仮殿が建てられていた棒原神社(皇大神宮 摂社)

2020年05月16日(土) 仮殿が建てられていた棒原神社(皇大神宮 摂社) (車、徒歩)

約2週間ぶりに棒原神社(皇大神宮 摂社)を訪れた。

JR参宮線 前川踏切で棒原神社の社叢を遠望してから

JR参宮線 前川踏切から望む棒原神社の社叢

JR参宮線 前川踏切から望む棒原神社の社叢

 

参道へと続く階段へ。すると階段下には見慣れない建物?(これは摂社や末社の造替・修繕時に仮設されるトイレだった。)それは修繕工事が開始されることを意味していた。

棒原神社(皇大神宮 摂社)

棒原神社(皇大神宮 摂社)

 

なぜに修繕であるのか?についてはこちらを

【参考】

 

下の階段を上ると水平道が交差し制札が立てられている。そこからさらに階段を進むと

棒原神社(皇大神宮 摂社)

棒原神社(皇大神宮 摂社)

 

視線の先、右手方向には小ぶりな社殿。

仮殿が建てられていた棒原神社(皇大神宮 摂社)

仮殿が建てられていた棒原神社(皇大神宮 摂社)

 

前回の訪問時はこんな感じだった。

2020年05月03日時点

棒原神社(皇大神宮 摂社)2020年05月03日時点

棒原神社(皇大神宮 摂社)

 

ついに仮殿が建てられていた。

仮殿が建てられていた棒原神社(皇大神宮 摂社)

仮殿が建てられていた棒原神社(皇大神宮 摂社)

 

しかし、仮殿へは近づけないように縄が張られていた。

仮殿が建てられていた棒原神社(皇大神宮 摂社)

仮殿が建てられていた棒原神社(皇大神宮 摂社)

 

つまり、仮殿への御遷座はまだのようだ。来週にでも斎行されることだろう。

それにしてもこの階段に仮設などはない。仮殿の御用材はいかにして運ばれたのだろうか?

修繕が開始される棒原神社(皇大神宮 摂社)

修繕が開始される棒原神社(皇大神宮 摂社)

 

棒原神社を後にすると社叢の周囲を巡った。

棒原神社(皇大神宮 摂社)の社叢遠望

棒原神社(皇大神宮 摂社)の社叢遠望

 

半周ほどすると、社叢に伊勢本街道が接する

棒原神社の社叢に接する伊勢本街道(度会郡玉城町上田辺)

棒原神社の社叢に接する伊勢本街道(度会郡玉城町上田辺)

 

この付近でそのルートを見つけた。

棒原神社の社叢に接する伊勢本街道(度会郡玉城町上田辺)

棒原神社の社叢に接する伊勢本街道(度会郡玉城町上田辺)

 

仮殿の御用材はここから小型運搬車で運ばれたようだ。

棒原神社の社叢に接する伊勢本街道(度会郡玉城町上田辺)

棒原神社の社叢に接する伊勢本街道(度会郡玉城町上田辺)

 

遠望しているだけではその変化は何もわからない。

棒原神社(皇大神宮 摂社)の社叢遠望

棒原神社(皇大神宮 摂社)の社叢遠望

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です