2010年〜2013年の記録は『神宮巡々』を、2014年〜2017年の記録は『神宮巡々2』をご覧ください。

近鉄 塩浜駅、「電気検測車はかるくん」とJR貨物の貨物列車

2018年02月03日(土) 近鉄 塩浜駅、「電気検測車はかるくん」とJR貨物の貨物列車 (近鉄、徒歩)

本日は(名古屋方向に向かって)塩浜駅のひとつ先、海山道駅の前に鎮座する海山道神社を訪れたのだが、かなり時間に余裕があったため塩浜駅周辺を散策後、日永に寄り道してから向うことにした。

近鉄 塩浜駅で降りたところ

近鉄 塩浜駅

近鉄 塩浜駅

 

まず目に入ったのはこちらの特別感満載の車両だった。その正面には「電気検測車はかるくん」と記されている。

近鉄 塩浜駅で見かけた電気検測車はかるくん

近鉄 塩浜駅で見かけた電気検測車はかるくん

 

その役割りは次の項目の測定。

●車線の磨耗
●電車線の位置(高さなど)
●パンタグラフと電車線の接触状態(営業列車と同等速度で走行中)
●パンタグラフが受ける衝撃(営業列車と同等速度で走行中)
●ATS地上子の周波数など
●指令無線の電界強度
(近鉄の施設ドクター「電気検測車 はかるくん」車内見学ツアー資料より引用)

 

また、駅のホームから名古屋方向を望むとJR貨物の貨物車両が緑色で目立っている。私は撮り鉄ではないが、いつも近鉄の車窓から目にする貨物列車が気になっていた。塩浜駅周辺を散策する前にまずはJR貨物の貨物列車を眺めることにした。

近鉄 塩浜駅から望むJR貨物の貨物列車

近鉄 塩浜駅から望むJR貨物の貨物列車

 

ホームから階段を上ると改札付近で本日の最終目的地で開催される節分祭の看板を見つけた。そのことを頭の片隅に残しながらも今の興味は緑色の貨物列車に移っていた。

みやまどさん 節分祭の看板(近鉄 塩浜駅にて

みやまどさん 節分祭の看板(近鉄 塩浜駅にて

 

改札口を出て階段を下ると

近鉄 塩浜駅から望むJR貨物の貨物列車

近鉄 塩浜駅から望むJR貨物の貨物列車

 

塩浜駅を後にした。名古屋方向へ歩を進めると

近鉄 塩浜駅

近鉄 塩浜駅

 

左手には貨物列車が・・・

JR貨物 塩浜駅

JR貨物 塩浜駅

 

前方に跨線橋を見つけたので駆け寄り駆け上がると

JR貨物 塩浜駅

JR貨物 塩浜駅

 

フェンス越しに貨物列車をパチリ。

跨線橋から望むJR貨物 塩浜駅

跨線橋から望むJR貨物 塩浜駅

 

左の1両はひとりぼっち。

跨線橋から望むJR貨物 塩浜駅

跨線橋から望むJR貨物 塩浜駅

 

「あれ?」 フェンスに穴が開いて(開けられて)いた。ここ以外にも多数の穴が・・・。もしかして撮影のために誰かが開けたのか?

跨線橋から望むJR貨物 塩浜駅

跨線橋から望むJR貨物 塩浜駅

 

歩行者用の跨線橋は車道を挟んで左右に独立して設置されていたので、一度地上へ降りてから

JR貨物 塩浜駅に架かる跨線橋からの眺め

JR貨物 塩浜駅に架かる跨線橋からの眺め

 

反対側の跨線橋へ移動した。

跨線橋から望むJR貨物 塩浜駅

跨線橋から望むJR貨物 塩浜駅

 

すると反対側のフェンスにも穴・穴・穴・・・。これは器物損壊だ。

跨線橋から望むJR貨物 塩浜駅

跨線橋から望むJR貨物 塩浜駅

 

跨線橋から下ると最後にパチリ。

JR貨物 塩浜駅

JR貨物 塩浜駅

 

なお、この後塩浜駅周辺を散策後目的地へ向うために塩浜を離れたが、目的を終えて夕方に戻って来たところ先ほどのひとりぼっちの貨物車両がまさに being alone な状態となっていた。

JR貨物 塩浜駅

JR貨物 塩浜駅

 

佇む彼をしばらく眺めていると

JR貨物 塩浜駅

JR貨物 塩浜駅

 

前方から多数が連結された貨物列車が近づいてきた。

JR貨物 塩浜駅

JR貨物 塩浜駅

 

そして、瞬く間に朝の状態が再現されていた。

JR貨物 塩浜駅

JR貨物 塩浜駅

 

とても印象的だったのは走って来た列車が停車した時、前方から「ガタン」「ガタン」・・・・と連結部から生じる音が伝達されてきたことだった。「ガタン」「ガタン」・・・・ なんだか永遠に続きそうに思えてしまった。

JR貨物 塩浜駅

JR貨物 塩浜駅

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*