2010年〜2013年の記録は『神宮巡々』を、2014年〜2017年の記録は『神宮巡々2』をご覧ください。

松外垣橋の下を流れる水路の先は・・・

2018年03月03日(土) 松外垣橋の下を流れる水路の先は・・・ (徒歩)

於喜佐稲荷大明神(伊勢市御薗町高向)からの稲荷巡りの途中、小さな水路が合流するこの場所を目にしてしまった。大きな流れはかつて宮川の近くにあった小太郎池からの流れの跡だろう。

桧尻川へと流れる排水路との合流点(伊勢市大世古)

桧尻川へと流れる排水路との合流点(伊勢市大世古)

 

この下流(上の写真の下側)は桧尻川だが、現在の河川管理上では桧尻川は伊勢赤十字病院付近までとなっていて、その上流部に川名を見つけることができずにいる。この付近は排水路なのか、川なのか? そして、その名称は?

【参考】

 

以前から暗渠を辿って小太郎池跡を目指したいとは思ってはいるのだがなかなか実現できずにいる。

【参考】

 

本日も余り時間がなかったため小太郎池跡へのルート探索は諦め、もうひとつの疑問を解決することにした。それは先の写真にある細い水路の上流を確認することだった。幅の広い水路が暗渠となる場所まで進むと水路の反対側を戻ってきた。そして、たどり着いたのがこちら。

小西酒店(伊勢市一之木)

小西酒店(伊勢市一之木)

 

小西酒店を背にすると先ほどの水路方向へ進む。

小西酒店付近から松外垣橋へ

小西酒店付近から松外垣橋へ

 

すると先ほどの細い水路と思われる流れに橋が架かっている。

松外垣橋(伊勢市大世古と一之木の境界)

松外垣橋(伊勢市大世古と一之木の境界)

 

これが松外垣橋で、以前にこの下の流れに興味を持った。

松外垣橋(伊勢市大世古と一之木の境界)

松外垣橋(伊勢市大世古と一之木の境界)

 

【参考】

 

まずは下流側が先ほどの合流点であることを確認するため橋を渡って左折した。するとその先には橋、さらに橋。

桧尻川へと流れる排水路との合流点付近(伊勢市大世古)

桧尻川へと流れる排水路との合流点付近(伊勢市大世古)

 

予想通り、この場所へ合流している。

桧尻川へと流れる排水路との合流点付近(伊勢市大世古)

桧尻川へと流れる排水路との合流点付近(伊勢市大世古)

 

合流点が確認できたので先ほどの松外垣橋まで戻ると、ここからは上流を追いかけるのみだ。

松外垣橋(伊勢市大世古と一之木の境界)

松外垣橋(伊勢市大世古と一之木の境界)

 

橋から上流方向を眺めると水路はこの先で右方向へ直角に折れている。川筋に沿っては進めないため方向を定めながら

松外垣橋から上流方向の眺め

松外垣橋から上流方向の眺め

 

路地を出たり入ったりと川が交差する場所まで行ったり来たりを繰り返すことになった。ここでは水路の上にはゴミ収集箱が置かれ、「一之木町会5区④」と記されていた。

松垣外橋の下を流れる水路の上流方向

松垣外橋の下を流れる水路の上流方向

 

遠回りの行き来を繰り返すと、「一之木町会5区③」、

松垣外橋の下を流れる水路の上流方向

松垣外橋の下を流れる水路の上流方向

 

「一之木町会5区②」。さらにこの先にも

松垣外橋の下を流れる水路の上流方向

松垣外橋の下を流れる水路の上流方向

 

ゴミ収集箱が望めた。

松垣外橋の下を流れる水路の上流方向

松垣外橋の下を流れる水路の上流方向

 

今回、スマホで使用できる町歩き支援アプリ「伊勢ぶらり」にて

町歩き支援アプリ「伊勢ぶらり」

町歩き支援アプリ「伊勢ぶらり」

 

【参考】

 

山田衢々之図(江戸時代末期)に記された過去の水路と比較したら合流点より上流側は流路がかなり変化しているようだった。

町歩き支援アプリ「伊勢ぶらり」

町歩き支援アプリ「伊勢ぶらり」

 

地図を気にしながらJR参宮線 新道裏踏切手前の丁字路を左折すると

JR参宮線 新道裏踏切を眺めて

JR参宮線 新道裏踏切を眺めて

 

最後のゴミ収集箱「一之木町会5区①」にたどり着いた。

松垣外橋の下を流れる水路の上流方向

松垣外橋の下を流れる水路の上流方向

 

①脇から前方を覗くとそこには列車が走っている。しかも、線路下には流れが続いている。

松垣外橋の下を流れる水路の上流方向

松垣外橋の下を流れる水路の上流方向

 

先ほど見かけたJR参宮線 新道裏踏切まで戻ると踏切を渡った。

JR参宮線 新道裏踏切

JR参宮線 新道裏踏切

 

渡った先で「伊勢ぶらり」を確認すると青い線の上にいた。この辺りは過去の流れと一致しているのか?しかしここでは水の流れを確認できなかったため、先ほどの線路下の流れを追った。

JR参宮線 新道裏踏切付近

JR参宮線 新道裏踏切付近

 

水路の先は日宝会館の裏手から流れていたので。ちょっと失礼して駐車場へ進むと

日宝会館(伊勢市一之木)

日宝会館(伊勢市一之木)

 

その裏側を見せていただいた。するとここで線路下の流れを確認することができた。線路を見ると

日宝会館裏からの流れ(伊勢市一之木)

日宝会館裏からの流れ(伊勢市一之木)

 

架橋にこんなものを見つけ、一瞬流れのことを忘れてしまった。

日宝会館裏で見かけた線路?(伊勢市一之木)

日宝会館裏で見かけた線路?(伊勢市一之木)

 

「いかん、いかん」水の流れに意識を戻すと上流側を探したが水路らしい場所が見つからない。ここからは線路に沿って左右に側溝程度の溝が続いているのみだった。それは

日宝会館裏からの流れ(伊勢市一之木)

日宝会館裏からの流れ(伊勢市一之木)

 

このような流れ。この先は追うことができなかったが、ここから上流側は大きな流れにはならないだろう。

日宝会館裏からの流れ(伊勢市一之木)

日宝会館裏からの流れ(伊勢市一之木)

 

結局、松外垣橋の下を流れる水路の先には幅の狭い側溝があった。当然ではあるもののこの結果に物足りなさを感じながらこの場を後にした。

中央公園(伊勢市一之木)

中央公園(伊勢市一之木)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*