大嘗祭当日祭(外宮)

2019年11月14日(木) 大嘗祭当日祭(外宮) (車、徒歩)

天皇陛下は例年11月23日、天照大御神をはじめ天神地祇に新穀をお供えし、神恩を感謝するとともに自らも神々とそれらを食し、五穀豊穣と国家と国民の安寧を祈られる。

なかでも、即位の礼の後に初めて斎行される新嘗祭は大嘗祭と称され、特別に設営された祭場にて秘事とされる大嘗宮の儀が執り行われる。これは天皇陛下にとって一世一代のもっとも重要な儀式である。

令和の大嘗祭は、11月14日から15日にかけ皇居東御苑に設営された祭場「大嘗宮」にて斎行された。

この重儀に先立ち、伊勢神宮においては皇祖神である天照大御神に対して大嘗祭の斎行を報告する「大嘗祭当日祭」が執り行われた。

大嘗祭当日祭 11月14日(木)

豊受大神宮
 大御饌 午前 4時 奉幣 午前 7時 
皇大神宮
 大御饌 午前11時 奉幣 午後 2時

 

大嘗祭当日祭には、天皇陛下の代理となる勅使が11月8日に皇居 宮殿「竹の間」にて執り行われた勅使発遣の儀により神宮へ差遣された。なお、今回も「即位礼及び大嘗祭期日奉告祭」と同様、勅使は束帯に太刀を佩(は)き威儀を正して臨まれた。

【参考】

 

今回の私の注目点は、祭典そのものに加え、先に紹介した勅使が佩く太刀、さらには先日の下御糸巡りの際に畠田神社で見かけた伊勢神宮カケチカラ会による懸税を確認することでもあった。

【参考】

 

外宮における大嘗祭当日祭 奉幣の儀の様子をお伝えしよう。

祭典の開始30分前には外宮へ到着。

外宮

外宮

 

表参道の火除橋脇に設置された祭典看板にて

大嘗祭当日祭(外宮)

大嘗祭当日祭(外宮)

 

大嘗祭当日祭の斎行を確認する。

大嘗祭当日祭(外宮)

大嘗祭当日祭(外宮)

 

まずは正宮へお参りするために参道を進んでいると古殿地の奥に明かりが望めた。あれは忌火屋殿である。

忌火屋殿(外宮)

忌火屋殿(外宮)

 

お参りを終えてこの場所で待機していると小ぶりな・・・、御鑰と御匙が納められているのだろうか。

大嘗祭当日祭(外宮)

大嘗祭当日祭(外宮)

 

報鼓が鳴らされ、奉幣の儀の開始が告げられた。

大嘗祭当日祭(外宮)

大嘗祭当日祭(外宮)

 

本日は雨儀となり、修祓は第二鳥居前ではなく、五丈殿にて執り行われた。

大嘗祭当日祭(外宮)

大嘗祭当日祭(外宮)

 

修祓を終えると大庭を後に、参進の列がこちらへ近づいてくる。

大嘗祭当日祭(外宮)

大嘗祭当日祭(外宮)

 

大嘗祭当日祭(外宮)

大嘗祭当日祭(外宮)

 

天皇陛下の代理である勅使、祭主、大宮司・・・・と続く。

大嘗祭当日祭(外宮)

大嘗祭当日祭(外宮)

 

ただし、先頭は幣帛が納められた辛櫃である。

大嘗祭当日祭(外宮)

大嘗祭当日祭(外宮)

 

この辛櫃は例年の新嘗祭に比べ大ぶりに感じたが、それは膨張色である油単のせいだろうか? それとも特別版の新嘗祭であるために幣帛の量が多いのだろうか? その真相は・・・

大嘗祭当日祭(外宮)

大嘗祭当日祭(外宮)

 

【参考】

 

そして、こちらが太刀を佩いた勅使である。

大嘗祭当日祭(外宮)

大嘗祭当日祭(外宮)

 

多くの神職が・・・

大嘗祭当日祭(外宮)

大嘗祭当日祭(外宮)

 

大嘗祭当日祭(外宮)

大嘗祭当日祭(外宮)

