「IWATA 6人展」@岩田商店 gallery(いなべ市北勢町阿下喜)

2019年05月03日(祝・金) 「IWATA 6人展」@岩田商店 gallery(いなべ市北勢町阿下喜) (近鉄、三岐鉄道、徒歩)

朝9時頃に西藤原駅を出発し巡見道、濃州道を歩いて訪れたのは、岩田商店 gallery(いなべ市北勢町阿下喜)。

次の公募展が開催されている。

「IWATA 6人展」@岩田商店 gallery

前期
2019.4.27 Sat – 5.12 Sun
荻野 良樹、 木工房 ベル、 Jun Akiho

後期
2019.5.18 Sat – 6.2 Sun
コデ、 山口 智優、 Ryo Tabata

 

open 11:00 〜 17:00 (最終日 15:00迄)
close 水曜日、木曜日

【参考】 岩田商店 gallery | Instagram

 

前期では、写真好学研究所の仲間である荻野 良樹さんが「土のにおい」をテーマとした写真を展示している。

 

濃州道を歩いてたどり着いた牛馬坂の上にあった「岩田商店 gallery」を訪れると

牛馬坂(ぎゅうばざか)[12]

牛馬坂(ぎゅうばざか)[12]

道路側に開かれたウィンドウ越しにしっかりとホワイトキューブの展示スペースを覗き見することができる。

岩田商店 gallery(いなべ市北勢町阿下喜)

岩田商店 gallery(いなべ市北勢町阿下喜)

 

こちらが岩田商店 galleryの全景で

岩田商店 gallery(いなべ市北勢町阿下喜)

岩田商店 gallery(いなべ市北勢町阿下喜)

 

入口も全面がガラス張りとなっている。入口に置かれた[open]のシルバー看板は風に揺られながら周囲の風景をゆらゆらと映し込んでいた。

岩田商店 gallery(いなべ市北勢町阿下喜)

岩田商店 gallery(いなべ市北勢町阿下喜)

 

展示スペースの入口には次の案内が掲げられていた。

IWATA 6人展の前期

01 荻野 良樹

光と影
自然と人間
常世と現世

風景の中に存在する
境界を探して
三重県内を拠点に写真活動中
三重県鈴鹿市出身

02 木工房ベル 鈴木 健太

「木の温もりを感じられる暮らしを。」
自然のままの木の色、模様や匂い…
木が持っている温もりを
暮らしに取り入れてみませんか?
三重県桑名市在住

03 Jun Akiho

木彫槐の会主宰 森井公正師に師事。
音楽家の印象的な演奏シーンの姿を
主に制作する一方、自分の気持ちに素直に
生きている人を応援すべく「まっすぐな人」
木彫人形をシリーズとして制作・販売中。
愛知県名古屋在住

※ Gallery 内での写真撮影、ネットへの公開については許可を得た。(基本的にはOKとのこと)

 

その内部はこんな感じ。正面に荻野 良樹さんの作品が展示され、その前面両側にはJun Akihoさんの作品が。

「IWATA 6人展」@岩田商店 gallery

「IWATA 6人展」@岩田商店 gallery

 

立体造形も好きな私は、Jun Akihoの作品で

「IWATA 6人展」@岩田商店 gallery

「IWATA 6人展」@岩田商店 gallery

 

好きなビューを探してしまった。

「IWATA 6人展」@岩田商店 gallery

「IWATA 6人展」@岩田商店 gallery

 

「IWATA 6人展」@岩田商店 gallery

「IWATA 6人展」@岩田商店 gallery

 

そして、こちらが荻野 良樹 写真展「土のにおい」である。

「IWATA 6人展」@岩田商店 gallery

「IWATA 6人展」@岩田商店 gallery

 

荻野さんは地元の鈴鹿を散策していて山の神を見つけその存在に惹かれた。山の神を巡るなかで「土のにおい」をテーマとする写真の展示に至ったそうだ。まだまだ、山の神に対する邂逅を続けるそうで、知識の習得にも貪欲な様子だった。

今回、山の神について私も質問を受けたが一般的な話しかできず、自身の知識の浅さを思い知った。ただ、山の神と関係の深い田の神について、鹿児島や宮崎の例を説明したので「田の神」(たのかんさぁ)についての記録リンクを示しておこう。

【参考】

また、山の神から田の神に話題が飛んだついでに、田の神について考えれば神宮神田での御稲づくりにも御田の神が関わっている。

【参考】

帰宅後にさまざまに調べ直していたらさらなる知識の浅さを実感してしまったので、早速「吉野裕子全集 第8巻 山の神|神々の誕生」を買い求めてしまった。

 

話題を展示内容に戻すと、こちらが一段高くなったフロアーに展示されている木工房ベル 鈴木 健太さんの作品群だ。

「IWATA 6人展」@岩田商店 gallery

「IWATA 6人展」@岩田商店 gallery

 

「IWATA 6人展」@岩田商店 gallery

「IWATA 6人展」@岩田商店 gallery

 

また、Jun Akihoさんの「まっすぐな人」ではそのバリエーションに惹かれるとともに、細く伸びる立ち姿、さらには垂らした両手の拳が直角に曲がっているその形状に大いに惹かれてしまった。

「IWATA 6人展」@岩田商店 gallery

「IWATA 6人展」@岩田商店 gallery

 

荻野さんには新たな来客が訪れたので、

「IWATA 6人展」@岩田商店 gallery

「IWATA 6人展」@岩田商店 gallery

 

私は岩田商店 galleryを後にした。

岩田商店 gallery(いなべ市北勢町阿下喜)

岩田商店 gallery(いなべ市北勢町阿下喜)

 

本ギャラリーはホワイトキューブであるが、道路側が前面ガラス張りの面白い展示スペースである。光を透過させる展示など面白い表現が考えられる。

 

とにかく「百聞は一見にしかず。」の言葉を借りれば「百見は一感にしかず。」

いくら私の写真を眺めてもそれは視覚での感覚(一感)でしかない。現場には体感(多感)が待ってくれている。

ぜひとも、現場を訪れてみては!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*