2010年〜2013年の記録は『神宮巡々』を、2014年〜2017年の記録は『神宮巡々2』をご覧ください。

多数の足跡は団体の参拝者?、御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

2018年09月15日(土) 多数の足跡は団体の参拝者?、御塩殿神社(皇大神宮 所管社) (車、徒歩)

今朝は中村町を訪れてから二見町へ移動した。今週も御塩殿神社(皇大神宮 所管社)参りである。

御塩殿神社では車道に面した参道鳥居の向かい側にはこのようなスペースがある。

御塩殿神社(皇大神宮 所管社)の参道入口付近

御塩殿神社(皇大神宮 所管社)の参道入口付近

 

この場所で気になったのは地面に残された多数の足跡だった。何人もがこの場所に集まっていたのか?

参道入口付近に残された多数の足跡、御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

参道入口付近に残された多数の足跡、御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

 

鳥居をくぐり参道を進むと参道にも全幅に広がるように多数の足跡が残されていた。足跡の上をさらに踏み込む(混む)足跡が・・・

参道に残された多数の足跡、御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

参道に残された多数の足跡、御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

 

これらの足跡に気を取られていた私は急いで仮殿へのお参りを済ませると

近々御遷座を迎える御塩殿神社(皇大神宮 所管社)と傷みが激しい御塩殿

近々御遷座を迎える御塩殿神社(皇大神宮 所管社)と傷みが激しい御塩殿

 

急いで新しい殿舎をパチリ。

近々御遷座を迎える御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

近々御遷座を迎える御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

 

速やかに御塩殿の前まで戻ると足跡とは思えないほどの足跡の追跡を再開した。

御塩殿前の鳥居付近に残された多数の足跡、御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

御塩殿前の鳥居付近に残された多数の足跡、御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

 

足跡をたどると御塩殿神社の裏手にある御塩焼所へと続く小道にもこのように残されていた。

御塩焼所へと続く小道に残された多数の足跡、御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

御塩焼所へと続く小道に残された多数の足跡、御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

 

来た道を振り返ってのパチリ。

御塩焼所へと続く小道に残された多数の足跡、御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

御塩焼所へと続く小道に残された多数の足跡、御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

 

小道をさらに先へ進むとこの分岐では左右どちらにも残されていた。多数の足跡が重なるように残されているのでどのルートを進んだのは特定できなかった。(鑑識さん、お願いします!)

御塩焼所へと続く小道に残された多数の足跡、御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

御塩焼所へと続く小道に残された多数の足跡、御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

 

分岐を御塩焼所方向へ進むとこの辺りの足跡は先程よりも数が少ないような?

御塩焼所へと続く小道に残された多数の足跡、御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

御塩焼所へと続く小道に残された多数の足跡、御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

 

とにかく、足跡は御塩焼所・御塩汲入所付近まで続いていたので、参拝者はこちらを見学したのだろう。

御塩焼所および御塩汲入所、御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

御塩焼所および御塩汲入所、御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

 

本日は多数の足跡に心を奪われた参拝となったが、来週は忙しくなるのだろうと想像し

近々御遷座を迎える御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

近々御遷座を迎える御塩殿神社(皇大神宮 所管社)

 

御塩殿神社を後にした。

御塩殿神社(皇大神宮 所管社)の参道

御塩殿神社(皇大神宮 所管社)の参道

 

数多い足跡の理由を知りたいものだ。

 

 

【御塩殿神社(皇大神宮 所管社)の御遷座まで】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*