プリント制札は悲しい?、志宝屋神社(豊受大神宮 末社)

2021年07月25日(日) プリント制札は悲しい?、志宝屋神社(豊受大神宮 末社) (徒歩)

朝のぶらりで大湊を訪れ、志宝屋神社(豊受大神宮 末社)にお参りした。

志宝屋神社は、2020年05月27日に御遷座を終え、5月22日には制札が立て替えられていた。

制札(定)も立て替えられた志宝屋神社(豊受大神宮 末社)

制札(定)も立て替えられた志宝屋神社(豊受大神宮 末社)

 

【参考】 制札(定)も立て替えられ造替工事が完了した志宝屋神社(豊受大神宮 末社) 2020年05月22日

 

お参りの際、制札を確認したところ、文字が記された部分に涙痕が・・・

プリント制札には涙痕、志宝屋神社(豊受大神宮 末社)

プリント制札には涙痕、志宝屋神社(豊受大神宮 末社)

 

最近の制札は、昔のように手書きではないようだ。同一文字の形状が画一的である。

それは、こちらの記事でも触れたことだった。

【参考】

 

画一的な文字形状は、おそらくプリントだろう。

プリントされた制札は、悲しいことがあるのだろうか?

他の神社でも気にしてみよう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です