【紹介】随筆:浦上切支丹と元御師山田大路篤忠(三重医報719)飯田良樹

2020年10月14日(水) 【紹介】随筆:浦上切支丹と元御師山田大路篤忠(三重医報719)飯田良樹

昨日、飯田良樹さんからメールが届いた。その文面は次の通り。

文章の傾向を変えてみました。

 

なんのことだろうと思案していたところ、今朝に添付メールが届いた。

その内容はこちら。10月1日に発行された三重医報 第719号の原稿で、その随筆のタイトルは『浦上切支丹と元御師山田大路篤忠』。

 

随筆:浦上切支丹と元御師山田大路篤忠(三重医報719)飯田良樹

随筆:浦上切支丹と元御師山田大路篤忠(三重医報719)飯田良樹

 

随筆:浦上切支丹と元御師山田大路篤忠(三重医報719)飯田良樹

随筆:浦上切支丹と元御師山田大路篤忠(三重医報719)飯田良樹

 

【参考】

 

この随筆は切支丹と御師の関係性について言及したもので、多数の参考文献の根拠を示しながら2ページにまとめてある。豊富な資料の内容をコンパクトにまとめるためだろうか、体言止が多用されている。また、問いかけの?も多い。文章の傾向の変化とはこのことだろうか、いやこれなら文体の変化だし・・・。結局は文章の傾向の変化を把握することができないまま、読み終えてしまった。

 

随筆の最後には

いろいろな事を調べていると、ある日それが一つに結びついてきたりして、面白いです。

とある。

軽く一言で記されているが、いろいろな事の膨大さは計り知れないものだろう。これは飯田さんの執着心とネットワークがあるからこそ成り立つのだろう。

私もはやく一つに結びつくものを見つけたいものだ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です