台風対策で一時的に屋根が現れた仁王門と再建が進む回廊、丹生山神宮寺(多気町丹生)

2019年08月13日(火) 台風対策で一時的に屋根が現れた仁王門と再建が進む回廊、丹生山神宮寺(多気町丹生) (車、徒歩)

昨日、丹生大師神宮寺によるFacebookへの投稿によると

台風の影響を考え、足場にかかっていたシートが少し外されて屋根、鬼瓦、鯱が見える状態になっている。

とのことだった。

また、その投稿には

この8月31日(土)には仁王門完成事前見学会(無料)を午前9時~午後3時まで予定しています。

お時間ある方は是非お越しください。

とも記されていた。

 

王門完成事前見学会まで待つこともできたが、途中経過が気になるため朝から車を走らせた。

修復が進む仁王門、丹生山神宮寺(多気町丹生)

修復が進む仁王門、丹生山神宮寺(多気町丹生)

 

記事にて紹介されていたように、工事用シートの上部が鉄パイプから外され、

台風対策で一部の工事用シートが外された仁王門、丹生山神宮寺(多気町丹生)

台風対策で一部の工事用シートが外された仁王門、丹生山神宮寺(多気町丹生)

 

屋根だけではなく、鬼瓦をも眺めることができた。その側面には・・・。

台風対策で一部の工事用シートが外された仁王門、丹生山神宮寺(多気町丹生)

台風対策で一部の工事用シートが外された仁王門、丹生山神宮寺(多気町丹生)

 

台風対策で一部の工事用シートが外された仁王門、丹生山神宮寺(多気町丹生)

台風対策で一部の工事用シートが外された仁王門、丹生山神宮寺(多気町丹生)

 

仁王門はかなり仕上がっている様子だった。今月末に開催される仁王門完成事前見学会までには完成されるのだろう。

台風対策で一部の工事用シートが外された仁王門、丹生山神宮寺(多気町丹生)

台風対策で一部の工事用シートが外された仁王門、丹生山神宮寺(多気町丹生)

 

仁王門を後にすると護摩堂にお参り。その右手奥には

護摩堂の奥には再建中の回廊が、丹生山神宮寺(多気町丹生)

護摩堂の奥には再建中の回廊が、丹生山神宮寺(多気町丹生)

 

再建中の回廊がここまで完成し、

再建が進む回廊、丹生山神宮寺(多気町丹生)

再建が進む回廊、丹生山神宮寺(多気町丹生)

 

斜面はこんな様子だった。

再建が進む回廊、丹生山神宮寺(多気町丹生)

再建が進む回廊、丹生山神宮寺(多気町丹生)

 

晴れたり、突然に小雨が降ったりと変な天気だ。

再建が進む回廊、丹生山神宮寺(多気町丹生)

再建が進む回廊、丹生山神宮寺(多気町丹生)

 

回廊に沿って石階を進むと

再建が進む回廊、丹生山神宮寺(多気町丹生)

再建が進む回廊、丹生山神宮寺(多気町丹生)

 

まずは大師堂にてお参り。

大師堂、丹生山神宮寺(多気町丹生)

大師堂、丹生山神宮寺(多気町丹生)

 

終えてから回廊方向をパチリ。

大師堂から望む再建中の回廊、丹生山神宮寺(多気町丹生)

大師堂から望む再建中の回廊、丹生山神宮寺(多気町丹生)

 

石階の脇に再建された回廊の階段は

再建が進む回廊、丹生山神宮寺(多気町丹生)

再建が進む回廊、丹生山神宮寺(多気町丹生)

 

まだ設置されておらず完璧なるスロープ。どのように階段を設置するのだろう?

再建が進む回廊、丹生山神宮寺(多気町丹生)

再建が進む回廊、丹生山神宮寺(多気町丹生)

 

また、本殿へ向かうとその脇には多数の石板が積み上げられていた。これらはどこに使われるのか?

本堂の脇に置かれた石板は?、丹生山神宮寺(多気町丹生)

本堂の脇に置かれた石板は?、丹生山神宮寺(多気町丹生)

 

新たな多くの疑問を見つけ、解を得ないままで神宮寺を後にした。

参道にて遠望した修復中の仁王門、丹生山神宮寺(多気町丹生)

参道にて遠望した修復中の仁王門、丹生山神宮寺(多気町丹生)

 

8月31日(土)の仁王門完成事前見学会を予定に入れたのは言うまでもない。

 

【参考】

仁王門について

 

回廊について

 

両者について

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*