2010年〜2013年の記録は『神宮巡々』を、2014年〜2017年の記録は『神宮巡々2』をご覧ください。

今は榊を供える金具が無い新旧の鳥居、御造替が進められる御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

2018年07月16日(祝・月)  今は榊を供える金具が無い新旧の鳥居、御造替が進められる御塩殿神社(皇大神宮 所管社) (車、徒歩)

第4回 二見浦ビーチクリーン大作戦のために二見浦海岸へ向かう途中で御塩殿神社(皇大神宮 所管社)に立ち寄った。

御造替が進められる御塩殿神社には簀屋根が掛けられ工事の進捗を確認することはできない。それでも変化が気になり訪れてしまうものだ。今回の注目点は御塩殿神社にある二基の鳥居である。参道の入口にある鳥居は先日建て替えられた。御塩殿の前に立つもう1基はまだ建て替えられてはいない。しかしながら、現在のところ両鳥居には共に榊を供える金具が取り付けらていない。新しい参道入口の鳥居には未だに金具が取り付けられず、御塩殿前の鳥居については以前は取り付けてあった金具が今は外されている。そのため鳥居に供えられた榊を目にすることがなくなった。

新しい鳥居にその金具が取り付けられないのはなぜか?
すでに立っている鳥居からその金具が取り外されたのはなぜか?

 

まずは参道入口の鳥居を確認してから一揖の後、参道を進んだ。

御造替が進められる御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

御造替が進められる御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

 

御造替が進められる御塩殿神社および仮殿には変化が無さそうだ。

御造替が進められる御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

御造替が進められる御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

 

そしてこちらが2基目、御塩殿前の鳥居である。この鳥居の柱には金具を抜いた跡が残されている。そろそろ建て替えられるのだろうか。それとも御造替の間は榊をお供えしないのか?

御造替が進められる御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

御造替が進められる御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

 

疑問点を自問しながら仮殿にてお参りを済ませると二見浦海岸へ急いだ。

御造替が進められる御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

御造替が進められる御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

 

 

【御塩殿神社(皇大神宮 所管社)の御遷座まで】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*