昨夜には稲荷講の寒参り、坂社・今社・須原大社・月夜見宮にて

2020年01月19日(日) 昨夜には稲荷講の寒参り、坂社・今社・須原大社・月夜見宮にて (車、徒歩)

午後1時からは伊勢図書館で伊勢古文書同好会の勉強会が実施されたため、1時間ほど早めに到着し周辺のお稲荷さんを巡った。

そろそろ稲荷講の寒参りが実施される時期だが、先週に巡った時には今年の「寒中御見舞」札を目にすることは無かった。

【参考】

 

少しの期待を胸に、まずは図書館前にある坂社へ向かうと

坂社・坂之森稲荷社(伊勢市八日市場町)

坂社・坂之森稲荷社(伊勢市八日市場町)

 

その境内社である坂之森稲荷社へ。

坂之森稲荷社(伊勢市八日市場町)

坂之森稲荷社(伊勢市八日市場町)

 

すると、貼り紙所には

貼り紙所、坂之森稲荷社(伊勢市八日市場町)

貼り紙所、坂之森稲荷社(伊勢市八日市場町)

 

令和二年の「寒中御見舞」札が貼られているではないか。

昨夜に貼られた「寒中御見舞」札、坂之森稲荷社(伊勢市八日市場町)

昨夜に貼られた「寒中御見舞」札、坂之森稲荷社(伊勢市八日市場町)

 

寒中御見舞
令和二年一月十八日
筋向橋商店会
青年部

 

まさに今年の「寒中御見舞」札だった。昨夜、筋向橋商店会 青年部の稲荷講により寒参りが実施されたのだろう。(しかし、京町稲荷講奉賛会はまだ。)

 

続いては今社へ向かった。

今社(伊勢市宮町)

今社(伊勢市宮町)

 

こちらにも境内社としてお稲荷さん、

今社・清川稲荷大明神(伊勢市宮町)

今社・清川稲荷大明神(伊勢市宮町)

 

清川稲荷大明神がまつられている。鳥居をくぐり抜けて

清川稲荷大明神(伊勢市宮町)

清川稲荷大明神(伊勢市宮町)

 

拝殿に立つとその右手には「寒中御見舞」札が・・・

昨夜に貼られた「寒中御見舞」札、清川稲荷大明神(伊勢市宮町)

昨夜に貼られた「寒中御見舞」札、清川稲荷大明神(伊勢市宮町)

 

ここでも坂之森稲荷社と同様に筋向橋商店会 青年部のものだけが新しくなっていた。

昨夜に貼られた「寒中御見舞」札、清川稲荷大明神(伊勢市宮町)

昨夜に貼られた「寒中御見舞」札、清川稲荷大明神(伊勢市宮町)

 

京町稲荷講奉賛会と河崎吉家講は来週だろうか?

 

その後、「修繕状況を確認できるかも?」と期待しながら旧御師 丸岡宗大夫邸を訪れたが休工のために長屋門は閉ざされていた。(日曜日だから・・・)

丸岡宗大夫邸を後にすると須原大社へ向かう途中で、いつも気になっている民家の塀の上から見える朱の鳥居を・・・。

民家の敷地内のお稲荷さん(伊勢市一之木?)

民家の敷地内のお稲荷さん(伊勢市一之木?)

 

こちらにも稲荷講はお参りしているのだろうか?(一度はお参りしてみたいものだ。)

民家の敷地内のお稲荷さん(伊勢市一之木?)

民家の敷地内のお稲荷さん(伊勢市一之木?)

