2010年〜2013年の記録は『神宮巡々』を、2014年〜2017年の記録は『神宮巡々2』をご覧ください。

久しぶりの熊野古道伊勢路歩き・寄り道を楽しみながらの滝原〜梅ケ谷 1 of 4(瀧原宮〜阿曽)

2018年09月22日(土) 久しぶりの熊野古道伊勢路歩き・寄り道を楽しみながらの滝原〜梅ケ谷 1 of 4(瀧原宮〜阿曽) (車、徒歩・バス)

知人から「熊野古道伊勢路を歩きませんか?」とお誘いをいただいた。5年前に独りで歩いたが、
【参考】

小グループでの楽しみも体験してみたかった。そのため二つ返事で参加を表明したところ、今回歩くルートは瀧原宮〜梅ケ谷だった。

伊藤文彦さんの著書「熊野古道伊勢路を歩く 熊野参詣道伊勢路巡礼 サンライズ出版」を携えて歩くそうだが、私は手元になかったため次のマップ(PDFを印刷)を持参した。

【参考】

 

今回の参加者は三名で、私のワガママ(あの鳥居が気になっていた、新たに鳥居を見つけた)に応え伊勢路から離れてでもかなりの寄り道を楽しんでくれた。同好の士を得た気分でとても楽しい街道歩きとなった。

歩き終わってみればかなりの写真枚数。選別しても多数となってしまったため図絵の区間単位で記事を分割し次の四部構成とした。(各区間の図絵と写真を見比べれられば、何となく歩いた気になれる?)

第一部: 瀧原宮から阿曽(JR紀勢本線 阿曽踏切)へ
第二部: 阿曽(JR紀勢本線 阿曽踏切)から柏野(柏野大橋)へ
第三部: 柏野(柏野大橋)から芦谷(大内山の一里塚)へ
第四部: 芦谷(大内山の一里塚)から下里(今回は梅ケ谷まで)へ

これらは写真記事として、コメントは最小限にとどめておこう。

 

まずは 瀧原宮から阿曽(JR紀勢本線 阿曽踏切)へ(写真 20枚)。

伊勢から大紀町へ向かう途中、大雨の区間があったが瀧原宮へ近づくにつれて雨が止んできた。集合時刻の午前8時になると3名が顔を合わせた。

頭上には厚い雲があったが、晴れ間が背中を押してくれた。「さあ、スタート!」

瀧原宮駐車場

瀧原宮駐車場

 

先が長いため、瀧原宮にはお参りせずに・・・

瀧原宮(皇大神宮 別宮)

瀧原宮(皇大神宮 別宮)

 

ゆっくりペースながらも先を急いだ。

滝原〜阿曽(熊野古道伊勢路図絵)

滝原〜阿曽(熊野古道伊勢路図絵)

 

吉田本家の立派さに驚嘆。

滝原〜阿曽(熊野古道伊勢路図絵)

滝原〜阿曽(熊野古道伊勢路図絵)

 

なぜか、この先でもワーゲンのこんな状態の車両が多数、見られた。

滝原〜阿曽(熊野古道伊勢路図絵)

滝原〜阿曽(熊野古道伊勢路図絵)

 

国道42号 出谷交差点の先で国道を離れると「新宮まで 122km」の道標が立っている。

滝原〜阿曽(熊野古道伊勢路図絵)

滝原〜阿曽(熊野古道伊勢路図絵)

 

ゆるやかな坂道を進むと右手に鳥居を見つけた。近くにいたおじいちゃんに尋ねたが、おまつりされている神様の名は分からなかった。釣りが好きなおじいちゃんで「釣りに行く時は(大漁を)お願いする。」とのことだった。

滝原〜阿曽(熊野古道伊勢路図絵)

滝原〜阿曽(熊野古道伊勢路図絵)

 

不順な天候が嘘のように頭上は晴れになっていた。

滝原〜阿曽(熊野古道伊勢路図絵)

滝原〜阿曽(熊野古道伊勢路図絵)

 

さらに坂道を進むと

滝原〜阿曽(熊野古道伊勢路図絵)

滝原〜阿曽(熊野古道伊勢路図絵)

 

また、右手に鳥居を見つける。

滝原〜阿曽(熊野古道伊勢路図絵)

滝原〜阿曽(熊野古道伊勢路図絵)

 

瓦製の小祠には丸石がまつられ、その隣には奇妙な形の石が並んでいた。思わず「役行者!」と声に出しそうになった。

滝原〜阿曽(熊野古道伊勢路図絵)

滝原〜阿曽(熊野古道伊勢路図絵)

 

役行者に別れを告げるとさらに歩を進めた。大宮小学校、大宮中学校の前を過ぎると

大宮中学校、大宮小学校付近

大宮中学校、大宮小学校付近

 

十字路を直進する。(右へ折れれば、大紀町郷土資料館) 頂点から左へカーブする坂道を下ると

滝原〜阿曽(熊野古道伊勢路図絵)

滝原〜阿曽(熊野古道伊勢路図絵)

 

こちらの前にたどり着く。図絵には鈴木牧之ゆかりの地とある。なお、ブロック積みの小祠の右隣に建つのは行き倒れ供養碑だった。

滝原〜阿曽(熊野古道伊勢路図絵)

滝原〜阿曽(熊野古道伊勢路図絵)

 

こちらで国道42号をくぐり

滝原〜阿曽(熊野古道伊勢路図絵)

滝原〜阿曽(熊野古道伊勢路図絵)

 

民家の間を抜けると国道へ合流する。

滝原〜阿曽(熊野古道伊勢路図絵)

滝原〜阿曽(熊野古道伊勢路図絵)

 

国道の向こう側には庚申さんがまつられている。

滝原〜阿曽(熊野古道伊勢路図絵)

滝原〜阿曽(熊野古道伊勢路図絵)

 

再び、国道を離れると

滝原〜阿曽(熊野古道伊勢路図絵)

滝原〜阿曽(熊野古道伊勢路図絵)

 

民家の間を抜け

滝原〜阿曽(熊野古道伊勢路図絵)

滝原〜阿曽(熊野古道伊勢路図絵)

 

JR紀勢本線 阿曽踏切付近へ到着した。線路脇に立つ「シカ」マークが珍しいのでパチリ。

JR紀勢本線 阿曽踏切付近

JR紀勢本線 阿曽踏切付近

 

次は第二部へ。

【2018年09月22日 熊野古道伊勢路歩きの記録】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*