新嘗祭 奉幣の儀(外宮)2021

2021年11月23日(祝・火) 新嘗祭 奉幣の儀(外宮)2021 (車、徒歩)

外宮を訪れるのは何ヶ月ぶりだろうか? いや、年単位かもしれない。

記録をたどると昨年の12月ぶりだった。やはり、一年ぶりだった。

【参考】 年末年始の準備が進む、外宮と月夜見宮 2020年12月11日

 

10月の神嘗祭 奉幣の儀は正午の斎行だったので、参拝者の多さを懸念して訪れることができなかった。

新嘗祭 奉幣の儀は、朝の7時に斎行される。(祭典が7時開始なので、参進は10分ほど前に開始される。今回は、6時55分頃には参進を終え奉仕者は正宮へ到着していた。)

新嘗祭の祭典看板(外宮)

新嘗祭の祭典看板(外宮)

 

新型コロナもかなり落ち着き、この時間なら参拝者も少ないと踏んで外宮を訪れた。

表参道の手水舎にて(外宮)

表参道の手水舎にて(外宮)

 

火除橋を渡り手水を受けてから、表参道を進むと第一鳥居の先。

表参道 第一鳥居(外宮)

表参道 第一鳥居(外宮)

 

斎館の御門前で規制がかかり、御鑰辛櫃が運び出された。

斎館を出る御鑰辛櫃、新嘗祭 奉幣の儀(外宮)

斎館を出る御鑰辛櫃、新嘗祭 奉幣の儀(外宮)

 

正宮にお参りしてから古殿地前で待機していると報鼓が鳴らされた。

新嘗祭 奉幣の儀の参進(外宮)

新嘗祭 奉幣の儀の参進(外宮)

 

報鼓の合図で、参進の列は斎館を出るとまずは第二鳥居で停止する。

ここで、幣帛が納められた辛櫃と

新嘗祭 奉幣の儀の参進(外宮)

新嘗祭 奉幣の儀の参進(外宮)

 

勅使らが修祓を受ける。

新嘗祭 奉幣の儀の参進(外宮)

新嘗祭 奉幣の儀の参進(外宮)

 

修祓を終えると参進は再開される。

新嘗祭 奉幣の儀の参進(外宮)

新嘗祭 奉幣の儀の参進(外宮)

 

参拝者は少ないが、こんな状態になる。

新嘗祭 奉幣の儀の参進(外宮)

新嘗祭 奉幣の儀の参進(外宮)

 

本日は奉幣の儀であるので

新嘗祭 奉幣の儀の参進(外宮)

新嘗祭 奉幣の儀の参進(外宮)

 

主役は幣帛である。幣帛が納められた辛櫃の後には、天皇陛下に差遣された勅使。

新嘗祭 奉幣の儀の参進(外宮)

新嘗祭 奉幣の儀の参進(外宮)

 

さらには、大宮司、少宮司、禰宜、その他の神職が続く。

新嘗祭 奉幣の儀の参進(外宮)

新嘗祭 奉幣の儀の参進(外宮)

 

新嘗祭 奉幣の儀の参進(外宮)

新嘗祭 奉幣の儀の参進(外宮)

 

新嘗祭 奉幣の儀の参進(外宮)

新嘗祭 奉幣の儀の参進(外宮)

 

祭主である黒田清子さんの姿はなかった。(新型コロナのためだろうか? 神嘗祭でも不在だったそうだ。)

新嘗祭 奉幣の儀の参進(外宮)

新嘗祭 奉幣の儀の参進(外宮)

 

参進の列が正宮の板垣へ参入するのを見届けるとこちらを後にした。

新嘗祭 奉幣の儀の参進(外宮)

新嘗祭 奉幣の儀の参進(外宮)

 

帰りには表参道ではなく、北御門参道を進むと忌火屋殿付近にて

忌火屋殿付近(外宮)

忌火屋殿付近(外宮)

 

朝の4時頃に斎行された大御饌の儀の名残を見つけた。(これは松明[しょうみょう]が焼けた炭片)

新嘗祭 大御饌の儀の名残(外宮)

新嘗祭 大御饌の儀の名残(外宮)

 

北御門参道の鳥居をくぐると

北御門参道の鳥居(外宮)

北御門参道の鳥居(外宮)

 

紅葉している北御門口にて外宮を後にした。

北御門口(外宮)

北御門口(外宮)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です