今年は赤崎祭りも杉葉の御報謝も中止、しかし訪れずにはいられなかった赤崎神社(豊受大神宮 末社)

2020年06月22日(月) 今年は赤崎祭りも杉葉の御報謝も中止、しかし訪れずにはいられなかった赤崎神社(豊受大神宮 末社) (車、徒歩)

豊受大神宮(外宮)の末社である赤崎神社では、毎年6月22日に月次祭が斎行されるとともに、赤崎祭り(通称、ゆかた祭り)が行われ、普段からでは想像などできない多数の参拝者を迎える。

さらに、この日の限定で御神杉と称する松葉が授与される。私は2011年から毎年、御神杉を授与していただいている。

【参考】

 

ところが今年は新型コロナウィルスの影響で

【参考】

 

赤崎祭りは中止だし、御神杉は授与していただけない。

そうは言っても、この日には何があっても毎年、赤崎神社を訪れていた。

出勤のために今朝、自宅を出る際に一年前に掛け替えた御神杉を眺めると赤崎神社への思いが高まった。

一年前から玄関扉に掛けられている御神杉

一年前から玄関扉に掛けられている御神杉

 

結局、定時に仕事を終えると赤崎神社へ向かっていた。(中止であることは知っていても、現地で体感したかった。)加茂川を安楽島大橋で越える途中、

安楽島大橋より加茂川越しに遠望する赤崎神社(豊受大神宮 末社)の社叢

安楽島大橋より加茂川越しに遠望する赤崎神社(豊受大神宮 末社)の社叢

 

赤崎神社の社叢をパチリ。

安楽島大橋より加茂川越しに遠望する赤崎神社(豊受大神宮 末社)の社叢

安楽島大橋より加茂川越しに遠望する赤崎神社(豊受大神宮 末社)の社叢

 

パチリ。

安楽島大橋より遠望する赤崎神社(豊受大神宮 末社)の社叢

安楽島大橋より遠望する赤崎神社(豊受大神宮 末社)の社叢

 

赤崎神社へ近づいても例年の賑やかさは皆無で、平静を保っていた。

赤崎神社(豊受大神宮 末社)の社叢

赤崎神社(豊受大神宮 末社)の社叢

 

本来であれば、ここに「赤崎神社」の幟旗が立てられている。

例年ならここに赤崎神社の幟旗が・・・

例年ならここに赤崎神社の幟旗が・・・

 

この踏切の向こう側は、鳥羽大庄屋かどやの先まで屋台が立ち並ぶ。

例年ならこの先に屋台が立ち並ぶ・・・

例年ならこの先に屋台が立ち並ぶ・・・

 

ここには神社の前まで高張提灯がずらりのはずだ。

例年ならこの先に高張提灯が立ち並ぶ・・・

例年ならこの先に高張提灯が立ち並ぶ・・・

 

赤崎神社の前に立つと制札(定書)には

赤崎祭りが中止となった赤崎神社(豊受大神宮 末社)

赤崎祭りが中止となった赤崎神社(豊受大神宮 末社)

 

次の案内が掲げられていた。

赤崎祭りが中止となった赤崎神社(豊受大神宮 末社)

赤崎祭りが中止となった赤崎神社(豊受大神宮 末社)

 

参詣者の皆様へ

今年の赤崎祭りは中止となりました。

杉葉の御報謝も行いません。

悪しからずご了承下さい。

 

これで、すべての中止を受け入れると参道を進んだ。

赤崎祭りが中止となった赤崎神社(豊受大神宮 末社)

赤崎祭りが中止となった赤崎神社(豊受大神宮 末社)

 

今日はただただお参りするしかない。

赤崎祭りが中止となった赤崎神社(豊受大神宮 末社)

赤崎祭りが中止となった赤崎神社(豊受大神宮 末社)

 

赤崎祭りが中止となった赤崎神社(豊受大神宮 末社)

赤崎祭りが中止となった赤崎神社(豊受大神宮 末社)

 

赤崎祭りが中止となった赤崎神社(豊受大神宮 末社)

赤崎祭りが中止となった赤崎神社(豊受大神宮 末社)

 

私がお参りを終える頃、女性がひとり、ふたりとお参りに訪れた。

赤崎祭りが中止となった赤崎神社(豊受大神宮 末社)

赤崎祭りが中止となった赤崎神社(豊受大神宮 末社)

 

伊勢へ帰る途中で、空は燃えていた。

赤崎神社(豊受大神宮 末社)への参拝を終えて

赤崎神社(豊受大神宮 末社)への参拝を終えて

 

来年こそは御神杉を授与していただけるように、自宅の御神杉に頑張ってもらおう。

あと一年間、よろしく!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です