2010年〜2013年の記録は『神宮巡々』を、2014年〜2017年の記録は『神宮巡々2』をご覧ください。

休日なので桜三昧の半日(伊勢市内めぐり)

2018年03月31日(土) 休日なので桜三昧の半日(伊勢市内めぐり) (徒歩)

昨日は平日にもかかわらず桜三昧の一日だった。

【参考】

 

本日は伊勢和紙ギャラリーで開催されているペルナッカ スダカラン作品展を再訪する予定だったので、往復する間に桜を愛でることとして自宅を出た。

まずは近所にある伊勢市御薗B&Gの桜を御薗橋とともにパチリ。

伊勢市御薗B&Gの桜、御薗橋付近

伊勢市御薗B&Gの桜、御薗橋付近

 

これも桜と思いつつその脇を通り過ぎると

桜三昧の半日(伊勢市御薗町王中島)

桜三昧の半日(伊勢市御薗町王中島)

 

御薗神社付近にまつられている大水神社の桜が近づいてきた。

大水神社の桜(伊勢市御薗町長屋)

大水神社の桜(伊勢市御薗町長屋)

 

さらには大水神社付近から望めたこちらの公園へ。

公園の桜(伊勢市御薗町長屋)

公園の桜(伊勢市御薗町長屋)

 

すべり台と桜は好きな組み合わせだ。

公園の桜(伊勢市御薗町長屋)

公園の桜(伊勢市御薗町長屋)

 

公園の桜を後にすると、今となっては目にしない瓶が逆立ちしその奥にはリヤカーの姿も確認できた。貴重なものばかりだ。

瓶とリヤカー

瓶とリヤカー

 

こちらの道路へ合流すると右手には散り始めの桜が望めた。こちらは民家の敷地隅に大きく育っている。

桜(伊勢市御薗町長屋)

桜(伊勢市御薗町長屋)

 

さらには近くにある下長屋公民館の桜。

下長屋公民館の桜(伊勢市御薗町長屋)

下長屋公民館の桜(伊勢市御薗町長屋)

 

続いてハートプラザみそのの桜を。

ハートプラみそのの桜(伊勢市御薗町長屋)

ハートプラザみそのの桜(伊勢市御薗町長屋)

 

ハートプラザみそのを後にして国道23号へ出ると、どこで国道を横断しようか? とても迷ったが高向交差点の歩道橋を渡ることとし、その方向へ歩いているとこんな看板を発見。さて、これは何の看板でしょう?

国道23号にてのパチリ

国道23号にてのパチリ

 

しばらく桜を目にしなかったので桜の禁断症状が出た頃、歩道橋の上からピンク色の塊を発見した。あれは宇須乃野神社(豊受大神宮 摂社)の手前だ。

国道23号新開交差点の歩道橋から見つけた桜

国道23号新開交差点の歩道橋から見つけた桜

 

歩道橋を下るとその方向を目指して急ぎ足となった。しかし、そのピンク塊にはなかなか近づけない。こちらのバス停で見上げたがたどり着けるルートが見当たらない。

おかげバス高向東 バスのりばと桜

おかげバス高向東 バスのりばと桜

 

周辺を探索したところ、「こんなところを通ってもいいのか?」と思うような路地を抜けた。

その先には公園がありこんな空間が広がっていた。これらが歩道橋から遠望でいた桜だった。

高向公園の桜(伊勢市御薗町高向)

高向公園の桜(伊勢市御薗町高向)

 

そしてこの場所が高向公園、高向周辺は何度も歩いているがこの公園を訪れるのは初めてのことだった。(まだまだ、知らない場所が多い。もっと歩かねば!)

高向公園の桜(伊勢市御薗町高向)

高向公園の桜(伊勢市御薗町高向)

 

高向公園を後にすると宇須乃野神社にお参りしてから伊勢和紙ギャラリーを目指した。

宇須乃野神社(豊受大神宮 摂社)付近

宇須乃野神社(豊受大神宮 摂社)付近

 

途中で、こんなカーブミラーに魅入ったり、

御薗町高向〜大世古(伊勢市)

御薗町高向〜大世古(伊勢市)

 

チューリップに浮気したり、

御薗町高向〜大世古(伊勢市)

御薗町高向〜大世古(伊勢市)

 

さらにはこんな水路に興味を持ち

御薗町高向〜大世古(伊勢市)

御薗町高向〜大世古(伊勢市)

 

暗渠が通る方向を確認した。

御薗町高向〜大世古(伊勢市)

御薗町高向〜大世古(伊勢市)

 

御薗町を後にし、奥新町踏切を渡ると線路脇の道路に覆い被さるように咲く桜を遠望した。

JR参宮線 奥新町踏切越しに眺めた桜

JR参宮線 奥新町踏切越しに眺めた桜

 

