新しい鳥居一基と背の高い塀、茜社(伊勢市豊川町)

2021年01月17日(日) 新しい鳥居一基と背の高い塀、茜社(伊勢市豊川町) (車、徒歩)

早朝に茜社を訪れた際に気づいたこと。

茜社(伊勢市豊川町)

茜社(伊勢市豊川町)

 

お参りを終えてからせんぐう館側の参道へ進むと

せんぐう館側の参道、茜社(伊勢市豊川町)

せんぐう館側の参道、茜社(伊勢市豊川町)

 

最近に建てられて真新しい鳥居を見かけた。

新たに建てられた鳥居一基、茜社(伊勢市豊川町)

新たに建てられた鳥居一基、茜社(伊勢市豊川町)

 

以前に鳥居が倒れている現場を目撃したので、この一基だけでも新しくなっているとホッとする。

【参考】

 

鳥居をくぐり抜けてからさらに気になったのは、こちらの看板の奥に白く光るモノ。

本殿の背面に設置されていた背の高い塀、茜社(伊勢市豊川町)

本殿の背面に設置されていた背の高い塀、茜社(伊勢市豊川町)

 

「なんだろう?」とよく見ると背の高い塀のようだった。こんな塀はあっただろうか?

先ほど後にした参道の入口へ戻るとその塀の端を確認できた。

本殿の背面に設置されていた背の高い塀、茜社(伊勢市豊川町)

本殿の背面に設置されていた背の高い塀、茜社(伊勢市豊川町)

 

その塀は、こんな感じで建てられていた。

本殿の背面に設置されていた背の高い塀、茜社(伊勢市豊川町)

本殿の背面に設置されていた背の高い塀、茜社(伊勢市豊川町)

 

この場所は、以前に仮設の参道となっていた場所だ。

【参考】

 

その塀の反対側はこの場所まで続いていた。

本殿の背面に設置されていた背の高い塀、茜社(伊勢市豊川町)

本殿の背面に設置されていた背の高い塀、茜社(伊勢市豊川町)

 

これは本殿の背面を隠すためのモノなのか? それとも排ガス対策、侵入防止・・・いろんな理由が頭を駆け巡る。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です