御塩浜では採鹹作業が開始されていたが、今夜は台風が・・・

2019年07月26日(金) 御塩浜では採鹹作業が開始されていたが、今夜は台風が・・・ (車)

今年は梅雨が長く続き、現時点でも東海地方は梅雨明け宣言が出ていない。例年では夏の土用(今年は7月22日)付近になると伊勢市二見町西にある御塩浜において、神宮の塩作り(採鹹作業)が開始される。

※採鹹作業と御塩: 採鹹作業は文字通り、鹹水(塩分濃度の濃い塩水)を作る作業であり、こちらでは汽水域にある塩分濃度の薄い海水を入浜式塩田に引き込み太陽の力を借りて塩分濃度が高められる。御塩浜で採られた鹹水は樽に詰められると御塩殿神社にある御塩汲入所へ運ばれ、御塩焼所にて荒塩にされる。さらには御塩殿にて完成形である三角錘の御塩(堅塩)に焼き固められる。この堅塩が神宮の祭典にて御饌に供されるとともに修祓での清めに用いられる。

 

2週間前に御塩浜を訪れた際には、採鹹作業が開始される気配すらも感じられなかった。

【参考】

 

その後も雨がちでいつになった採鹹作業が開始されるのだろう?と心配になっていたところ、昨日にFBFが御塩浜での採鹹作業の写真をアップしていた。

 

出勤前に、昨年の経過を思い出しながら

【参考】

 

御塩浜へ向かうと、御塩浜はこんな様子だった。

採鹹作業が開始されていた御塩浜(伊勢市二見町西)

採鹹作業が開始されていた御塩浜(伊勢市二見町西)

 

採鹹作業は開始され、すでに鹹水が得られたのだろうか。二本の樽を確認することができた。

鹹水を詰める樽が二本、御塩浜(伊勢市二見町西)

鹹水を詰める樽が二本、御塩浜(伊勢市二見町西)

 

しかしながら、昨年は7月16日時点で、すでに四本の樽が並べられていた。

今夜から台風が東海地方を通過するようだし、採鹹作業は8月の上旬までかかるだろうか。

すると、御塩焼所での荒塩作りは例年よりもかなり後になる・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です