2010年〜2013年の記録は『神宮巡々』を、2014年〜2017年の記録は『神宮巡々2』をご覧ください。

簀屋根が掛けられ御用材運び入れのための仮設台が設営された朝熊神社(皇大神宮 摂社)

2018年11月17日(土) 簀屋根が掛けられ御用材運び入れのための仮設台が設営された朝熊神社(皇大神宮 摂社) (車、徒歩)

一週間ぶりに朝熊神社(皇大神宮 摂社)を訪れた。

朝熊神社(皇大神宮 摂社)付近

朝熊神社(皇大神宮 摂社)付近

 

社叢の縁を過ぎると

朝熊神社(皇大神宮 摂社)の社叢

朝熊神社(皇大神宮 摂社)の社叢

 

パイプ足場が組まれその上部には

御用材運び入れのための仮設台が設営された朝熊神社(皇大神宮 摂社)

御用材運び入れのための仮設台が設営された朝熊神社(皇大神宮 摂社)

 

厚目の板が敷かれ、さらにその奥は段差になりクレーンが設置されていた。これならユニック等のクレーンで道路からこの仮設台の上まで御用材や各種資財を吊り上げてからこの台上を容易に移動させることができるだろう。

御用材運び入れのための仮設台が設営された朝熊神社(皇大神宮 摂社)

御用材運び入れのための仮設台が設営された朝熊神社(皇大神宮 摂社)

 

御用材などについてはこれで解決されるが、重機等はどのように上げるのか、それとも今回は重機を使用しない? その点は疑問が残っている。

 

そんなことを考えながら

鏡宮神社(皇大神宮 末社)と朝熊川と朝熊神社(同摂社)

鏡宮神社(皇大神宮 末社)と朝熊川と朝熊神社(同摂社)

 

こちらへたどり着いた。

朝熊神社(皇大神宮 摂社)の社号標ほか

朝熊神社(皇大神宮 摂社)の社号標ほか

 

いつものように軽快に石階を進むと

朝熊神社(皇大神宮 摂社)

朝熊神社(皇大神宮 摂社)

 

その先では朝熊神社に覆屋が掛けられていた。

朝熊御前神社と簀屋根が掛けられた朝熊神社(ともに皇大神宮 摂社)

朝熊御前神社と簀屋根が掛けられた朝熊神社(ともに皇大神宮 摂社)

 

ついに御造替が開始されたようだ。

御造替が進められる朝熊神社(皇大神宮 摂社)

御造替が進められる朝熊神社(皇大神宮 摂社)

 

この先には立ち入れないため

御造替が進められる朝熊神社(皇大神宮 摂社)

御造替が進められる朝熊神社(皇大神宮 摂社)

 

仮殿となっている朝熊御前神社にてお参りしてから、

仮殿となっている朝熊御前神社(皇大神宮 摂社)

仮殿となっている朝熊御前神社(皇大神宮 摂社)

 

先ほどに見かけた仮設台の方を眺めた。これからどんな変化が生じるのか、楽しみだ。

御造替が進められる朝熊神社(皇大神宮 摂社)

御造替が進められる朝熊神社(皇大神宮 摂社)

 

参拝を終えて石階を下ると、前々から抜けかけている釘を気にしながら定の立札を眺めた。

かなりの釘が浮いている定の立札、朝熊神社(皇大神宮 摂社)

かなりの釘が浮いている定の立札、朝熊神社(皇大神宮 摂社)

 

その立札には先週と同様のカマキリだろう。同じ場所にて私を睨んで(?)いた。

定の立札とカマキリ、朝熊神社(皇大神宮 摂社)

定の立札とカマキリ、朝熊神社(皇大神宮 摂社)

 

先ほどとは異なり、雲の切れ目が目立つようになっていた。

朝熊神社(皇大神宮 摂社)の社叢

朝熊神社(皇大神宮 摂社)の社叢

 

【朝熊神社(皇大神宮 摂社)および朝熊御前神社(同)の御遷座まで】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*