踏切を背に真っ直ぐ歩いていると右方向・・・、思わず足が向かったのは奥新町公園だった。

奥新町公園の桜(伊勢市曽祢)

奥新町公園の桜(伊勢市曽祢)

 

奥新町公園の桜をパチリ。

奥新町公園の桜(伊勢市曽祢)

奥新町公園の桜(伊勢市曽祢)

 

外宮・月夜見宮方向へ進んだところ、腰の低い謙虚な案内板と出会う。

「←外宮・月夜見宮、浅間神社→」の案内板

「←外宮・月夜見宮、浅間神社→」の案内板

 

伊勢和紙ギャラリー(大豐和紙工業株式会社)も間近、その近くにある一之木公園を思い出した。

一之木公園の桜(伊勢市一之木)

一之木公園の桜(伊勢市一之木)

 

こちらで桜を眺めるとその中に白い花が・・・

一之木公園の桜(伊勢市一之木)

一之木公園の桜(伊勢市一之木)

 

それがこちらの桜、オオシマザクラだった。新しく建てられたアパートの庭に枯木と共に若い幹が育っている。自宅でオオシマザクラを独占できる素晴らしい立地(リッチ)だ。いまだ入居されていない雰囲気だったのでパチリ。

新しくできたアパートの庭に生えるオオシマザクラ

新しくできたアパートの庭に生えるオオシマザクラ

 

一之木公園の後にすると大豐和紙工業株式会社を訪れた。

一之木公園(伊勢市一之木)

一之木公園(伊勢市一之木)

 

豐和紙工業株式会社の敷地ではミツマタが花を咲かせ、さらにオオシマザクラも花を咲かせていた。こちらのオオシマザクラは塀で隔てられているものの先ほどのアパートのオオシマザクラと並び立っている。不思議に思い伊勢和紙ギャラリーにて中北社長に尋ねたところ、アパートも大豐和紙工業株式会社の敷地でありあの部屋は4月1日入居予定とのことだった。(新居でオオシマザクラを愛でられるとは羨ましい。)

明治天皇行在所遺址のオオシマザクラ、大豊和紙工業株式会社(伊勢市大世古)

明治天皇行在所遺址のオオシマザクラ、大豊和紙工業株式会社(伊勢市大世古)

 

伊勢和紙ギャラリーにて作品展の観覧を終えると一之木公園を通り抜けて

一之木公園の桜(伊勢市一之木)

一之木公園の桜(伊勢市一之木)

 

こちらへ。

「←R23号線、外宮→」の案内板

「←R23号線、外宮→」の案内板

 

月夜見宮の前も桜も満開となっていた。時折、風に吹かれてひらひら、その花弁を手にしょうと子どもたちが・・・、さらに大人も・・・

月夜見宮(豊受大神宮 別宮)前の桜並木

月夜見宮(豊受大神宮 別宮)前の桜並木

 

こちらから外宮へと続く神路通を進むと

月夜見宮(豊受大神宮 別宮)前の桜

月夜見宮(豊受大神宮 別宮)前の桜

 

厚生小学校の向かいにある厚生公園でも満開となっていた。

厚生公園の桜(伊勢市宮後)

厚生公園の桜(伊勢市宮後)

 

その後は、世木神社を経由して旧豊宮崎文庫へとまっしぐら。旧豊宮崎文庫は期間限定にて一般公開されていた。オオシマザクラを鑑賞。(詳細は別の記事にて)

旧豊宮崎文庫のオヤネザクラほか(伊勢市岡本)

旧豊宮崎文庫のオヤネザクラほか(伊勢市岡本)

 

ここからは帰路に着くため宇治山田駅方向へ進むと駅前に鎮座する箕曲中松原神社にて桜を見つけた。こちらの花の散り(落ち)方は珍しい。(こちらも別の記事で紹介)

箕曲中松原神社の桜(伊勢市岩渕)

箕曲中松原神社の桜(伊勢市岩渕)

 

宇治山田駅付近で一本桜を確認すると

宇治山田駅付近の桜(伊勢市岩渕)

宇治山田駅付近の桜(伊勢市岩渕)

 

八間道路を北上した。

伊勢調理製菓専門学校の桜(伊勢市河崎)

伊勢調理製菓専門学校の桜(伊勢市河崎)

 

船江上社に立ち寄ると

船江上社(伊勢市船江)

船江上社(伊勢市船江)

 

朧ヶ池でもその周囲に植えられた桜が満開。

船江上社の桜(伊勢市船江)

船江上社の桜(伊勢市船江)

 

八間道路をさらに先へ進めば桧尻川と交差する。こちらが下流側、

桧尻川の桜(伊勢市船江)

桧尻川の桜(伊勢市船江)

 

こちらが上流側。

桧尻川の桜(伊勢市船江)

桧尻川の桜(伊勢市船江)

 

以上で桜三昧の半日を終えた。満足、満足。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*