2010年〜2013年の記録は『神宮巡々』を、2014年〜2017年の記録は『神宮巡々2』をご覧ください。

二俣辻久留商店会による寒参り、今年はまだ?

2019年01月14日(祝・月) 二俣辻久留商店会による寒参り、今年はまだ? (徒歩)

今年もお稲荷さんを巡る「寒参り」の時期がやってきた。昨年の「寒中御見舞」札を振り返ると、もっとも早く寒参りを実施している稲荷講は、八劔稲荷大明神で見かけた「二俣辻久留商店会」だ。

八劔稲荷大明神には新しい「寒中御見舞」札(伊勢市浦口)

八劔稲荷大明神には新しい「寒中御見舞」札(伊勢市浦口)

 

【参考】 八劔稲荷大明神には新しい四枚の「寒中御見舞」札(伊勢市浦口) 2018年02月04日

 

新年を迎えすでに2週間が経過しているので、二俣辻久留商店会の「寒中御見舞」札を期待して八劔稲荷大明神(伊勢市浦口)を訪れた。鳥居をくぐり

八劔稲荷大明神(伊勢市浦口)

八劔稲荷大明神(伊勢市浦口)

 

新しい注連飾りを確認してから【キタヰの妻】とともにお参り。

八劔稲荷大明神(伊勢市浦口)

八劔稲荷大明神(伊勢市浦口)

 

「寒中御見舞」札を確認したのだがこちらには皆無であった。二俣辻久留商店会の「寒中御見舞」札だけでもと期待していのだったが・・・

八劔稲荷大明神(伊勢市浦口)

八劔稲荷大明神(伊勢市浦口)

 

八劔稲荷大明神を後にすると同町内にまつられている瘡守稲荷(伊勢市浦口)へ向かった。

瘡守稲荷(伊勢市浦口)

瘡守稲荷(伊勢市浦口)

 

こちらには多数の稲荷講による「寒中御見舞」札が貼られ、全種類を網羅できそうな状況にある。

【参考】

 

お参りを終えてから柱や壁等に貼られている「寒中御見舞」札を確認したがいまだ今年のものはなく、

瘡守稲荷に貼られた「寒中御見舞」札(伊勢市浦口)

瘡守稲荷に貼られた「寒中御見舞」札(伊勢市浦口)

 

二俣辻久留商店会のものは昨年と一昨年のものが新しさを保ったまま貼られていた。(ここは風雨を避けられる場所にあるため、保存性が高い)

瘡守稲荷に貼られた「寒中御見舞」札(伊勢市浦口)

瘡守稲荷に貼られた「寒中御見舞」札(伊勢市浦口)

 

しかしながら、一月の第一週に寒参りを実施していた「二俣辻久留商店会」はどうしたのだろうか? 少し心配になってしまった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*