への立入禁止解除

2020年02月12日(水) 多賀宮(豊受大神宮 別宮)の石垣は仮修繕を終え下御井神社(同所管社)への立入禁止解除 (車、徒歩)

先日、外宮では下御井神社への参道が立入禁止になっていることをお伝えした。

【参考】

 

2月11日の建国記念祭を終えた翌日2月12日には仮修繕工事を実施するとのことだった。

祈年祭のみの祭典看板(外宮)

祈年祭のみの祭典看板(外宮)

 

多賀宮への石階を進むと右手上方に白いものを見つけた。

多賀宮への石階から見上げた多賀宮の本殿背面

多賀宮への石階から見上げた多賀宮の本殿背面

 

ズームにするとこんな感じ。

多賀宮の石垣に設置された落石防止網(外宮)

多賀宮の石垣に設置された落石防止網(外宮)

 

さらに・・・。どうも、落石防止網のようだった。

多賀宮の石垣に設置された落石防止網(外宮)

多賀宮の石垣に設置された落石防止網(外宮)

 

多賀宮にてお参りを終えて石階をくだり、

下御井神社への参道入口

下御井神社への参道入口

 

下御井神社の参道入口へたどり着くと先日には置かれていた工事用パイロンは姿を消していた。参道を進むと

多賀宮からの石階下、下御井神社への参道入口

多賀宮からの石階下、下御井神社への参道入口

 

いつも通りに下御井神社にお参り。

下御井神社(豊受大神宮 所管社)

下御井神社(豊受大神宮 所管社)

 

参道を戻る途中で右手(多賀宮)方向を見上げると

多賀宮背面の斜面

多賀宮背面の斜面

 

石垣が見えるが崩落している様子は見られない。

多賀宮背面の斜面に積まれている石垣

多賀宮背面の斜面に積まれている石垣

 

この状況から判断すると多賀宮の殿舎を囲む石垣の一部(本殿の背面側)が崩落しそうになっているのだろう。どのような工事が行われたのか不明であるが、もし崩落しても網で受け止められるように手当てされているようだ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です