長期休館中のせんぐう館(外宮)は、いよいよ再開か?

2019年07月28日(日) 長期休館中のせんぐう館(外宮)は、いよいよ再開か? (徒歩)

外宮を訪れ、せんぐう館の前を通った。

勾玉池の畔に建てられたせんぐう館は2010年4月から2012年3月まで約2年をかけて建設された。2012年03月27日に竣工式を終えると多くの入館者を迎えてきた。しかし、2017年10月、台風21号による浸水被害があり復旧工事のために長期休館となり、現在も休館状態となっている。

【参考】

 

今も休館状態のせんぐう館ではあるが、その前を通った際、大きな変化を見かけた。

長期休館中のせんぐう館(外宮)

長期休館中のせんぐう館(外宮)

 

今まではせんぐう館に併設されている休憩所「休憩舎」へは入れたが、勾玉池に面したガラス窓には目隠しのシート(覆い)が掛けられていた。

2019年06月01日時点

せんぐう館 休憩舎(外宮)

せんぐう館 休憩舎(外宮)

 

ところが、本日は休憩舎へ入ることはできなかったものの、休憩舎のガラス窓から勾玉池を、奉納舞台を、せんぐう館を望むことができた。いよいよせんぐう館は再開されるのだろう。

勾玉池側の覆いが取り外されたせんぐう館の休憩舎(外宮)

勾玉池側の覆いが取り外されたせんぐう館の休憩舎(外宮)

 

休憩舎のガラス窓越しにせんぐう館を望むと

再開前に最初の入館者?、長期休館中のせんぐう館(外宮)

再開前に最初の入館者?、長期休館中のせんぐう館(外宮)

 

あれは、再開前に最初の入館者?だろうか。

再開前に最初の入館者?、長期休館中のせんぐう館(外宮)

再開前に最初の入館者?、長期休館中のせんぐう館(外宮)

 

あと3ヶ月もすれば長期休館は2年間となり、建設に要した期間と同じになってしまう。

再開も秒読みだろう。(これは私の私的な感覚だが・・・)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*