 

勅使が太刀を腰から取り外す間、参進の列は停止していた。

大嘗祭当日祭(外宮)

大嘗祭当日祭(外宮)

 

参進の列が正宮へ入られるのを確認すると私は別宮へ向かった。それは伊勢神宮カケチカラ会による懸税を確認するためである。

大嘗祭当日祭(外宮)

大嘗祭当日祭(外宮)

 

ワクワクしながら多賀宮への石階を進むと

多賀宮への石階(外宮)

多賀宮への石階(外宮)

 

多賀宮の瑞垣に

瑞垣に懸税が掛けられた多賀宮(外宮)

瑞垣に懸税が掛けられた多賀宮(外宮)

 

伊勢神宮カケチカラ会による懸税が掛けられていた。

瑞垣に懸税が掛けられた多賀宮(外宮)

瑞垣に懸税が掛けられた多賀宮(外宮)

 

瑞垣に懸税が掛けられた多賀宮(外宮)

瑞垣に懸税が掛けられた多賀宮(外宮)

 

続いて土宮にも。

瑞垣に懸税が掛けられた土宮(外宮)

瑞垣に懸税が掛けられた土宮(外宮)

 

瑞垣に懸税が掛けられた土宮(外宮)

瑞垣に懸税が掛けられた土宮(外宮)

 

瑞垣に懸税が掛けられた土宮(外宮)

瑞垣に懸税が掛けられた土宮(外宮)

 

さらには、風宮にも。

瑞垣に懸税が掛けられた風宮(外宮)

瑞垣に懸税が掛けられた風宮(外宮)

 

瑞垣に懸税が掛けられた風宮(外宮)

瑞垣に懸税が掛けられた風宮(外宮)

 

瑞垣に懸税が掛けられた風宮(外宮)

瑞垣に懸税が掛けられた風宮(外宮)

 

風宮を後にして正宮へ戻ろうとしたところ、多賀宮へと幣帛が運ばれて行った。

多賀宮へと運ばれる辛櫃、大嘗祭当日祭(外宮)

多賀宮へと運ばれる辛櫃、大嘗祭当日祭(外宮)

 

秋の気配を感じながら

大嘗祭当日祭(外宮)

大嘗祭当日祭(外宮)

 

正宮へ進むと外玉垣にて奉幣の儀を拝観した。雨儀のおかげだろう、目の前の四丈殿から天皇陛下のお言葉である御祭文を奏上する勅使の声が微かに聞こえたような。(空耳かもしれないが)

大嘗祭当日祭(外宮)

大嘗祭当日祭(外宮)

 

大嘗祭当日祭(外宮)

大嘗祭当日祭(外宮)

 

一時間を越える充実した祭典が終盤を迎えると

大嘗祭当日祭(外宮)

大嘗祭当日祭(外宮)

 

参道はクリアにされた。

大嘗祭当日祭(外宮)

大嘗祭当日祭(外宮)

 

しばらくすると正宮からの退下となったが、勅使が佩いていた太刀はひとりの神職の手に捧持されていた。

大嘗祭当日祭(外宮)

大嘗祭当日祭(外宮)

 

実は、こちらの神職は祭典の最中も外玉垣の外側で座しながら太刀を捧持していた。かれこれ一時間半、上半身はこの体勢を維持していることになる。大変だが、とても名誉なことだろう。

大嘗祭当日祭(外宮)

大嘗祭当日祭(外宮)

 

整然と進むこの列は

大嘗祭当日祭(外宮)

大嘗祭当日祭(外宮)

 

別宮遙拝所の先で、斎館へ退下する祭主一行と別宮へと向かう勅使一行に分かれた。

大嘗祭当日祭(外宮)

大嘗祭当日祭(外宮)

 

祭典は続いていたが、出勤時刻ぎりぎりまで粘っていた私は

大御饌の儀の名残を確認してから

大御饌の儀の名残、大嘗祭当日祭(外宮)

大御饌の儀の名残、大嘗祭当日祭(外宮)

 

会社へ急いだ。

外宮 表参道口

外宮 表参道口

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*