久しぶりの熊野古道伊勢路歩き・寄り道を楽しみながらの滝原〜梅ケ谷 4 of 4(芦谷〜梅ケ谷)

2018年09月22日(土) 久しぶりの熊野古道伊勢路歩き・寄り道を楽しみながらの滝原〜梅ケ谷 4 of 4(芦谷〜梅ケ谷) (車、徒歩・バス)

知人から「熊野古道伊勢路を歩きませんか?」とお誘いをいただいた。5年前に独りで歩いたが、
【参考】

小グループでの楽しみも体験してみたかった。そのため二つ返事で参加を表明したところ、今回歩くルートは瀧原宮〜梅ケ谷だった。

伊藤文彦さんの著書「熊野古道伊勢路を歩く 熊野参詣道伊勢路巡礼 サンライズ出版」を携えて歩くそうだが、私は手元になかったため次のマップ(PDFを印刷)を持参した。

【参考】

 

今回の参加者は三名で、私のワガママ(あの鳥居が気になっていた、新たに鳥居を見つけた)に応え伊勢路から離れてでもかなりの寄り道を楽しんでくれた。同好の士を得た気分でとても楽しい街道歩きとなった。

歩き終わってみればかなりの写真枚数。選別しても多数となってしまったため図絵の区間単位で記事を分割し次の四部構成とした。(各区間の図絵と写真を見比べれられば、何となく歩いた気になれる?)

第一部: 瀧原宮から阿曽(JR紀勢本線 阿曽踏切)へ
第二部: 阿曽(JR紀勢本線 阿曽踏切)から柏野(柏野大橋)へ
第三部: 柏野(柏野大橋)から芦谷(大内山の一里塚)へ
第四部: 芦谷(大内山の一里塚)から下里(今回は梅ケ谷まで)へ

これらは写真記事として、コメントは最小限にとどめておこう。

 

そして最後は 芦谷(大内山の一里塚)から下里(今回は梅ケ谷まで)へ(写真 48枚)。

大内山の一里塚を後にするとここからは熊野古道っぽい雰囲気のなかを歩くことになる。

大内山の一里塚付近(度会郡大紀町大内山)

大内山の一里塚付近(度会郡大紀町大内山)

 

道標(新宮まで 110km)。

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

 

台風被害だろうか、道標が根元から折れて横倒しになっていた。

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

 

穏やかに見える大内山川を右手に望みながら

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

 

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

 

山から流れる水の下に赤い色を見つけた。

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

 

これも台風被害だろう。参道を手入れしてくださる方々のおかげでこのように歩ける。(感謝)

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

 

野生動物の気配を感じながら荒れた山道を進むとこんな場所に出る。木橋の先には鉄骨の建物に倒れかけた太い木がその存在感を主張していた。木造の家屋であれば押し倒されていただろう。倒木の下を注意深くくぐり抜けると

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

 

その先には稲が倒れまくっている田んぼの脇にでた。

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

 

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

 

道なりに進むと突き当りには大内山農協の倉庫らしき建物がある。その丁字路を右へ進むと

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

 

右手に大内山川を見ながら・・・

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

 

・・・。

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

 

江尻橋南交差点で国道42号を横断すると

国道42号 江尻橋南交差点

国道42号 江尻橋南交差点

 

道なりに進む。

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

 

旅館 喜畑屋を過ぎると

旅館 喜畑屋(度会郡大紀町大内山)

旅館 喜畑屋(度会郡大紀町大内山)

 

右手にはJR紀勢本線 大内山駅が見える。時間がなければここで終了となったが、まだ14時半だった。1時間弱で梅ケ谷に到着すればバスにも乗れそうだったので、先へ進むことになった。

JR紀勢本線 大内山駅

JR紀勢本線 大内山駅

 

大内山駅の入口付近からも目にすることができたのがこの中組常夜燈。

中組常夜燈(度会郡大紀町大内山)

中組常夜燈(度会郡大紀町大内山)

 

宇治山田(現伊勢市)河崎に保存されていた本常夜燈が頭の宮参詣道と熊野参道の分岐点であるこの地に移築されたとある。

中組常夜燈(度会郡大紀町大内山)

中組常夜燈(度会郡大紀町大内山)

 

近くには旧郵便局の建物があるが、屋根から瓦が落ちてきて危険だ。(近くのおばちゃん談)確かにこの方向から見ると瓦が剥がれている様子がよくわかる。

旧郵便局跡(度会郡大紀町大内山)

旧郵便局跡(度会郡大紀町大内山)

 

