スギの大樹には白色と緑色のテープ(外宮)

2018年11月23日(祝・金) スギの大樹には白色と緑色のテープ(外宮) (車、徒歩)

新嘗祭 奉幣の儀を拝観するために外宮を訪れたところ、スギの大樹にテープが撒かれていることに気付いた。見かけたテープは白色と緑色の2種類で、その表面には一定間隔で線が引かれその脇には「10」「20」「30」・・・と数値が記されていた。これは幹周りを測っている? しかし幹周りの測定なら胸高(地上約130cmの高さ)で測られるのではないだろうか?

スギの大樹に巻かれた白色のテープ(外宮)

スギの大樹に巻かれた白色のテープ(外宮)

 

【参考】

 

テープが巻かれた木、巻かれない木、

スギの大樹に巻かれた白色のテープ(外宮)

スギの大樹に巻かれた白色のテープ(外宮)

 

白色のテープと緑色のテープ、それぞれの相違は何を意味するのだろうか?

スギの大樹に巻かれた緑色のテープ(外宮)

スギの大樹に巻かれた緑色のテープ(外宮)

 

疑問を抱えながらも・・・

スギの大樹に巻かれた白色のテープ(外宮)

スギの大樹に巻かれた白色のテープ(外宮)

 

スギの大樹に巻かれた白色のテープ(外宮)

スギの大樹に巻かれた白色のテープ(外宮)

 

スギの大樹に巻かれた白色のテープ(外宮)

スギの大樹に巻かれた白色のテープ(外宮)

 

毎日のように外宮へお参りしている知人が言うには「一昨日はテープが巻かれていなかったような?」

さらに別の知人によれば「内宮でも同様に巻かれている。」とのこと。

これらのテープは何を意図しているのだろう? 謎は深まる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*