久しぶりに道の駅 茶倉駅から櫛田川に架かる茶倉橋を渡って立梅用水の取水口へ

2019年05月04日(土) 久しぶりに道の駅 茶倉駅から櫛田川に架かる茶倉橋を渡って立梅用水の取水口へ (車、徒歩)

陶芸空間 虹の泉を後にすると「茶倉へ行きたい!」と【キタヰの妻】がポツリ。国道166号を西へと来た道を戻った。道の駅 茶倉駅へ到着すると駐車場は満車でしばらく待っていた。

無事に車を駐めると【キタヰの妻】は違和感を覚えていた。「もっと、駐車場が広かったような・・・」

道の駅 茶倉駅

道の駅 茶倉駅

とにかく展望台へ向かうために階段を登った。

道の駅 茶倉駅の展望台へ

道の駅 茶倉駅の展望台へ

 

駐車場は満車でも展望台に人影は無かった。

道の駅 茶倉駅の展望台

道の駅 茶倉駅の展望台

 

展望台から見下ろすとその先には櫛田川が流れ、立梅用水の取水口がある井堰(取水堰)が望めた。

道の駅 茶倉駅の展望台から望む櫛田川

道の駅 茶倉駅の展望台から望む櫛田川

 

久しぶりに取水口を眺めたいと思い「吊り橋を渡る?」と尋ねたところ、【キタヰの妻】からは二つ返事で「渡る。」との回答があった。

リバーサイド茶倉への案内板(道の駅 茶倉駅の展望台にて)

リバーサイド茶倉への案内板(道の駅 茶倉駅の展望台にて)

 

和暦ではなく、西暦で竣工年月が記された銘板を確認してから

櫛田川に架かる吊り橋、茶倉橋

櫛田川に架かる吊り橋、茶倉橋

 

吊り橋への階段を下った。

櫛田川に架かる吊り橋、茶倉橋

櫛田川に架かる吊り橋、茶倉橋

 

その途中からも櫛田川を・・・。

茶倉橋から望む立梅用水の井堰(取水堰)(櫛田川)

茶倉橋から望む立梅用水の井堰(取水堰)(櫛田川)

 

【キタヰの妻】は足速に吊り橋を渡って行った。

櫛田川に架かる吊り橋、茶倉橋

櫛田川に架かる吊り橋、茶倉橋

 

櫛田川に架かる吊り橋、茶倉橋

櫛田川に架かる吊り橋、茶倉橋

 

吊り橋の先はリバーサイド茶倉、駐車場も多く敷地も広い。どうやら【キタヰの妻】が茶倉駅ではなく、リバーサイド茶倉へ訪れた記憶を思い出していたようだった。

私は立梅用水が気になり、

立梅用水井堰外四件の説明板

立梅用水井堰外四件の説明板

 

井堰(取水堰)に設置されている取水口を眺めながら、立梅用水を歩き通した日々を思い出していた。

立梅用水の取水口と井堰(櫛田川)

立梅用水の取水口と井堰(櫛田川)

 

【参考】 立梅用水を歩いた記録

 

前回は細切れに行ったり来たりしながら全線を歩いた。

次回は、取水口から下流の終点まで通して歩きたい。

誰かご一緒しませんか?

 

そんなことを考えながら茶倉橋を戻ると

茶倉橋から望む立梅用水の井堰(取水堰)(櫛田川)

茶倉橋から望む立梅用水の井堰(取水堰)(櫛田川)

 

道の駅 茶倉駅を後にした。

道の駅 茶倉駅

道の駅 茶倉駅

 

続いては丹生の神宮寺へ向かった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*