国道42号 大内山交差点まで出ると

国道42号 大内山交差点

国道42号 大内山交差点

 

大紀小学校の前を通り、国道の歩道を進む。

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

 

国道42号を車で走っていると目立つこの牛を過ぎると

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

 

歩道は途切れるため

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

 

横断歩道で反対側へ移動しないといけない。

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

 

左側の歩道を歩いていると

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

 

あんな所に鳥居を見つけた。

国道42号から見つけた鳥居(度会郡大紀町大内山)

国道42号から見つけた鳥居(度会郡大紀町大内山)

 

ここでも私のワガママを聞いていただき、鳥居の先へ進んだ。木立の中に小祠がまつられていた。

国道42号から見つけた鳥居の先へ(度会郡大紀町大内山)

国道42号から見つけた鳥居の先へ(度会郡大紀町大内山)

 

大内山大師堂の看板を過ぎると街道は国道を離れる。

大内山大師堂付近(国道42号)

大内山大師堂付近(国道42号)

 

道標(新宮まで 106km)。

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

 

小祠を気にしながらもバスの時間を気にしながら・・・

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

 

黙々と歩くと

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

 

ゴールが間近に迫っていた。

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

 

ここを抜けると

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

芦谷〜梅ケ谷(熊野古道伊勢路図絵)

 

国道42号へ戻り、そこには

国道42号を横断してBUS STOP 梅ケ谷 三重交通へ

国道42号を横断してBUS STOP 梅ケ谷 三重交通へ

 

梅ケ谷のバス停が待っていてくれた。ここに到着したのが15時8分。8時に出発したから約7時間の旅程だった。なお南紀特急バス(松阪線)は10月1日よりダイヤが改正されるそうだ。便数が6本から4本に減るが熊野から運行される。

BUS STOP 梅ケ谷 三重交通

BUS STOP 梅ケ谷 三重交通

 

バスの出発時刻は15時35分だったので25分ほど余裕があった。次回このバス停まで戻らなくていいように梅ケ谷駅付近まで歩いておくことにした。JR紀勢本線梅ケ谷駅へ向かうと

JR紀勢本線 梅ケ谷駅付近

JR紀勢本線 梅ケ谷駅付近

 

線路の下をくぐった。ここは宮前橋りょう。

JR紀勢本線 宮前橋りょう 梅ケ谷〜紀伊長島

JR紀勢本線 宮前橋りょう 梅ケ谷〜紀伊長島

 

橋りょうの下からホームへの階段が続いている。

JR紀勢本線 梅ケ谷駅の階段

JR紀勢本線 梅ケ谷駅の階段

 

まだ時間があったため、梅ケ谷駅の脇に鎮座する八柱神社にお参り。

八柱神社(度会郡大紀町大内山)

八柱神社(度会郡大紀町大内山)

 

参道の帰り道、鳥居の向こうには手水舎と梅ケ谷駅が望める。

八柱神社(度会郡大紀町大内山)

八柱神社(度会郡大紀町大内山)

 

駅を後にして先ほどとは反対方向へ進むとこの場所にたどり着く。ここから左へ進めば下里、ツヅラト峠へと通じる。今日は右方向へ戻ると

JR紀勢本線 梅ケ谷駅からしばらく歩いたら「←熊野古道」の案内板

JR紀勢本線 梅ケ谷駅からしばらく歩いたら「←熊野古道」の案内板

 

先ほどの梅ケ谷バス停にてバスを待った。本数の少ないバスを待つのは何となく不安がつきまとう。

BUS STOP 梅ケ谷 三重交通

BUS STOP 梅ケ谷 三重交通

 

定刻を微妙に過ぎた頃、南紀特急バスが到着した。(ホッと)

南紀特急バス 松阪中央病院行き

南紀特急バス 松阪中央病院行き

 

程なくバスの人となった3人は思い思いに来た道を振り返っていたことだろう。

南紀特急バス 松阪中央病院行き

南紀特急バス 松阪中央病院行き

 

先ほど通り過ぎた例の牛さんには梯子が掛けられ、何かの作業中だった。

南紀特急バス 車窓の風景

南紀特急バス 車窓の風景

 

バスに乗ること約20分、私達が7時間かけて歩いて距離が瞬く間だった。

BUS STOP 瀧原宮前 三重交通

BUS STOP 瀧原宮前 三重交通

 

大人数は苦手だが、同好の士の小集団は単独行動よりも楽しいのかも知れない。

瀧原宮駐車場

瀧原宮駐車場

 

次回も参加したい。

【2018年09月22日 熊野古道伊勢路歩きの記録】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*