2010年〜2013年の記録は『神宮巡々』を、2014年〜2017年の記録は『神宮巡々2』をご覧ください。

積良集会所前の辨財天ほか(度会郡玉城町積良)

2018年04月07日(土) 積良集会所前の辨財天ほか(度会郡玉城町積良) (車、徒歩)

度会郡玉城町積良での散策を終えて積良集会所へ戻ってきた。この位置からは津布良神社(皇大神宮 末社)の社叢が目の前に望める。

積良集会所付近からの津布良神社の社叢遠望

積良集会所付近からの津布良神社の社叢遠望

 

この位置とは集会所駐車場の入口にまつられている庚申祠の前である。

 

積良集会所付近の庚申祠(度会郡玉城町積良)

積良集会所付近の庚申祠(度会郡玉城町積良)

 

その祠にはこちらの青面金剛像。

積良集会所付近の青面金剛像(度会郡玉城町積良)

積良集会所付近の青面金剛像(度会郡玉城町積良)

 

さらに集会所の方へ進むと敷地の奥にはお堂のような建物がある。何度か訪れたことがあるが・・・。

積良集会所前の辨財天(度会郡玉城町積良)

積良集会所前の辨財天(度会郡玉城町積良)

 

お参りの際に扁額を見あげるとそこには「辨財天」の文字が書かれていた。これは玉城町ににある弁天堂だろうか。さらに「辨財天・・・?」、私の中でつい先程に見かけた石柱が思い出された。

積良集会所前の辨財天(度会郡玉城町積良)

積良集会所前の辨財天(度会郡玉城町積良)

 

それは山宮神事(山宮祭)の遺蹟を探し、全く関係がない大内谷池を一周してしまった後のことだった。

大内谷池を見下ろす場所に建てられた「辨財天」の石柱

大内谷池付近(度会郡玉城町積良)

大内谷池付近(度会郡玉城町積良)

 

大内谷池付近に建つ辨財天の石柱(度会郡玉城町積良)

大内谷池付近に建つ辨財天の石柱(度会郡玉城町積良)

 

【参考】 山宮神事の遺蹟、見つけられず(度会郡玉城町積良) 2018年04月07日

 

今回は徒労に終わった山宮神事(山宮祭)の遺蹟探しだったが、無駄なことは何もないことを実感しながら大内谷池の方向を眺めた。

積良集会所前の辨財天にて(度会郡玉城町積良)

積良集会所前の辨財天にて(度会郡玉城町積良)

 

また、辨財天の隣にはこのようは鬼瓦などが並べられていた。

積良集会所前の置かれている鬼瓦ほか(度会郡玉城町積良)

積良集会所前の置かれている鬼瓦ほか(度会郡玉城町積良)

 

なんとも年季が入った様子で

積良集会所前の置かれている鬼瓦ほか(度会郡玉城町積良)

積良集会所前の置かれている鬼瓦ほか(度会郡玉城町積良)

 

これらの中にこのように文字が刻されているものがあった。

積良集会所前の置かれている鬼瓦ほか(度会郡玉城町積良)

積良集会所前の置かれている鬼瓦ほか(度会郡玉城町積良)

 

山田上之郷久留

 

積良集会所前の置かれている鬼瓦ほか(度会郡玉城町積良)

積良集会所前の置かれている鬼瓦ほか(度会郡玉城町積良)

 

?禄九年子三月吉日

とあり、「禄」が付き9年で子年の元号は「元禄」だ。

つまり、元禄9年(1696)の3月に現伊勢市の瓦師(鬼師)により作られたものだった。

 

ただし、弁天堂から少し離れた場所に残されたこちらの巨大な鬼瓦には銘などは残されていなかった。

積良集会所前に辨財天と鬼瓦(度会郡玉城町積良)

積良集会所前に辨財天と鬼瓦(度会郡玉城町積良)

 

この場所についてもまだまだ調べるべきことが多い。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*