2010年〜2013年の記録は『神宮巡々』を、2014年〜2017年の記録は『神宮巡々2』をご覧ください。

美杉ぶらぶら(津市美杉町三多気)

2018年06月09日(土) 美杉ぶらぶら(津市美杉町三多気) (車、徒歩)

午後から美杉ふるさと資料館にて石造物調査成果の報告会が実施されるため、午前中は美杉をぶらぶらと巡った。まずは桜で有名な三多気へ向かった。

棚田に映る桜が美しいハイシーズンは人が多くて苦手だ。今ならこの場所を独占できる。出会うのは地元の方だけ、しかも出会ったのは片手で数えられる程。

桜で有名な三多気(津市美杉町三多気)

桜で有名な三多気(津市美杉町三多気)

 

駐車場から歩いて目指すは真福院、ひとりでぶらぶらと坂道を登った。

桜で有名な三多気(津市美杉町三多気)

桜で有名な三多気(津市美杉町三多気)

 

視線の先にはおばあちゃん。

桜で有名な三多気(津市美杉町三多気)

桜で有名な三多気(津市美杉町三多気)

 

振り返れば急な坂道を登っていることがよく分かる。

桜で有名な三多気(津市美杉町三多気)

桜で有名な三多気(津市美杉町三多気)

 

ここは近畿自然歩道なんだ。

桜で有名な三多気(津市美杉町三多気)

桜で有名な三多気(津市美杉町三多気)

 

この上には藁葺の国登録有形文化財「田中家住宅」が建っている。

桜で有名な三多気(津市美杉町三多気)

桜で有名な三多気(津市美杉町三多気)

 

ここが桜の花が映る棚田付近だろうか。

桜で有名な三多気(津市美杉町三多気)

桜で有名な三多気(津市美杉町三多気)

 

坂を登り詰めると真福院の鳥居前に辿る着く。その脇には立派な供養碑が建てられている。

 

真福院(津市美杉町三多気)

真福院(津市美杉町三多気)

 

鳥居をくぐり

真福院(津市美杉町三多気)

真福院(津市美杉町三多気)

 

石階を進むと

真福院(津市美杉町三多気)

真福院(津市美杉町三多気)

 

さらには自然の鳥居をくぐり先へ進む。また、この左手には幹周りが6mを超える大楠が聳え立つ。

真福院(津市美杉町三多気)

真福院(津市美杉町三多気)

 

見上げる状態で山門にたどり着くと木々の緑と鮮やかな朱の彩りに見惚れてしまう。

真福院(津市美杉町三多気)

真福院(津市美杉町三多気)

 

山門をくぐると広い空間の先に

真福院(津市美杉町三多気)

真福院(津市美杉町三多気)

 

さらに石階が続く。

真福院(津市美杉町三多気)

真福院(津市美杉町三多気)

 

真福院については過去の記事でも紹介しているので、ここにリンクを貼っておこう。

【参考】

 

お参りを終えてからこんなものを見学してから

藤堂池吐水口の一部、真福院(津市美杉町三多気)

藤堂池吐水口の一部、真福院(津市美杉町三多気)

 

山門へ戻ると

真福院(津市美杉町三多気)

真福院(津市美杉町三多気)

 

先ほどの石階を楽しんだ。

真福院(津市美杉町三多気)

真福院(津市美杉町三多気)

 

石階下の鳥居には多数の石が投げ上げられている。

真福院(津市美杉町三多気)

真福院(津市美杉町三多気)

 

また、石階の外側にもこんな立派な供養碑が建てられている。

真福院(津市美杉町三多気)

真福院(津市美杉町三多気)

 

真福院を後にすると来た道とは別のルートを下った。右手には棚田の風景や広がっている。

桜で有名な三多気(津市美杉町三多気)

桜で有名な三多気(津市美杉町三多気)

 

さらに急な坂道を・・・・

美杉ぶらぶら(津市美杉町三多気) 

美杉ぶらぶら(津市美杉町三多気)

 

こんなところにも茶畑が広がっている。

美杉ぶらぶら(津市美杉町三多気) 

美杉ぶらぶら(津市美杉町三多気)

 

道はくねくねと折れ曲がり

美杉ぶらぶら(津市美杉町三多気) 

美杉ぶらぶら(津市美杉町三多気)

 

これは何だろう。

美杉ぶらぶら(津市美杉町三多気) 

美杉ぶらぶら(津市美杉町三多気)

 

防火用水の所で来た道を振り返った。

美杉ぶらぶら(津市美杉町三多気) 

美杉ぶらぶら(津市美杉町三多気)

 

駐車場まではもうすぐだ。

美杉ぶらぶら(津市美杉町三多気) 

美杉ぶらぶら(津市美杉町三多気)

 

この先を右へ曲がれば・・・

美杉ぶらぶら(津市美杉町三多気) 

美杉ぶらぶら(津市美杉町三多気)

 

続いては少しだけ伊勢本街道を楽しむために伊勢奥津へ向かった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*