 

いつものように鳥居の笠木を眺めるだけで通り過ぎると須原大社へたどり着いた。

須原大社(伊勢市一之木)

須原大社(伊勢市一之木)

 

社務所前からこちらの鳥居を抜けるとその先が須原稲荷神社。

須原稲荷神社(伊勢市一之木)

須原稲荷神社(伊勢市一之木)

 

拝殿の右手の柱には、

昨夜に貼られた「寒中御見舞」札、須原稲荷神社(伊勢市一之木)

昨夜に貼られた「寒中御見舞」札、須原稲荷神社(伊勢市一之木)

 

筋向橋商店会 青年部の令和二年が貼られていた。

昨夜に貼られた「寒中御見舞」札、須原稲荷神社(伊勢市一之木)

昨夜に貼られた「寒中御見舞」札、須原稲荷神社(伊勢市一之木)

 

さらに、その反対側(左側)には

昨夜に?貼られた「寒中御見舞」札、須原稲荷神社(伊勢市一之木)

昨夜に?貼られた「寒中御見舞」札、須原稲荷神社(伊勢市一之木)

 

別の令和二年が貼られていた。(日付は記されていないが、昨夜の土曜日だろうか?)

昨夜に?貼られた「寒中御見舞」札、須原稲荷神社(伊勢市一之木)

昨夜に?貼られた「寒中御見舞」札、須原稲荷神社(伊勢市一之木)

 

令和二年一月

寒中御見舞 本町協友会

 

須原大社にもお参りを終えると

須原大社(伊勢市一之木)

須原大社(伊勢市一之木)

 

こちらを後にして月夜見宮へ向かった。

須原稲荷神社・須原大社(伊勢市一之木)

須原稲荷神社・須原大社(伊勢市一之木)

 

豊受大神宮の別宮である月夜見宮へなぜに訪れるのか?

月夜見宮(豊受大神宮 別宮)

月夜見宮(豊受大神宮 別宮)

 

実は、こちらには神宮とは関係がないもののお稲荷さんがまつられているからだった。

月夜見稲荷大神への参道(月夜見宮)

月夜見稲荷大神への参道(月夜見宮)

 

【参考】

 

月夜見宮および高河原神社へお参りを済ませると月夜見稲荷大神への参道を進んだ。

月夜見稲荷大神(月夜見宮)

月夜見稲荷大神(月夜見宮)

 

お参りの際、賽銭箱の奥に供えられた

月夜見稲荷大神(月夜見宮)

月夜見稲荷大神(月夜見宮)

 

油揚げが目に入った。さらにその奥には白鷹の小瓶が添えられていた。しかし注目したのは「油揚げ」。もしかすると稲荷講が訪れたのかも・・・。

油揚げと白鷹のお供え、月夜見稲荷大神(月夜見宮)

油揚げと白鷹のお供え、月夜見稲荷大神(月夜見宮)

 

そして、振り返ったところこんな所に

昨夜に?貼られた「寒中御見舞」札、月夜見稲荷大神(月夜見宮)

昨夜に?貼られた「寒中御見舞」札、月夜見稲荷大神(月夜見宮)

 

「寒中御見舞」札を見つけた。これは本町協友会のものだった。

昨夜に?貼られた「寒中御見舞」札、月夜見稲荷大神(月夜見宮)

昨夜に?貼られた「寒中御見舞」札、月夜見稲荷大神(月夜見宮)

 

それに気を良くした私は外宮へも訪れてみた。

外宮 表参道

外宮 表参道

 

外宮でも以前は「寒中御見舞」札を見かけた。(最近でも稲荷講は夜間にお参りはさせていただき札を貼るが、すぐに剥がされてしまうと聞く)

【参考】

 

大津神社前の大楠付近に「寒中御見舞」札の痕跡はなかった。

大津神社前の大楠付近(外宮)

大津神社前の大楠付近(外宮)

 

また、北御門参道の

北御門参道脇(外宮)

北御門参道脇(外宮)

 

こちらの石には

北御門参道脇(外宮)

北御門参道脇(外宮)

 

「寒中御見舞」札に塗られた糊の跡のようなものが・・・

「寒中御見舞」札が貼られた跡亜残る石、北御門参道脇(外宮)

「寒中御見舞」札が貼られた跡亜残る石、北御門参道脇(外宮)

 

この時と同様に消えた・・・だったのかも知れない。

【参考】

 

来週にはさらに多数の「寒中御見舞」札を目にすることができるだろう。

また、お稲荷さんを巡るシーズンがやって来た。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です