2010年〜2013年の記録は『神宮巡々』を、2014年〜2017年の記録は『神宮巡々2』をご覧ください。

再び姿を現した小型重機、津布良神社(皇大神宮 末社)

2018年04月21日(土) 再び姿を現した小型重機、津布良神社(皇大神宮 末社) (車、徒歩)

今週も、御造替が進められている津布良神社(皇大神宮 末社)を訪れた。

津布良神社(皇大神宮 末社)

津布良神社(皇大神宮 末社)

 

社叢を取り巻くように続く参道、手すりのある坂道を進むと

津布良神社(皇大神宮 末社)

津布良神社(皇大神宮 末社)

 

登り詰めた付近でキャタピラの跡を見つけた。が、この時はあまり気にせずに

参道に残されたキャタピラの跡、津布良神社(皇大神宮 末社)

参道に残されたキャタピラの跡、津布良神社(皇大神宮 末社)

 

振り返ってパチリ。

津布良神社(皇大神宮 末社)付近の風景

津布良神社(皇大神宮 末社)付近の風景

 

右手に広がる柿畑を眺めながら進むと

津布良神社(皇大神宮 末社)付近の風景

津布良神社(皇大神宮 末社)付近の風景

 

いつものようにこちらの石階を登った。

津布良神社(皇大神宮 末社)

津布良神社(皇大神宮 末社)

 

その先には簀屋根が見える。今も御造替が進められているのだろう。

御造替が続けられる津布良神社(皇大神宮 末社)

御造替が続けられる津布良神社(皇大神宮 末社)

 

しかし、ここで先週との違いを見つけた。

御造替が続けられる津布良神社(皇大神宮 末社)

御造替が続けられる津布良神社(皇大神宮 末社)

 

先週には一度姿を消していた小型重機が再びこの場所へ戻っていたのだった。(何號機かは不明だが、)

再び姿を現した小型重機、津布良神社(皇大神宮 末社)

再び姿を現した小型重機、津布良神社(皇大神宮 末社)

 

お参りを終えてから広い社地をぶらぶら。

津布良神社(皇大神宮 末社)にて

津布良神社(皇大神宮 末社)にて

 

今日は来たルートとは異なる参道を進もうと鳥居の脇からよく踏まれた小道へ入った。地元の方はここを通るのだろうか?
振り返ってのパチリ。

御造替が続けられる津布良神社(皇大神宮 末社)

御造替が続けられる津布良神社(皇大神宮 末社)

 

するとこんな所に木の根が剥がされた場所を見つけた。誰の仕業??? もしかしたら小型重機?

参道に残されたキャタピラの跡、津布良神社(皇大神宮 末社)

参道に残されたキャタピラの跡、津布良神社(皇大神宮 末社)

 

周囲を調べると参道から外れた場所にキャタピラ跡を見つけ、その先を追いかけるとこんなところへ続いていた。すると小型重機はここから石段を越えて・・・

参道から外れた場所に残されたキャタピラの跡、津布良神社(皇大神宮 末社)

参道から外れた場所に残されたキャタピラの跡、津布良神社(皇大神宮 末社)

 

この跡を見つけたからには、先ほどキャタビラ跡を見かけた坂道上部からのルートが気になる。殿舎から遠ざかる方向にもキャタピラ跡を追いかけると参道から右方向へと外れ、木々の間を右へ左へと続いていた。振り返ればこんな場所。

御造替が続けられる津布良神社(皇大神宮 末社)

御造替が続けられる津布良神社(皇大神宮 末社)

 

さらにその跡を追いかけると

参道から外れた場所に残されたキャタピラの跡、津布良神社(皇大神宮 末社)

参道から外れた場所に残されたキャタピラの跡、津布良神社(皇大神宮 末社)

 

この場所まで続いていた。

小型重機が移動したと思われるルート、津布良神社(皇大神宮 末社)

小型重機が移動したと思われるルート、津布良神社(皇大神宮 末社)

 

この場所とは先程の坂道上部付近だった。

小型重機が移動したと思われるルート、津布良神社(皇大神宮 末社)

小型重機が移動したと思われるルート、津布良神社(皇大神宮 末社)

 

再び姿を現した小型重機は坂道を登り、この付近から・・・

参道に残されたキャタピラの跡、津布良神社(皇大神宮 末社)

参道に残されたキャタピラの跡、津布良神社(皇大神宮 末社)

 

伊勢市二見町松下に鎮座する神前神社は石階しか無いので、「どうするのだろう?」と思いながら

津布良神社(皇大神宮 末社)付近の風景

津布良神社(皇大神宮 末社)付近の風景

 

津布良神社を後にした。

参道に残されたキャタピラの跡、津布良神社(皇大神宮 末社)

参道に残されたキャタピラの跡、津布良神社(皇大神宮 末社)

 

【津布良神社(皇大神宮 末社)の御遷座まで】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*