残るは三基の鳥居、地元寄進による二回目の修繕工事、御食神社(豊受大神宮 摂社)

2021年09月04日(土) 残るは三基の鳥居、地元寄進による二回目の修繕工事、御食神社(豊受大神宮 摂社) (車、徒歩)

第62回神宮式年遷宮に関連する修繕工事を終えた御食神社(豊受大神宮 摂社)では、地元の寄進による修繕工事が進められている。その対象は、伊勢神宮の摂社で珍しい、いやここにしかないは外玉垣。さらには柵と外玉垣御門(拝殿門)の葺板、柵、三基の鳥居である。

地元寄進による二回目の修繕工事中、御食神社(豊受大神宮 摂社)

地元寄進による二回目の修繕工事中、御食神社(豊受大神宮 摂社)

 

工事は着実に進められ、寄進掲示板に示された修繕対象で残るは鳥居だけとなっている。

これらの三基が建て替えられれば完成だ。

これから建て替えられる鳥居、御食神社(豊受大神宮 摂社)

これから建て替えられる鳥居、御食神社(豊受大神宮 摂社)

 

これから建て替えられる鳥居、御食神社(豊受大神宮 摂社)

これから建て替えられる鳥居、御食神社(豊受大神宮 摂社)

 

これから建て替えられる鳥居、御食神社(豊受大神宮 摂社)

これから建て替えられる鳥居、御食神社(豊受大神宮 摂社)

 

ただし、手水石の屋根と常夜灯は現状維持。洗われるだろうか?

手水石の屋根はこのまま?、御食神社(豊受大神宮 摂社)

手水石の屋根はこのまま?、御食神社(豊受大神宮 摂社)

 

 

【神宮による御食神社の修繕】

 

【参考】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です