初穂曳(川曳)に向けて宇治橋付近に立ち並ぶ幟旗

2019年10月14日(祝・月) 初穂曳(川曳)に向けて宇治橋付近に立ち並ぶ幟旗 (車、徒歩)

宇治橋の上流側は木除杭が台風19号の影響で上流からの流木をくい止めて宇治橋を守ってくれていた。

宇治橋から望む五十鈴川

宇治橋から望む五十鈴川

 

そして下流側を眺めるとこんなところに多数の砂山ができていた。これは神嘗祭に向けた初穂曳(川曳)のために用意されたものだろう。川曳の木ぞりはこの場所で五十鈴川から曳き上げられる。

宇治橋から望む五十鈴川

宇治橋から望む五十鈴川

 

【参考】

 

川の両岸には初穂曳に奉仕する奉献団の幟旗が立てられていた。

初穂曳(川曳)に向けて宇治橋付近に立ち並ぶ幟旗

初穂曳(川曳)に向けて宇治橋付近に立ち並ぶ幟旗

 

初穂曳(川曳)に向けて宇治橋付近に立ち並ぶ幟旗

初穂曳(川曳)に向けて宇治橋付近に立ち並ぶ幟旗

 

( この記事を投稿する時には、初穂曳(川曳)は終了していた。 )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*