2010年〜2013年の記録は『神宮巡々』を、2014年〜2017年の記録は『神宮巡々2』をご覧ください。

仮殿御遷座を終え大修繕が開始された河原淵神社(豊受大神宮 摂社)

2018年02月09日(金) 仮殿御遷座を終え大修繕が開始された河原淵神社(豊受大神宮 摂社) (車、徒歩)

2月7日に仮殿御遷座を終えた河原淵神社(豊受大神宮 摂社)。翌朝に訪れたところ、次のようにテントは残された状態で、社頭には賽銭のために置かれた折敷が残されていた。仮殿御遷座は斎行されなかったのかと勘違いしてしまうほどの状況だったが、冷静に考えれば祭典終了後はすでに暗くなり片付けることができなかったのだろう。

2018年02月08日(木)時点

仮殿御遷座の翌朝、河原淵神社(豊受大神宮 摂社)

仮殿御遷座の翌朝、河原淵神社(豊受大神宮 摂社)

 

賽銭のために置かれた折敷、河原淵神社(豊受大神宮 摂社)

賽銭のために置かれた折敷、河原淵神社(豊受大神宮 摂社)

 

そして、仮殿御遷座の二日後の今朝、改めて河原淵神社を訪れたところ

仮殿御遷座を終え大修繕が開始された河原淵神社(豊受大神宮 摂社)

仮殿御遷座を終え大修繕が開始された河原淵神社(豊受大神宮 摂社)

 

テント類は全て片付けられ、

仮殿御遷座を終え大修繕が開始された河原淵神社(豊受大神宮 摂社)

仮殿御遷座を終え大修繕が開始された河原淵神社(豊受大神宮 摂社)

 

賽銭のための折敷は仮殿の前へと移動されていた。まずは仮殿にてお参り。

賽銭のために仮殿前に置かれた折敷、河原淵神社(豊受大神宮 摂社)

賽銭のために仮殿前に置かれた折敷、河原淵神社(豊受大神宮 摂社)

 

さらに仮殿御遷座を終えた殿舎の周囲には足場が組まれていた。

大修繕が開始された河原淵神社(豊受大神宮 摂社)

大修繕が開始された河原淵神社(豊受大神宮 摂社)

 

傷みが激しかった殿舎や玉垣はこれからどのような変身を遂げるのだろうか。

大修繕が開始された河原淵神社(豊受大神宮 摂社)

大修繕が開始された河原淵神社(豊受大神宮 摂社)

 

船江上社と続く参道も元の状態を取り戻していた。

船江上社から望む河原淵神社(豊受大神宮 摂社)方向

船江上社から望む河原淵神社(豊受大神宮 摂社)方向

 

【河原淵神社(豊受大神宮 摂社)の御遷座まで】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*