「モノクロームな日々」2020のまとめフォトブック

2021年01月16日(土) 「モノクロームな日々」2020のまとめフォトブック

2015年の年末にモノクロ写真に興味を持ち、2017年からは毎日、モノクロ写真をスマホで撮るとSNS(FacebookとTwitter)へアップしている。

2020年が過ぎたので、早速に 一年分をまとめたフォトブックを作成した。

「モノクロームな日々」2020のまとめフォトブック

「モノクロームな日々」2020のまとめフォトブック

 

「モノクロームな日々」2020のまとめフォトブック

「モノクロームな日々」2020のまとめフォトブック

 

「モノクロームな日々」2020のまとめフォトブック

「モノクロームな日々」2020のまとめフォトブック

 

「モノクロームな日々」2020のまとめフォトブック

「モノクロームな日々」2020のまとめフォトブック

 

このフォトブックは非売品だが、4月には2020年01月〜03月分の写真をまとめたZINE(小冊子)を作成し販売している。興味のある方はぜひ、こちらを。

 

ZINE(小冊子)「モノクロームな日々 2020_01〜03」

kiTai Books

kiTai Books

 


モノクロームな日々 2020 _ 01〜03
(B5サイズ中綴じ モノクロ印刷、32ページ[表示を含む]、1冊500円[税込] 送料300円)


 

 

【「モノクロームな日々」の起源から現在までの概要 】

モノクロ写真に興味を持ったのはこちらの写真講座に参加した時。講座の講師だった松原豊さんが生みの親である。

 

一週間後には「毎日、モノクロ写真を撮ろう」と決意していた。

 

しかし、2016年は毎日撮ることはできずに歯抜け状態となってしまった。

こんな優柔不断な私に毎日撮ることを改めて決意させてくれる出来事が・・・

 

それは松原さんが主宰し私も参加している写真好学研究所のグループ写真展だった。

拙い写真を多くの方々に観ていただき、しかも多くのコメントまでいただいた。

 

これ以降は一日もかかさず「モノクロームな日々」をSNS(FacebookとTwitter)にアップしている。そして「モノクロームな日々」に絡めてさまざまに活動してきた。

 

□ 立体造形物 ウォールの制作

 

□ 年単位のフォトブックへのまとめ (なぜか2019の記録が見つからず)

 

□ NAGI 凪 で本活動を紹介していただいた

 

□ ZINE(小冊子)の制作と販売

 

□ その他 投稿活動

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です