風日祈祭(外宮)2019年05月

2019年05月14日(火) 風日祈祭(外宮)2019年05月 (車、徒歩)

5月14日の伊勢神宮では風日祈祭、神御衣祭と祭典がたて込んでいる。

5月14日
風日祈祭 午前5時 豊受大神宮、午前9時 皇大神宮
神御衣祭 正午 皇大神宮

 

【参考】

 

しかし、本日は平日で出勤のため拝観できるのは、外宮(豊受大神宮)にて斎行される風日祈祭のみであった。

参拝停止が解除されるが5時。5分ほど前に外宮へ到着した。北御門口から

外宮 北御門口

外宮 北御門口

 

表参道へ向かうと

外宮 表参道

外宮 表参道

 

祭典看板を確認した。

[風日祈祭 五月十四日 午前五時]の祭典看板(外宮)

[風日祈祭 五月十四日 午前五時]の祭典看板(外宮)

 

しばらくすると午前5時になり、木柵が移動され参拝が再開された。

外宮 表参道

外宮 表参道

 

表参道を進むと神楽殿 神札授与所付近で神宮衛士に止められた。すると忌火屋殿前庭にて修祓を終えた参進の列がやってきた。北御門参道から

風日祈祭・正宮への参進(外宮)

風日祈祭・正宮への参進(外宮)

 

表参道へ折れると

風日祈祭・正宮への参進(外宮)

風日祈祭・正宮への参進(外宮)

 

真っ直ぐに正宮へと進んだ。

風日祈祭・正宮への参進(外宮)

風日祈祭・正宮への参進(外宮)

 

その後、幣帛および御笠、御蓑が納められた辛櫃が運ばれてきた。

別宮へと運ばれる幣帛・御笠・御蓑を納めた辛櫃(外宮)

別宮へと運ばれる幣帛・御笠・御蓑を納めた辛櫃(外宮)

 

これらの辛櫃は正宮へではなく、別宮への参道を進んだ。

別宮へと運ばれる幣帛・御笠・御蓑を納めた辛櫃(外宮)

別宮へと運ばれる幣帛・御笠・御蓑を納めた辛櫃(外宮)

 

多賀宮の石階へたどり着くと

別宮へと運ばれる幣帛・御笠・御蓑を納めた辛櫃(外宮)

別宮へと運ばれる幣帛・御笠・御蓑を納めた辛櫃(外宮)

 

三方(左:風宮、正面:多賀宮、右:土宮)へと分かれた。

別宮へと運ばれる幣帛・御笠・御蓑を納めた辛櫃(外宮)

別宮へと運ばれる幣帛・御笠・御蓑を納めた辛櫃(外宮)

 

別宮へと運ばれる幣帛・御笠・御蓑を納めた辛櫃(外宮)

別宮へと運ばれる幣帛・御笠・御蓑を納めた辛櫃(外宮)

 

多賀宮へと運ばれる幣帛・御笠・御蓑を納めた辛櫃(外宮)

多賀宮へと運ばれる幣帛・御笠・御蓑を納めた辛櫃(外宮)

 

豊受大神宮の正殿での祭典を終えると別宮へも巡拝する。本日はカラスにでもなって自由に拝観したい気分になった。

土宮の古殿地(外宮)

土宮の古殿地(外宮)

 

それは、土宮の祭殿でさえも間近では拝観できずに遠望するしかなかったから。

土宮(外宮)

土宮(外宮)

 

しかも指定された場所が土宮の正面だったため写真も撮れず。

土宮(外宮)

土宮(外宮)

土宮での祭典を終えると奉仕者は風宮へと移動する。

風日祈祭、土宮(外宮)

風日祈祭、土宮(外宮)

 

風宮での風日祈祭はじっくりと魅入っていた。(以下は、写真のみ)

風日祈祭、風宮(外宮)

風日祈祭、風宮(外宮)

 

風日祈祭、風宮(外宮)

風日祈祭、風宮(外宮)

 

風日祈祭、風宮(外宮)

風日祈祭、風宮(外宮)

 

風日祈祭、風宮(外宮)

風日祈祭、風宮(外宮)

 

風日祈祭、風宮(外宮)

風日祈祭、風宮(外宮)

 

風日祈祭、風宮(外宮)

風日祈祭、風宮(外宮)

 

風日祈祭、風宮(外宮)

風日祈祭、風宮(外宮)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*