近くなのに久しぶりに訪れた河原神社(豊受大神宮 摂社)

2018年03月18日(日) 近くなのに久しぶりに訪れた河原神社(豊受大神宮 摂社) (徒歩)

自宅のリビングから河原神社(豊受大神宮 摂社)の社叢が望め、春分の日および秋分の日にはその中央から日の出を拝めることを紹介した。

春分の日を前に、社叢の端から日が昇る河原神社(豊受大神宮 摂社)

春分の日を前に、社叢の端から日が昇る河原神社(豊受大神宮 摂社)

 

【参考】 春分の日には社叢の中心から日が昇る河原神社(豊受大神宮 摂社) 2018年03月15日

 

春分の日が近づいて来たのでお参りしようと河原神社へ向かった。

河原神社(豊受大神宮 摂社)の社叢遠望

河原神社(豊受大神宮 摂社)の社叢遠望

 

灯台下暗しとはよく言ったもので、身近にあるものにはなかなか意識が行き届かない。

河原神社(豊受大神宮 摂社)

河原神社(豊受大神宮 摂社)

 

記録をさかのぼれば、前回のお参りはこちら、すでに2ヶ月が経過していた。これからは気候も良くなるので早起きしてお参りしようか!

【参考】

 

太陽はすでに高度を上げていたが

河原神社(豊受大神宮 摂社)

河原神社(豊受大神宮 摂社)

 

社叢の中には木漏れ日が落ちる程度で

河原神社(豊受大神宮 摂社)

河原神社(豊受大神宮 摂社)

 

薄暗い。

河原神社(豊受大神宮 摂社)、毛理神社(同末社)を同座

河原神社(豊受大神宮 摂社)、毛理神社(同末社)を同座

 

お参りを終えるとかなり傷みの激しい玉垣御門をパチリ・

河原神社(豊受大神宮 摂社)、毛理神社(同末社)を同座

河原神社(豊受大神宮 摂社)、毛理神社(同末社)を同座

 

河原神社(豊受大神宮 摂社)、毛理神社(同末社)を同座

河原神社(豊受大神宮 摂社)、毛理神社(同末社)を同座

 

河原神社で最も気になる存在はなんと言っても

新御敷地、河原神社(豊受大神宮 摂社)

新御敷地、河原神社(豊受大神宮 摂社)

 

新御敷地の中央に置かれているこの石だ。清掃している方にこの石の意味や謂れを確認してもよくわからないそうだ。

新御敷地、河原神社(豊受大神宮 摂社)

新御敷地、河原神社(豊受大神宮 摂社)

 

そう言えば、伊雜宮の所管社である佐美長神社の古殿地にも同様の石が置かれており、疑問に思ったので志摩市歴史民俗資料館経由で伊雑宮に問い合わせて頂いたところ「神様が居られた場所の印で名前はない」とのことだった。この石も同様のものなのだろう・・・。なぜに数ある摂社・末社・所管社のなかでこの2社のみに石が残されているのだろうか? やはりこの疑問が解かれることは無いのだろうか?

【参考】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*